高校生・受験生 応援ブログ

受験生のための名著集【重力とは何か】

みなさん、こんにちは!

インフルエンザが流行っていますが、大丈夫でしょうか?
我が家は私以外全員インフルエンザで倒れ、大変な状態でした・・・(今はやっと平常に戻っています)。
みなさんも気をつけてください!


さて、2月のはじめに世界を揺るがす「ビッグニュース」が飛び込んできましたね!

そう、「重力波」の初検出に成功、という早くも今世紀最大といってもいい超ビッグニュースです!(私の予想では今年のノーベル賞はこれが受賞すると思います)

では「重力波」とはいったい何なのか?そもそも「重力」とは何なのか?そんなみなさんの疑問に答えてくれるのが、今回紹介するこちらの本になります。



『重力とは何か -アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る-』
著:大栗 博司


実は私が丁度この本を読んでいたときに「重力波」検出のニュースが飛び込んできたんですね。これはまさに運命的な出来事です。なんといっても、あのアインシュタインがその存在を予言してから100年の月日が流れてようやく初めて検出されたものですからね。それが偶然にも私がこの本を読んでいるときとは!驚きました。

この本には、
「ニュートン力学」「相対性理論」「量子論」「超弦理論」「反物質」「粒子の対生成と対消滅」「パリティ対称性の破れ」「不確定性原理」「事象の地平線」
などのとても興味をそそられる単語が散りばめられていて、そしてその解説が分かりやすい!
さすがに最後の方の「ホログラフィー原理」などは難しかったですが・・・。

ぜひ、高校生のみなさんにも読んでもらいたい一冊です。科学や物理が好きでなくても楽しめるはずです。


他には、
「宇宙は何でできているのか」 著:村山斉
「宇宙に外側はあるか」 著:松原隆彦
「量子論を楽しむ本」 著:佐藤勝彦
などが読みやすいかと思いますので、興味のある人は是非読んでみてくださいね。






国家試験の合格祈願に行ってきました!

2月も中旬に入り、いよいよ国家試験が始まりました。
森ノ宮医療大学では学生と教職員が一丸となって目標に向けて突き進む日が続きます!

そして先日、学生たちの無事を祈って、京都府の北野天満宮に行ってきました。
北野天満宮は学業の神様である菅原道真公をおまつりする全国1万2000社の天満宮や天神社の総本社です。
私たちにできることはお祈りぐらいですが、良い結果であることを祈っています。

IMG_20160211_134858.jpg

そして、まだ残念ながら合格を手に出来ていない高校3年生・受験生のみなさん、本学の学生も自分の夢に向かって4年間、地道に一歩ずつ最後まで頑張ってきました。

まだ、チャンスは残されています。最後まであきらめないでください!
森ノ宮医療大学は頑張る受験生を応援しています!

後期試験の成績発表日

2月15日(月)、後期試験の成績発表が行われました。

全学科の後期試験が終了してからは、大学へ来る学生は当然ながら減っていましたが、
久々に活気のある普段の大学の雰囲気を取り戻しています。

やはり静かなキャンパスよりも、たくさんの学生が集うキャンパスの方が私たちも元気になりますね!

また本日は、成績発表日であると同時に看護学科・4年生は2月14日(日)に行われた、「看護師国家試験」の自己採点を行っています。

良い結果でありますように!