高校生・受験生 応援ブログ

セレンディピティ(serendipity)とはなにか?

みなさんこんにちは!

みなさんは「ペニシリン」というものを知っていますか?
名前は聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

ペニシリンとは、1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミングによって発見された、世界初の抗生物質です。フレミングは、細菌を培養していたシャーレに偶然入った青カビが、その細菌を殺していたことに気づき、ペニシリンを発見しました。

このような一連の出来事を、


「セレンディピティ(serendipity)」

と呼びます。

つまり、セレンディピティとは「偶然をきっかけに、新たな物事を発見すること」です。



ただし、セレンディピティは誰にでも起こることではないと私は考えています。
セレンディピティを引き寄せるためには、ある条件が必要ではないか、と思うわけです。

私が考えるその"ある条件"とは、「圧倒的な努力による知識や技術の集積」です。
常人では到底たどり着くことのできないような努力による知識や技術などの積み重ねがあって初めて、「偶然」をとらえることができるのではないか、と思うわけです。

フレミングがペニシリンを発見する前にも、シャーレに青カビが入ってしまったことがある科学者や研究者はいたことでしょう。ただ、彼らはそれをそのまま捨ててしまった。フレミングだけが最初に「違和感」を感じたことでセレンディピティを引き寄せ、ペニシリンの発見に至った。

そう考えると、ただ待っているだけではなく、それまでにいかに準備をするかが大切だと思えてなりません。



高校生のみなさんも、将来セレンディピティを引き寄せるために、今、しっかりと努力をしましょう!
努力がセレンディピティを引き寄せる唯一絶対の条件なのですから。

S.I