医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

学びの特長

70名
  • 理学療法士 国家試験受験資格

理学療法学科

チーム医療

多学科との連携を通して「チーム医療」や
「リハビリテーション」を総合的に理解

学科混成のグループで取り組む、IPE(専門職間連携教育)では、「ケースカンファレンス(症例検討会)」という演習を通じてチーム医療における理学療法士の役割、そして多職種との関係性を理解します。また、同じリハビリ分野である作業療法学科と連携した学びも実践。互いの共通点を把握し、総合的にリハビリテーションを捉えることができます。

医療機関との強固な繋がり

豊富な実習先で通学圏内での実習スタイルを確立

大阪を中心に関西圏内のさまざまなエリアに実習先を確保。そのため、実習病院・施設は自宅から通いやすかったり、1日の実習が終わったあとに本学の図書館で予習・復習ができたりする環境にあります。

学外実習においても本学教員が直接指導

理学療法の実習は一般的に実習先の指導者(バイザー)が学生を指導することになっており、多くの大学では学内の教員が現場で指導することはありません。しかし、本学では教員が実習先に出向きバイザーと一緒に直接指導する新たな実習体制を確立。効率よく実習の学びを理解することができます。

教育力

現場での経験が豊富な教員が臨床で活きる力を指導

本学では医療現場での豊富な経験を持つ教員が多数在籍しています。その経験を活かして、講義や演習では患者さんの身体的なサポートだけではなく、心理的・環境的な問題を解決できるよう「他者を思いやる気持ち」や「心を通わすコミュニケーション能力」を育む指導を行っています。

拡大する役割に対応できる柔軟な能力を身につける

近年は医療施設だけにとどまらず、介護やスポーツ分野など、理学療法士の活動の場は多岐にわたります。本学ではいつの時代でも柔軟に対応できる理学療法士をめざし、幅広く医療を学べるカリキュラムを準備しています。

環境

充実した実習室

キャンパス内にある実習室は全長50mを超え、走行動作の解析もゆとりを持って測定することができます。また、講義時間以外は自由に開放されており、多くの学生が技術の向上をめざし、自習の場として活用しています。それ以外にも三次元動作解析装置や筋力測定装置など医療現場や研究に活用できる最新の機器が揃っています。

TOPICS

医療法人錦秀会研修センター内に
森ノ宮医療大学臨学共同参画センターを設置

本学と相互連携協定を締結している医療法人錦秀会では研修センター内に、森ノ宮医療大学臨学共同参画センターを設置。病院スタッフと学生をよく知る本学の教員が連携し、学生の状況にあわせて同センター内で指導しています。また施設の職員による臨床講義や実技の指導など、現職の理学療法士から知識・技術を学ぶことができます。

森ノ宮医療大学臨学共同参画センター

先輩に聞きました! 理学療法学科の先生は、どんな人ですか?

“答”ではなく、“考えるヒント”をくださいます。

2年次では現場を見学し、3年次では実際に患者さんの検査や測定を行いました。学んだことを思い出しながら実習に挑みましたが、教科書通りにはいかないことを実感。患者さんの状況や心情に応じて自ら調べ、考えて対応することが必要だと強く感じました。森ノ宮では先生方に質問に行くと、安易に回答されずにまずは自分で調べるようにとおすすめの参考書などを教えてくれます。この学生の主体性を尊重した学びが、臨床の現場で生きると思います。これからも実践を積み重ねて、将来は患者さんが家庭に戻った時のことまで考えられる理学療法士をめざします。

理学療法学科 4年

井上 雄斗 さん
理学療法学科 4年
[大阪府・山田高校出身]

Professor Voice

謙虚さを貫くことで、可能性は無限に広がります。

高齢化が進む日本社会、そのピークと言われる2025年に向け、理学療法士の需要も上向きになることが予測されています。世代を問わず予防から治療まで、生活機能、運動機能の向上を支えることが、理学療法士の仕事。しかし、必要なことは特別な資質ではなく、まずは社会人としての基礎力です。幅広い世代とのコミュニケーション、時間遵守、課題履行を粛々と行う能力が備わって、初めて治療技術の研鑽に向かうことができます。さらに、常に自分を客観的に捉え、謙虚な姿勢を貫いていくことで、無限に成長する理学療法士になることができます。多種多様な実績を持ち、自己研鑽を続ける教員たちが、みなさんを待っています。

学科長・教授

三木屋 良輔 Ryosuke Mikiya[学科長・教授]
理学療法士・修士。2010、大阪市立大学大学院医学研究科医科学専攻修士課程卒業。2007~森ノ宮医療大学理学療法学科。
[所属学会]日本理学療法士協会、日本心臓リハビリテーション学会等
[研究領域]運動時における呼吸・循環応答メカニズム、地域高齢者のサルコペニア予防、運動と栄養の併用効果
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ