高校生・受験生 応援ブログ

『診療放射線学科(仮称) 新設説明会』を開催します

みなさん、こんにちは!

来たる11月18日(日)に、診療放射線技師(いわゆる「レントゲンの先生」)を養成する新学科「診療放射線学科(仮称・構想中)」新設説明会を開催します!

実は11月18日は「診療放射線学科(仮称)」の開設予定日である2020年4月1日から数えてちょうど500日前なんですね。
そこで一足早く、今の高校1・2年生限定で説明会を行おう、というわけです。


この日は既存学科(看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工・鍼灸学科)のミニオープンキャンパスも同日開催していますので、例えば、看護学科の説明を聞いてから診療放射線の説明を聞いてみる、なんてことも可能です。


自分の進路をきちんと考えるためにも、早めに情報をGetしよう!







2020年4月開設予定(仮称・構想中)

日時:2018年11月18日(日)10:30-12:30(受付10:00から)
場所:森ノ宮医療大学
対象:高校1・2年生と保護者のみなさま
内容:大学紹介、キャンパスツアー、職業紹介と学科説明、個別相談
事前申込不要/参加無料


※「ミニオープンキャンパス」も10:00から受付開始です!








みなさんのご参加をお待ちしています!



★『診療放射線技師』とは??★
人体へ放射線照射を行うことができる専門職が「診療放射線技師」です。
主に病院で、X線撮影やCT検査、放射線治療などで、放射線を出す医療機器を扱うほか、MRI検査、超音波検査など放射線を使わない検査や画像診断における補助も行います。また、診療放射線技師が提供する検査画像は病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報となるため、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。
特に近年、乳がん検査などが普及したことにより、女性の診療放射線技師へのニーズが高まっています。






S.I

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.morinomiya-u.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/1198

コメントする