高校生・受験生 応援ブログ

この度、東北地方太平洋沖地震による被害に遭われました皆様に、

心よりお見舞い申し上げます。

 

阪神大震災の時もそうでしたが、被災地の復興には多くの時間がかかりますので

微力ではありますが、個人でもやるべきこと・やれることを考えて行動していきたいと思います。

 

これだけの大災害に遭遇すると、精神的に落ち着かない状況になっています。

しかし、ここで右往左往しても被災地の方々は元気になりません。

 

今回たまたま無事だった人間には、無事な人間として、

仕事や日常の生活に感謝や誠意をもって取り組むことかもしれないと考えています。

まだまだ長い長い活動が必要になると思いますが、復興を願い1つ1つ重ねていきましょう。