森ノ宮医療大学

医学と工学の両面で人命を守る、
医療機器のスペシャリストへ
臨床工学科

医療の「最前線」で生命を守る仕事 「臨床工学技士」とは

高度化する医療機器を
操作する専門家

医学の進歩につれて医療機器も高度化し、医学的、工学的な知識を持って機器を操作できる専門家が必要となって生まれたのが臨床工学技士。血液浄化装置、人工心肺装置、人工呼吸器といった生命維持管理装置を安全かつ的確に操作・管理するスペシャリストです。

手術をはじめ、
第一線で医療を支える

一時的に心臓を停止して行う手術の際、心臓と肺の機能を代行する人工心肺装置を操作する、あるいは集中治療室で人工呼吸器を操作するといった、医療の最前線で命をつなぐ重要な仕事です。大きな責任と緊張感を伴いますが、それが大きなやりがいとなります。

チーム医療に
欠かせない存在

チーム医療では、患者さんを中心に多くの医療スタッフが連携して治療を行います。臨床工学技士は、チームで最も医療機器に長けた職種として、現代医療に欠かせない存在です。また、他の医療スタッフとともに患者さんと直接関わって治療にあたることも多くあります。

医療機器を扱う臨床工学技士の仕事内容

手術室から病室、集中治療室まで
あらゆる現場で医療機器を取り扱う。
心肺を代行する人工心肺装置や自力での呼吸が困難な人に用いる人工呼吸器など、数々の機器を操作します。病室をはじめ、手術室や集中治療室、救命救急の現場などあらゆる場所とシーンでの活躍が求められます。

臨床工学技士が取り扱う代表的な機器

  • 人工心肺装置
  • 人工透析装置
  • 人工呼吸器

多彩に広がる活躍のフィールド

近年の医療法改正により人材が不足。
全国的に求人が急増しています。
以前は医療機器メーカーが病院で機器の操作を行うこともありましたが、ここ数年でより専門的知識を有する臨床工学技士に対するニーズが急増し、絶対数が不足している状況です。就職先は、病院やクリニックなどの医療現場が中心となりますが、医療機器メーカーで機器開発に携わるケースもあります。

  • 総合病院やクリニックなどの医療機関
  • 人工透析センター
  • 医療機器メーカー

こんな人にオススメです。

機械に興味がある
医療機器の操作はもちろんですが、点検・修理も臨床工学技士の仕事です。
そのため機械に興味がなければ続けることが困難になります。
また、毎年医療機器には新しい機能が付加されていくため、日ごろの勉強が必要不可欠です。
責任感があり、正確に処理できる
生命を直接左右する重要な業務なので、
責任感とともに正確に業務を遂行できる力が必要です。
コミュニケーション能力(協調性)がある
人工透析業務などでは患者さんと関わる機会も多くあり、信頼関係を築くことが大切です。
また、手術や機器を操作する際、他の医療職との連携も重要であるため、コミュニケーション能力も求められます。

なぜ、いま臨床工学科を設置するの?

医療技術は日進月歩で発展しており、それに伴い医療機器においても多様化・高度化が進んでいます。医療機械の操作や管理・点検もより高度な専門性が求められており、特に脳梗塞や心臓病など緊急性・重症度が高く迅速な判断と対応が必要とされる際、機器のトラブルなどに見舞われないためにも臨床工学技士は不可欠な存在です。本学ではこのような社会背景や医療界からのニーズに応えるべく臨床工学科の設置を構想しています。

医療現場での人手不足を解消するため

大阪府内における臨床工学技士数は約1000名、近隣の兵庫県内では約700名の臨床工学技士が登録していますが、近畿圏内の病院からの求人に対して就業者数が不足している状況です。また、2025年までの医療行政の方針から近畿ブロックの高度急性期・一般急性期病院において、臨床工学技士の増員が見込まれており求人数は更に増加します。

高度医療に対応できる臨床工学技士を養成するため

近年の生命科学領域における医療技術の革新により、医療機器のみならず治療技術も大きく変わり、臨床工学技士の業務の重要性も増大しています。そのため、医療技術の進歩に即応し、業務を通じて知識や技術を高めていけるだけの資質や能力が求められており、今後は4年制大学の教育として臨床工学技士に関する知識と技術をベースに、ロボット工学、シミュレーション工学及び情報システム等の知識や技術の習得が求められています。

6学科が連携、より深いチーム医療教育を実現するため

現在でも看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸という5つの分野の学科が連携し、IPE(専門職間連携教育)をはじめとしたさまざまなチーム医療教育を実践しています。そして、臨床工学科が誕生することで、さらに高度で多彩なチーム医療教育を実現することが可能に。他職種の知識・技術の理解や職種間の連携、協働できる能力をもとに患者さんを総合的にケアする能力を身につけることができます。

臨床工学科の概要

⼊学定員 60名
学位 学⼠(臨床⼯学)
取得可能な資格 臨床⼯学技⼠国家試験受験資格
学費 ⼊学⾦/250,000円 授業料・教育充実費/1,580,000円 初年度合計/1,830,000円

臨床工学科の特色

徹底した「医学」「工学」「技術」の基礎教育で、
医療現場で活躍できる人材を育成

生命維持管理装置をはじめとした医療機器を安全かつ適正に使用・管理するためには、単に操作技術だけを習得しても不十分です。人体の構造・機能や各種病態などを把握する「医学知識」と、医療機器の原理・構造を理解する「工学知識」が必要となります。本学では、「医学」と「工学」の知識、そして「技術」の3要素をバランスよく学び、徹底した基礎力を身につけます。

医学と工学を融合した「生体工学」の視点を大切にした学び

基礎教育で得た「医学知識」と「工学知識」を融合し、工学的な概念で生体を理解し、生命や病気のメカニズムを明らかにする能力を身につけます。実践の場を意識し、医学診断や治療に有効な手段を提供するための知識・技術を習得します。

情報通信技術(ICT)を活用できる能力を習得

情報化社会の進展により、医療現場でも医療機器、医療情報システムなどは、情報通信技術(ICT)なしには実現されません。あらゆるICTの処理方法や知識を習得し、運用できる能力を養成します。また、情報漏洩の危険性やセキュリティ対策に対する知識についても学びます。

シミュレーターを用いた実践的な学びで、
「知っていること」を「できること」に

高度で複雑な臨床工学技士の機器操作を習得するために、シミュレータを用いて習得した知識・技能を確実な実践力へとつなげます。また、機器の操作説明ができるようにし、「知っていること」を「できること」に導いていきます。

森ノ宮医療大学だからできる医療教育