チーム医療を支える医療機器のスペシャリストへ 臨床工学科

主な取得
可能資格
臨床工学技士国家試験受験資格第1種・第2種ME技術者実力検定試験受験資格 /
医療情報技師認定試験受験資格
学位
学士(臨床工学)
入学定員
60名

医学と工学の両面から患者さんの命をつなぐ、
現代医療に欠かせない臨床工学技士

臨床工学技士とは

患者さんの命に直接関わる人工呼吸器、人工透析装置、人工心肺装置などの生命維持管理装置を操作して治療を補助したり、機器の保守や点検を行ったりする医療機器のプロフェッショナルが臨床工学技士です。
医療機器の研究開発が進む一方で、その高度化、専門化に対応できる人材が不足している今、臨床工学技士の需要は高まっています。

活躍のフィールド

手術室や集中治療室から病室、在宅まで、医療機器を扱うあらゆる現場で活躍する臨床工学技士。

循環器領域での人工心肺装置や人工呼吸器、腎臓内科や泌尿器科領域での血液浄化、眼科・形成外科・消化器領域での医療機器管理業務など、医療機器を扱う場が活躍の場になります。手術室や集中治療室から救急救命の現場まで、あらゆる現場とシーンで能力を発揮することが求められます。

卒業後の進路

手術に関わりたいのであれば「急性期系の医療機関」、患者さんと関わる機会を増やしたいのであれば「血液浄化療法に強い医療機関」、広く臨床工学技士業務に携わりたいのであれば「総合病院」など、自分の興味にあった選択肢が広がっています。そのほか、研究や教育分野、医療機器の開発、海外NPO・NGOで医療安全に関わるなど、多様なニーズがあります。

臨床工学技士の活躍する現場

なぜ、いま臨床工学科を設置するか

医療技術は日進月歩で発展しており、それに伴い医療機器においても多様化・高度化が進んでいます。医療機械の操作や管理・点検もより高度な専門性が求められており、特に脳梗塞や心臓病など緊急性・重症度が高く迅速な判断と対応が必要とされる際、機器のトラブルなどに見舞われないためにも臨床工学技士は不可欠な存在です。本学ではこのような社会背景や医療界からのニーズに応えるべく臨床工学科の設置を構想しています。

医療現場での人手不足を
解消するため

大阪府内における臨床工学技士数は約1000名、近隣の兵庫県内では約700名の臨床工学技士が登録していますが、近畿圏内の病院からの求人に対して就業者数が不足している状況です。また、2025年までの医療行政の方針から近畿ブロックの高度急性期・一般急性期病院において、臨床工学技士の増員が見込まれており求人数は更に増加します。

6学科が連携、より深いチーム医療教育を
実現するため

現在でも看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸という5つの分野の学科が連携し、IPE(専門職間連携教育)をはじめとしたさまざまなチーム医療教育を実践しています。そして、臨床工学科が誕生することで、さらに高度で多彩なチーム医療教育を実現することが可能に。他職種の知識・技術の理解や職種間の連携、協働できる能力をもとに患者さんを総合的にケアする能力を身につけることができます。

高度医療に対応できる臨床工学技士を
養成するため

近年の生命科学領域における医療技術の革新により、医療機器のみならず治療技術も大きく変わり、臨床工学技士の業務の重要性も増大しています。そのため、医療技術の進歩に即応し、業務を通じて知識や技術を高めていけるだけの資質や能力が求められており、今後は4年制大学の教育として臨床工学技士に関する知識と技術をベースに、ロボット工学、シミュレーション工学及び情報システム等の知識や技術の習得が求められています。

message

命を見つめ続け、命を継ぐことができる医療人を志す。

臨床工学技士は、急性期医療から慢性期医療、在宅医療に至るまで、医療機器を扱うあらゆる医療分野で求められています。また、研究機関や教育機関、医療機器メーカーへの門戸も開かれており、多種多様な分野の中から自分に合った働き方を選ぶことができます。近年は、「チーム医療」の一員として、多職種との連携の下で専門職能を発揮しながら質の高い医療を提供することが求められています。異なる職種との相互理解や相互連携、マインドや情報の共有を行うことこそが「チーム医療」の一端を担う臨床工学技士には必要不可欠です。在学中から他の医療職をめざす学生と医療に対する価値観を共有することができる森ノ宮医療大学の環境は、医療人をめざす者へ大きな財産を培ってくれるでしょう。人の命を見つめ続け、人の命を継ぐことができる、そんな臨床工学技士を森ノ宮医療大学で一緒にめざしませんか。

辻 義弘 臨床工学科教員就任予定
臨床工学技士・博士(応用情報科学)。2004 臨床工学技士免許取得、2011〜淀川キリスト教病院、2015〜桃仁会病院、2017 兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科博士後期課程修了、2018〜森ノ宮医療大学臨床工学科就任予定。[専門分野] 血液浄化療法学、生体信号計測解析学、生理心理学

臨床工学科の特徴

  • POINT1
    「医学」「工学」「技術」の
    基礎教育の徹底
  • POINT2
    臨床経験豊富な教員が
    直接指導
  • POINT3
    情報通信技術(ICT)を
    活用できる能力の修得
  • POINT4
    シミレータを多用し、
    理解を深める

ページトップへ