医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

入学から修了までの流れ

1年次 前期 4月上旬 履修ガイダンス/研究指導員決定/履修登録 医療資格と将来のビジョンを把握した上で、学生とともに適切なキャリアパスを想定して研究指導教員と研究指導補助教員を決定します。研究指導教員が中心となり、履修指導を実施。
4月中旬から9月 共通科目の履修/専門演習の履修/特別研究の開始 “EBMの概念を正しく理解した上で研究・臨床を実践する能力”および“多様な診断治療体系と医療文化を理解した統合的な発想力”を涵養するため、保健医療研究方法論と代替・統合医療特論を必修科目として履修。
後期 9月末から1月 専門科目の履修/専門演習の履修/特別研究の継続 「健康増進領域」では、人体の機能、構造、代謝などに関する授業科目を中心に履修し、当該領域における専門的な知識を修得。
「健康回復領域」では、高齢化社会に遭遇しやすい疾患の病理と治療、リハビリテーション、QOLの向上と評価に関する授業科目を中心に履修し、当該領域における専門的な知識を修得。
2月から3月 特別研究の中間発表と倫理審査
2年次 前期 4月上旬 履修指導/履修登録 研究指導員が中心となり、キャリアパスを修正および具体化し、それに適した履修指導を実施。
4月中旬から9月 専門科目の履修/特別研究の論文執筆 「健康増進領域」では、恒常性維持、身体機能の維持に関する授業科目を中心に履修し、当該領域における専門的な知識を修得。「健康回復領域」では、神経系リハビリテーション、疼痛管理に関する授業科目を中心に履修し、当該領域における専門的な知識を修得。
後期 9月末から12月 専門科目の履修/論文の仕上げ・発表準備 「健康増進領域」では、生体防御に関する授業科目を中心に履修し、当該領域における専門的な知識を修得。
「健康回復領域」では、具体的なリハビリテーション技術、疾病と心身相関に関する授業科目を中心に履修し、当該領域における専門的な知識を修得。
1月から3月 論文審査/最終試験/修了認定 公聴会(研究最終発表会)で研究内容をプレゼンテーションし、口頭試問および参加者からの質疑応答を受けます。指摘内容をもとに論文修正を行い、提出。口頭または筆記の最終試験を実施。

コンテンツ一覧

  • 入学から終了までの流れ
  • 指導教員
  • サポート体制・履修指導
  • 大学院入試
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ