高校生・受験生 応援ブログ

なぜ医療大学で教養を学ぶのか?「日本国憲法」編


「教養」


そこそこよく耳にする言葉だ。
だけど教養って結局何のこと?と聞かれると答えるのが難しい。
なぜ大学で教養を勉強するの?何の役に立つの?と聞かれるともっと答えるのが難しい。

そんな人も多いのではないでしょうか?



実は「教養とは何か?」については、私なりには答えがあって、それは、



『目にはっきりとは見えないけれども、その人を形作るもの【人格・品性・知識・文化に対する造詣・物事に対する理解力・創造力・人生観など】の総体』


だと思っています。(2015年8月のブログを読んでみてね)

そういうわけで(教養はやはり大事なので)、本学にも「教養科目」という科目群があるわけです。





そこで今回は、本学の教養科目のひとつ「日本国憲法」をとりあげて話をしたいと思います。



さて、なぜ医療大学で日本国憲法なのか?
ただでさえカリキュラムが詰まっている医療大学で、なぜ、わざわざ、日本国憲法を教養科目に入れているのか?
看護師や理学療法士をめざしている学生に日本国憲法の授業をする意味がどこにあるのか?
みなさん理由が分かりますか?

ちなみにここから話す内容は私の解釈(理解)であって、どこかで定義されたものではありません。あしからずご了解ください。





なぜ、「日本国憲法」が「教養」であり、それを医療大学で学ぶのか?

それは、「憲法」とは「その国そのもの」であるからです。
その国の人がその国のことを知っているかどうか、は当然「教養」と呼ばれるものになります。例えば日本人であれば、日本のことを知っているかどうか、は「教養」です。アメリカ人が自国アメリカのことを知らなければ、「教養のない人」を見なされます。つまり日本国憲法を学ぶということは教養を身につけることであり、日本そのものを学ぶこととイコールです。



思い違いをしている人も多いと思いますが(私もつい最近までそうでした)、憲法は単に「人々が守るべき約束事が書いてあるもの」ではけっしてありません。




憲法とは

「その国の在り方(歴史・風俗・伝統・文化などに則った国のアイデンティティ)を明文化したもの」

です。



その国がどういう価値観を大切にしてきたのか、どのような変遷を経てきたのか、そのような歴史的背景の積み重ねを改めて文字として起こし、その国の在り方として広く周知させるもの、それが「憲法」ではないでしょうか。


だから本学では「一般教養」科目として「憲法」を学びますし、看護師でも理学療法士でも自分の国のことを知っていることはとても大事だと考えているわけです。
ここに「憲法」を学ぶ意義があります。



(とはいうものの、果たして今の日本国憲法が「日本の在り方」を伝えているかどうかは甚だ疑問ですね。古事記や日本書紀、万葉集などの時代からの歴史や、民族の伝統が反映されているかと言われると、NOと言わざるを得ません。それでも、まずは学ぶことで興味を持つ、ということに意味があると思いたいものです)



というわけで、みなさん、大学生になったらぜひ積極的に「教養科目」を履修してみてください!

(以前、このブログで一般教養科目の「統計学」も紹介しています。こちらもぜひ読んでみてください!)





S.I

努力していれば、成績は絶対伸びる!?

2020年度入試の前半戦が佳境に入りました。本学でも公募推薦入試前期の合否発表が終わり、
11月18日(月)からは公募推薦入試後期の受付がスタートしています。

志望校の合格通知を手にするまで、不安な日々を送っている人や、「こんなに頑張っているのに偏差値が上がらない!」という受験生もいるかもしれませんね。そんなみなさんにお伝えしたいことが3つあります。

1.偏差値を上げるのは、人の倍 努力するということ

この時期の受験生はみんなが勉強に励んでいます。模試の結果で偏差値が上がっていなかったとしても、それはあなたの学力が上がっているのと同じくらい、周りの受験生も伸びているからです。そんな中で偏差値を前より上げるということは、ほかの受験生の「倍」努力するということです。

2.模試の判定結果に一喜一憂しない

模試を受ける本当の意味は、自分の学力や弱みを知ることです。判定も気になるでしょうが、結果がかえってきたらすぐに自己採点をして、「不正解だった問題」「選択肢で迷った結果、不正解だった問題」「たまたま正解した問題」の順に、徹底的に復習をしましょう。
そしてもう一つお伝えしたいのは、「返却された成績は1か月前の実力である」ということです。模試の結果が返却されるまでは約1か月。その間にあなたの力はもっと伸びているはず。さらに言うならば、大手予備校の高3生対象の模試はだいたい11月末頃に終了しますが、大学入試は翌3月まで実施しているところもたくさんあります。模試が終わってから最後のチャンスまで、まだ3か月以上も残っています。

3.成績は伸びる!ただ、伸びるタイミングは人それぞれ

成績が伸び悩んだり、思うような結果が出なくて志望校をあきらめようかと思うときもあるかもしれません。でも、受験生のみなさんが精いっぱい努力していれば、成績は必ずどこかで伸びます。ただ、そのタイミングが公募推薦入試の前の人もいれば、最後の最後で飛躍的に伸びる場合もあります。だから苦しいときも自分を信じて、心に決めた志望校の合格を勝ち取ってください。

みなさんの可能性は無限大です!最後まで絶対にあきらめないでください。

collage.png
H.H

受験に向けてラストスパート!入試当日の準備って?

みなさん、こんにちは!

11月に入り、肌寒く感じることが多くなってきましたね。これからの季節は体調を崩しやすいため、体調管理にはしっかり気をつけましょうね!

さて受験シーズン真っただ中ということで、本学も先日、公募推薦入試前期が終了し、次は公募推薦入試後期の出願の開始が近づいています。

受験生のみなさんは、入試に向けてラストスパート!年内までに合格をしたい!という方も多いかと思います。
勉強はもちろん大切なのですが、入試当日を迎えるまでは勉強以外の準備も必要です。
そこで今回は、受験に向けての準備を紹介したいと思います!

★受験票など持ち物をチェック!
当日必ずいる受験票などは、しっかり手元にあるか確認しておきましょう!
忘れないように、気をつけてください!他にも筆記用具や時計など必ず必要なものと、あった方がいいものを分けて準備をしておくといいですね。
入試前日に焦らないように、日頃から意識してそろえておくことがおすすめです!

★宿泊・交通アクセスの手配と確認
試験会場の確認はできていますか?遠方からの受験の場合は、宿泊の予約や新幹線・飛行機などの手配が必要です。余裕を持って、準備しておきましょう。宿泊先はなるべく試験会場に近い方が、安心だと思います。
また自宅から直接試験会場に向かう場合でも、事前に行き方を調べ、可能であれば下見をしておきましょう。乗り換え経路やかかる時間などがわかれば、当日の不安が少なくなりますよね。

★入試当日の服装や寒さ対策
試験会場によっては、暖房が効きすぎて暑いくらいに感じたり、逆に暖房があたらず寒く感じたりがあると思います。そのため自分の服装で温度調整ができるように、カーディガンなどを用意しておくことがおすすめです!使い捨てのカイロなども用意して、手がかじかんでしまわないように寒さ対策はしっかりしておきましょう!


いかがでしたか?受験勉強に励むことも大事ですが、不安なく入試当日を迎えるためにもしっかり準備をしておきましょうね!
分からないことや不安があれば、すぐに先生に聞いたり調べたりするようにしましょう!
f89be0df2c3bfa9392a74077d60b7e85_s.jpg
M.T