高校生・受験生 応援ブログ

国家試験終了!

国試当日.JPG

 

先週の日曜は、はり師・きゅう師、理学療法士の国家試験でした。

この日のために、遅くまで学内に残って勉強していた学生。

当日は教員はもちろん、卒業生も激励にかけつけてくれました!!

全員合格をめざして★

大阪の夜景 【1】

 以前、自動車で通勤していたころですから、もう6年ぐらい前のことですか、帰宅途中の谷町筋を北上するときに、「天満橋」を渡ります。そのとき橋の上から進行方向左側、すなわち北に向かって西側の夜景はとても美しいことに、ある日気がつきました。「おー、パリのセーヌ河畔の夜景とも比較して決して劣っていない」と。


 また、夜景では特に冬場、東京から大阪伊丹空港に帰ってくる最中に機上から見える夜景も、まるでダイヤモンドがきらめくようにきれいです。これは、伊丹空港は都心部の真上を飛行すること、つまり夜間照明がかなり集中し集積しています。つまり、道路照明やネオンサイン、ビルの広告塔、住宅街街路灯など色あざやかになっていて、まさしく世界の都市の中でも独特の夜景を見せることになるからだと思います。昔は香港の啓徳空港の夜景も有名でしたが、今はそこから移転していて、空港近くは、あまり都市の照明も少なく、結果きらめく夜景というには、圧倒的に大阪に軍配が上がります。羽田空港なども海上から飛行機は進入するので、機上の夜景は断然大阪の勝ちなのです。


 森ノ宮医療大学は、開設してすでに6年が経過し、コスモスクエア駅前の好立地ですから、私自身今は電車通勤です。帰宅途中、最近は地下鉄本町で下車して梅田まで歩いて帰ることが時々あります。所要時間はゆっくり歩いても40分ぐらいなので、この季節、特に冬は汗ばむことなく実はすこぶる快適なのです。そして、ここ<写真>は、御堂筋の大阪市役所の真向かいの日銀大阪支店の夜のライトアップなのですが、これもまた建築物とともにたいへん美しい。


 いつもと、ちょっと違う方向に寄り道すると思わず新発見がありますね。

  大阪夜景.JPG


 

後期試験の成績発表日です

本日、2月15日は後期試験の成績発表日で学生の登校日となっています。

 

2月4日に全学科の後期試験が終了してからは、大学へ来る学生がグッと減っていましたが、

本日は久々に普段の大学の雰囲気を取り戻しています。

 

朝の電車でもたくさんの学生と一緒になりましたが、

会話の内容はテストのことばかりでした。

 

ちなみに森ノ宮医療大学の定期試験は、

100点から80点が「優」、79点から70点が「良」、69点から60点が「可」、

59点以下は「不可」となり、再試験となります。

再試験があると言っても1科目につき再受験料として2000円がかかることや、

早く春休みに入りたい!と思っている学生も多く、

皆、必死になって、定期試験に取り組んでいました。

 さて、結果はいかに!? 

 

3年生0学期

もうすぐ2月の中旬。

すでに多くの大学で一般入試の1回目が行われ、入試シーズンも終盤をむかえました。

本学でも1月末に一般入試(1)が行われ、

このあと一般入試(2)(3)と社会人入試(1)を残すのみとなりました。

受験生のみなさん、最後まで諦めずに頑張ってください!

 

ところで、みなさん、「3年生0学期」という言葉をご存知でしょうか?

これは、進学・受験への意識付けとして、受験生のスタートは3年生からではなく、

2年生の3学期から既にスタートしているという意味で、多くの高校現場で使われている言葉です。

 

医療分野への進学は「覚悟」が必要ですし、

多くの医療分野で、どこの大学でも入試倍率が高くなっています。

ですので、この時期からしっかりと進路を考え、勉強に取り組むことは、

とても大切なことだと思います。

 

また、早い時期からオープンキャンパスに参加して、

自分自身で大学を体感することも、進路を考えるうえで大切なことです。

オープンキャンパスが盛んに行われているのは「夏」ですが、

一足先に「春」のオープンキャンパスへ参加してみてはどうでしょうか?

きっと、モチベーションも上がるはず!

 

森ノ宮医療大学でも、3年生0学期の時期ではありませんが、

4月21日(日)に春のオープンキャンパスを開催します。

是非、参加してみてください!