医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

大学紹介

学長・理事長挨拶

建学の精神

生 命への愛と畏敬

シンボルマークについて

シンボルマーク

本学のロゴマークのモチーフは、「いのち(生命原理)」や「はじまり」、「対立物が統一された完全状態」を意味する"たまご"。中心のMは、「Morinomiya(森ノ宮)」「Medical care(医療)」「Medicine(医学)」「Mind(精神)」を象徴。青色の波を象っている部分は本学のキャンパスが位置するベイエリア「海」を表現しています。

教育目標

本学の教育目標は、幅広い知識と高度な専門技術を有し、チーム医療の実践に求められる豊かな感性と高い倫理観を備えた専門職医療人を育成することにあります。疾病の予防と治療や健康の維持・増進に有用となる科学的根拠を示し、現代医学と伝統医学の双方を尊重した特色ある教育活動によって、医学と医療の発展に寄与できる人材を社会に送り出すことにあります。

また、本学は、高度の専門職医療人として自ら課題を探求する能力を有し、自立的な社会人として、地域や社会において活躍する人材を育成することを目標としています。その実現に向けて本学は、長期的に研究成果を蓄積していくとともに、次の時代を先取りする先見性のある基礎研究や臨床研究を展開させ、全学横断的な連携と支援協力体制の下に研究活動を推進してゆきます。また地域にあっては、知の集積拠点として、広く資料を研究者や市民に開放し、大学附属施術所と学園附属クリニックとの連携の下、地域医療に係わり、「地域とともに発展する大学」として健康な街づくりに積極的に取り組んでいき、社会への貢献を図って行きます。

学長あいさつ

伝統医療から最新医療まで:幅広い総合医療の学びと実践~さらに進化した森ノ宮医療大学の魅力~

森之宮医療大学 学長 荻原 俊男

本学では、最新のエビデンスに基づく医学・医療教育を実践し、設置している6つの学科が縦横に絡み合い、チーム医療について学修ができる、魅力ある医療系総合大学へと開学以来進化してきました。さらに2020年度には診療放射線学科(仮称)の新設を構想しています。各分野のエキスパートである教員が学科の枠を越え、東西医療の垣根を越え、確かな医療知識・医療技術を教育しています。

臨床を重視する本学の特徴として、大阪府内の中核病院を中心とした多様な連携病院を豊富に確保していることも、都市型医療大学ならではの魅力であり、病院実習では実践力を身につけるとともに、医療の奥深さ、 重要性、そして魅力をいっそう実感できるものと確信します。

「Hospitality : 他者への思いやりの心」・・・「Hospital : 病院」はこの言葉を語源としています。すなわち、医療人の基盤は病に悩む人への思いやりです。本学は、単なる知識人・専門職を作るのではなく、幅広い教養と豊かな人間味を育むことにも重点を置き、品位ある医療人を育成したいと考えています。



理事長あいさつ

学校法人 森之宮医療学園 理事長 森 俊豪

学校法人森ノ宮医療学園は昭和48年(1973年)に「臨床に優れ、かつ豊かな人間性に裏打ちされた医療人を育成する」という建学の精神のもとに専門学校を設立し、平成19年(2007年)に森ノ宮医療大学を開学いたしました。さらに平成23年(2011年)には大学院 保健医療学研究科 修士課程を開設し、連携病院の皆様にもご協力をいただきながら教育・研究の充実に努めてまいりました。

本学園は「人によりそい幸福を希う学園」を基本理念とし、病める方の立場にたって考え、行動できる医療人を育成することが使命と考えております。医療に対するニーズが多様化する中、医療人育成を専門とする学園として、医療現場で成長していくための基盤となる知識と技術の教育を行うとともに、様々な医療分野をめざす学生が相互理解を深めることができる環境の充実を図ってまいります。そのためには、様々な医療分野の専門職が相互理解と交流を重ねて、人々の健康に貢献できる協働体制を築いていくことが必要です。

森ノ宮医療大学は東洋医学分野を有する医療大学として、全人的な医療を担うための専門的な知識・技術、探求心を備えるとともに、他の医療専門職と協調してチーム医療を実践できる人材を育成し、社会に貢献していきます。何卒、皆様方のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 資料請求
  • 受験生応援サイト「モリノミヤポート」
  • デジタルパンフレット

ページのトップへ