森ノ宮医療大学でのキャンパスライフ

卒後教育・研修制度

本学では、卒後教育をはかっており、卒後教育センターや研修制度を設けています。
卒業後も医療人としての学びの拠点となっています。

森ノ宮医療大学卒後教育センター

卒業後もさらなるスキルアップをめざすOB・OGの声に応え、臨床・研究・教育に優れた人材を育成する卒後教育センター。「地域医療やチーム医療の中心として頑張りたい」「臨床実習指導者など後進の育成に力を注ぎたい」といった目標の実現を応援します。座学と実技の定期的なセミナーや症例検討会など、実践的な学びを計画しています。

【具体的な内容】
症例検討会/さまざまな症例を元に、その施術やケアプランについて討議します。
論文抄読会/論文の抄読を通じて、内容について議論や意見交換などを行います。
計測スキル勉強会/臨床現場でも使える計測技術を習得し、臨床での客観的データの蓄積を行います。

卒業生のための「キャリアアップ相談会」

本学では、卒業後のスキルアップ、医療者ならではの相談などに対応する窓口を設け、「キャリアアップ相談会」を実施。卒業生のキャリアを、末永く支えていく体制と環境を整えていきます。



医療従事者としての心構えを磨く研修鍼灸師制度

本学附属鍼灸施術所「はり・きゅうコスモス治療院」では卒業後、研修鍼灸師の受入れを行っています。これにより鍼灸師としての基本的知識の向上と基本技術の修得とともに医療従事者としての心構えを身につけることができます。なお、本学の研修鍼灸師制度に登録すると『国民のための鍼灸医療推進機構(AcuPOPJ)』が主催する鍼灸師卒後臨床研修を併修できます。

  大学
目的 鍼灸師としての基本的知識の向上と基本技術の習得とともに医療従事者としての心構えの修得
研修内容 鍼灸施術および補助 / 受付業務等 / 症例検討会
対象者 はり師・きゅう師免許取得者
期間 当該年度 1年間(更新可:最長2年)


卒業後のケアを目的としたホームカミング

卒業後の仕事では苦労や大変なこともあり、卒業生へのケアも大切になります。そのため本学では、卒業生を大学に招いて、同級生や教員と進捗状況を確認できるホームカミングを実施。リフレッシュの場として、卒後のケアを心掛けています。

ページのトップへ