高校生・受験生 応援ブログ

医療人のための「国語」の話

みなさん、こんにちは!

今回は、医療人に必須となる能力、すなわち、

・コミュニケーション能力
・適切な判断力
・情緒力
・大局的視点

を育むためにどうしたらよいのか?
を書いていく上で、以下の本を紹介したいと思います。




【祖国とは国語】
著:藤原 正彦 (数学者)




ここでは次のように語られています。
(以下引用)
 特に国語はすべての知的活動の根幹である。国語は、思考の結果を表現する手段であるばかりか、国語を用いて思考するという側面もあるから、ほとんど思考そのものであると言ってよい。これが充分な語彙と共に築かれていないと、深い思考が不可能になる。(中略)
 英語やパソコンが多少ぎこちなくとも、文学、歴史、哲学、芸術そして日本人としての情緒などを身につけた者こそが、世界で活躍するために必須の、大局的判断力を備えることができる。


医療人というと、生物や化学や物理といった科目が大事だと言われるようですが、それは「国語」が『充分な語彙と共に築かれている』ことが前提のように思います。読む・書く・聞く・話すがしっかりできるということです。
思考の元となる国語がしっかりしていないと、生物や化学などを理解することはできません。
そればかりか、医療人に必須となるコミュニケーション能力や判断力も突き詰めていくと思考の産物ですから、それらも備わりません。


ではその「国語」をどうやって身につけていくのかというと、やっぱり本を読むことが一番です。日本は世界に誇る文学大国・古典大国ですので、情緒あふれる幅広い作品に出会うことができますよ。

そろそろ秋の空気が感じられる季節になるはずですので、「読書の秋」らしく、何か一冊手にとって見てはどうでしょうか?





ちなみに、この本のタイトルは、ルーマニアの思想家エミール・ミシェル・シオラン(Emil Cioran, 1911年 - 1995年)の次の言葉からつけられています。


【私たちは、ある国に住むのではない。
ある国語に住むのだ。祖国とは、国語である。】


これもまた至言ですね。
このあたりのことについては、今回の本題とは違うのでまた機会があれば取り上げます。



S.I

夏のオープンキャンパスが開催されました★


みなさんこんにちは!

今日は、8月11日(土)・8月12日(日)・8月19日(日)に開催された
夏のオープンキャンパスの様子を写真でご紹介します(^^)

記録的な猛暑の中、北は北海道から南は沖縄まで遠方からも
たくさんの受験生、高校生、保護者の皆さんに来学いただき
3日間で2,232名皆様にお越しいただきました。


まずは、夏限定の特別プログラムからスタート!!

≪チーム医療トークライブ≫
チーム医療ライブ1.jpgチーム医療ライブ3.png

≪在学生トークライブ≫
在学生交流1.png在学生交流2.png

≪卒業生トークライブ≫
卒業生ライブ1.jpg

大勢の高校生・受験生やご家族の方々が熱心に聴講していました。


また、通常のオープンキャンパスでも行っているプログラム
大学紹介や学科説明・模擬体験&在学生によるキャンパスツアーにもたくさんの方に参加いただきました。

工学実技1.jpg 検査実技1.jpg 
キャンパスツアー1.jpg キャンパスツアー2.jpg

在学生によるキャンパスツアーでは、実際に授業で使用している実技室やキャンパス内を
案内してもらえるので在学生のみが知る授業の裏話やオススメスポットが聞けるかも♪


E棟(イーストポート)1Fの学生ホールにはオープンイベントとして、
「個別相談コーナー【学科、入試、奨学金・奨学金・MEEP(森ノ宮英語教育プログラム)】
鍼灸体験コーナー
在学生交流コーナー
などが設けられています。

個別相談学科.jpg  学生交流コーナー.jpg 
撮影1.png  撮影2.png

相談コーナーでは来場者一人ひとりが進学についてやキャンパスライフについて相談し、
教員のほか学生が懇切に説明しました。
オープンキャンパスに参加して好感を持ってくれた方、ぜひ森ノ宮医療大学で一緒に学びましょう。

次回のオープンキャンパスは、
916(日)12:50から17:15(受付12:30から)です!!


森ノ宮医療大学をまるごと体験できるオープンキャンパスは残すところあと2回・・・・
今回参加できなかった方はもちろん、今までに参加してくれた方も是非お越しください♪
みなさんにキャンパスでお会いできることを楽しみにしています!


                                        HM

受験勉強中の室内熱中症に要注意!!

みなさん、こんにちは!

今年の夏は連日ニュースで取り上げられるほど、本当に暑いですね。。。
今回の猛暑は災害レベルと指摘されるほど、暑さが以前よりも増しているようです。
そして熱中症について注意喚起がよくされていますが、熱中症になるのは外にいるからだとは限りません。

実は室内にいても、熱中症になると言われています。受験生のみなさんは、日々受験勉強で室内にいることの方が多くなってくると思います。
夏は受験勉強で大切な季節・・・体調を崩さず、しっかり受験勉強に励むためにも熱中症対策が必要です。

そこで今回は室内熱中症に気をつけるポインについて、紹介します!

★水分補給だけではなく、塩分も適度に摂取!
室内でもこまめに水分補給をすることが大事ですが、塩分も適度に取り入れないと熱中症対策には不十分。最近は塩分が簡単に摂取できるタブレットも販売されていますよね!
あとはスポーツ飲料であれば、水分と塩分の両方を摂取することができます!
ちなみにお茶やコーヒーは利尿作用があり、水分補給には適していないので注意が必要です。

★部屋は適切な室温を保つ
エアコンや扇風機を活用して、暑すぎず寒すぎないように室温を調整しましょう。目安は27度とよく言われているようです。室内熱中症の予防は、室温の管理が大切になってきます!

★生活リズムを崩さず、睡眠不足に気をつける
睡眠不足や生活リズムの乱れが原因で、熱中症を引き起こすこともあるようです。
体力が奪われていたり、身体が弱っていたりすると熱中症のリスクが高まるので気をつけるようにしましょう!

いかがでしたか?夏を乗り越えて、元気な身体で受験勉強に集中するためにも、体調管理は意識するようにしましょうね!!

6af2205ce263f4e5736b665854fab8b4_s.jpg
M.T