高校生・受験生 応援ブログ

ドイツの医師Linke先生が来校

日本の鍼灸技術を学ぶため、4月15日からドイツの神経内科医Linke先生が森ノ宮医療大学を訪問中です。
 
東洋の伝統医学である鍼灸と、ドイツの医師。意外な組み合わせにも思えますが、ドイツでは日本以上に鍼灸が市民に普及しているのだとか。Linke先生も、ドイツで実際にはり治療を行っているそうです。
 
先生によると、以前はドイツでも一部の人しか鍼灸を利用していませんでしたが、2000年代に鍼灸の効果を検証する大規模な調査が行われ、その後ポピュラーになったそうです。ただ、ドイツでは中国式のやや太いはりを使う治療が中心で、Linke先生は、はりを刺されることに恐怖心を持つ患者さんのためにも、より痛みの少ない日本式のはり技術を習得したいとのことでした。
 
写真は来校初日、Linke先生を囲んでメディ・カフェでお昼ご飯を食べたときのもの(左から2人目がLinke先生)。同席した本学の先生方はドイツの鍼灸事情に興味津々で、色々な質問が飛び交っていました。

Linke先生は26日まで滞在予定です。もしキャンパス内で先生を見かけたら、気軽に声をかけてみましょう。

 

Linke医師 (トリミング済その2)IMG_7046.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトザクラ

最近、暖かくなり本格的に春の到来を感じます。


新入生は本格的に授業も始まり大学生活の第一歩を踏み出しています。
また、卒業生の皆さんも新社会人としての第一歩を踏み出していることと思います。


森ノ宮医療大学でも今年の3月に第3期卒業生より記念品としていただいたサトザクラが
南港の土地に根を張り、少しずつですが花が咲き始めました。


来年の春はさらに綺麗に花を咲かせ、新たな入学生を迎えてくれることでしょう。
東棟1階学生ホールから食堂棟へ向かう途中に花を咲かせていますので、皆さんも是非
ご覧ください!

 

IMG_00245.jpg 

第1回 オープンキャンパス開催に向けて

2013年度、第1回目となるオープンキャンパスを4月21日(日)の13:00から開催しますが、

今年度から新たな試みとして「学生スタッフによるプログラム説明」があります。

 

昨年度までは職員が説明を行っていましたが、今年度から是非、学生スタッフにお願いしよう!

と思い、この第1回目から学生スタッフが担当することになりました。

 

そこで今日早速、事前練習会を開催しました。

やはり担当する学生は緊張もありましたが、うまくできていましたよ。

 

4月21日のオープンキャンパスは全体のプログラムはもちろん、

この学生スタッフによるプログラム説明にも注目です! 

 

0 001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度がスタートしました!

 昨日は入学式が行われ、そして今日からは全学年でオリエンテーションが始まり、

いよいよ新年度がスタートしました。

多くの学生たちで、キャンパス内は久々に活気づいています。

 

さて、新年度最初の広報室ブログは「建学の精神」についてお話します。

本学では、

「臨床に優れ、かつ豊かな人間性に裏打ちされて医療人を育成する」

が建学の精神となっています。

森ノ宮医療大学の教育目的は、まさに「医療人を育成する」ことにありますが、

単に「医療者をめざす学生のため」だけに教育を行っているのではありません。

大学での教育(知識・技術・人間教育)が、

その先にある「患者さんのためになる」という信念を持ち、

教育を実践しています。

これが森ノ宮医療大学が考える「臨床教育」です。

 

今年度も森ノ宮医療大学の学びがスタートしました。

"患者さんのために優れた医療人の輩出をめざす"森ノ宮医療大学の教育に

今後もご期待ください! 

 

2013-04-03 09.54.25.jpg 2013-04-03 12.10.10.jpg