より深く、高度にシンカする森ノ宮医療大学2022 より深く、高度にシンカする森ノ宮医療大学2022

2022年、
進化し、深化する
森ノ宮医療大学。

20224
より専門性を高めるために
3学部7学科へ生まれ変わります(予定)

これまで森ノ宮医療大学の設置学部は、保健医療学部の1学部のみでしたが、2022年4月に現在の7学科を「看護学部※」「総合リハビリテーション学部※」「医療技術学部※」の3学部に再編します。これまで通り「チーム医療教育」をはじめとした学科間の連携は維持しつつも、3学部化によって、より専門性を高める教育体制が整うことになります。

※仮称・設置構想中

2022年4月、より専門性を高めるために3学部7学科へ生まれ変わります。
To Be Continued

看護教育がさらに充実。
西日本屈指の教育・研究体制へ

2022年、森ノ宮医療大学の看護教育は大きく進化を遂げ、西日本屈指の教育・研究体制が整うことになります。看護教育の専門性をより高めるために看護学科を看護学部※に、大学院においては「看護学専攻」に博士後期課程※を設置し、看護現場で教育研究能力を発揮できる人材の育成をめざします。また、博士前期課程には新たに 高度実践看護師を育成する「NP養成課程※」を設置する予定です。

※仮称・設置構想中

看護教育がさらに充実。西日本屈指の教育・研究体制へ

森ノ宮医療大学附属クリニック、誕生!
-2022年、開院予定-

2022年、森ノ宮医療大学附属クリニックが本学キャンパス内に誕生します。
大学附属医療機関として優れた医療の提供で地域医療に貢献するとともに、学生が臨床経験を積む実習施設、医療に貢献する研究基盤としても活用していく予定です。
また、学生が受診することも可能で、学生生活における健康管理をしっかりサポートします。

森ノ宮医療大学附属クリニックの つのポイント
1

地域住民への貢献として
質の高い医療を提供

2

学生生活のサポートが充実
学生の受診が可能で健康管理サービスが向上

3

学生・教員の研究基盤としての活用

4

”実際の医療現場を学ぶ”
学生の実習の場として活用