高校生・受験生 応援ブログ

受験生のための名著集【思考の整理学】

みなさんこんにちは!

まだまだ昼間は暑い日が続いていますが、夜はいくらか過ごしやすくなってきた気がします。
私の住んでいるところでも、最近、虫の声が秋らしいものになってきました。


さて、そんな今回は、こちらの本をご紹介したいと思います。



『思考の整理学』
著:外山 滋比古



この本はぜひ「高校生の皆さん」に読んでもらいたい本です。
2008年、2009年に東大・京大で最も読まれた本にも選ばれており、大学生のコメントとして、「もっと早くに読んでおけばよかった・・・!」というものが寄せられているほどだからです。

そして驚くべきことに、この本が発行されたのは、
なんと、1986年!!

今からちょうど30年も前のことです。

それにもかかわらず、今年発行されたかと見紛うような「先見性」「リアリティ」「普遍性」が散りばめられている名作です。


中でも私の好きな一文は、
「"機械的"人間は早晩、コンピュータに席を明け渡さなくてはならなくなる。産業革命を考えても、この予想はまずひっくりかえることはあるまい。」
というところです。

最近、今から数十年後には、今ある仕事のうち約半数の仕事がAI(人工知能)に取って代わられる、といわれていますが、1986年の時点でこれを予見し、そうならないために「思考の整理学」を身につけることが重要である、と説いているわけです。


森ノ宮医療大学が養成する「医療系」の仕事は、AIによる代替可能性が低い職業が多いですが、高校生である今のうちにぜひ一度、この本を手にとって、いろいろと思考してほしいと思います。

S.I





新棟(C棟:キャナルポート)をご紹介:その2!

みなさん、こんにちは!
広報室の南濵です。
毎日暑い日がつづきますね。水分をしっかり摂って脱水症には注意してくださいね!

さて、私のコーナーでは、今春完成した新棟(C棟:キャナルポート)の充実した学びの施設をご紹介します!
今回は、新体育館「MTC:メディカル・トレーニング・センター」です♪
バスケットボールコート2面がゆうゆうととれる広さであり、バレーボールの国際基準をクリアする開放感溢れる天井高が自慢です!
運動と身体の関係を学ぶ空間として大いに活用しており、本学のバレーボール部も大会に向けて、一生懸命練習をしています!

受験生のみなさんは、オープンキャンパスのキャンパスツアーで見学することができます。
夏はオープンキャンパスシーズンです!
本学でも、8月7日(日)、11日(木・祝)に夏のオープンキャンパスを開催します♪

夏限定の特別プログラムも用意していますので、ぜひ勉強や部活などの気分転換に森ノ宮医療大学にお越しください!お待ちしています*

https://www.morinomiya-u.ac.jp/port/eventinfo/opc/detail_08.php

体育館ブログ改.jpg