医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

学びの特長

  • 臨床検査技師国家試験受験資格
  • 遺伝子分析化学認定士(初級)受験資格※
  • 中級バイオ技術者認定試験受験資格※
  • 医療情報技師認定試験受験資格
  • 第2種ME技術実力認定試験資格
  • ※所定の科目の単位を修得することが必要

60名
  1. チーム医療

    IPW論を通してチーム医療における臨床検査技師の重要性を理解

    チーム医療では臨床検査技師が分析した検査結果は欠かせないものです。現場では、単に検査結果を出すだけではなく、他の医療者へ結果を適切に説明できることが求められます。本学では学科混成のグループで取り組む「IPW論(専門職間連携実践論)」を実践。他職種との関係性やチーム医療における臨床検査技師の役割を理解します。

  2. 医療機関との強固な繋がり

    大病院の充実した検査環境で最新の技術を修得

    公的病院や大学病院など、病床数が300以上の病院(一般企業でいう大企業)を実習先として確保。最新の検査機器が揃う充実した設備で高度な検査技術を学び、学内で得た知識や技術と統合することで、適切な判断をくだせる力を養成します。
    ※病床数とは…病院が有する入院施設のベッド数のこと

  3. 教育力

    患者さん全体を診る医療を実践するため基礎的能力を幅広く修得

    多様な臨床検査データを多角的、論理的に分析して患者さん全体を診るには、医療の知識を幅広く身につけなければなりません。本学では基礎医学に力を入れ、臨床検査に関わる医学知識を得ることで、幅広い観点から医療・健康を捉えられる力を身につけます。

    コミュニケーション能力を養い、医療現場のニーズに対応

    現代の医療現場では、検査データを医療者へ適切に説明するシーンが増えています。本学では、他者とのコミュニケーションを想定した実習を通じて、他者へ伝える力(プレゼン力)やコミュニケーション能力を実践的に培っていきます。

    経験豊富な教育研究実績を持つ教員陣

    臨床検査技師だけではなく、医師や薬剤師などの資格を持つ教員も在籍。各専門領域において豊富な教育・研究実績を積み上げた教員が揃っています。また、臨床検査技師の資格を有する全教員が5年以上の臨床経験を持っており、現場を熟知する教員ならではの指導を受けられることも、本学の特徴です。

  4. 環境

    最新設備や病院で使用されている機器を揃え、現場に近い環境を実現

    分析系実習室をはじめ、生理学実習室や形態系実習室など多様な検査に対応できる充実した設備が整っています。また、病院で採用されている最新鋭の超音波診断装置(エコー)などを導入し、学内でも医療現場に近い環境を実現しています。

TOPICS

検査だけではなく複合的に
疾患を判断できる臨床検査技師へ

医療現場では臨床検査技師が検査を通して、がんや心臓病を見つけ出し医師に報告する機会も多々あります。そのため本学では検体検査や生理機能検査など通常の検査に加え、他大学では学ぶ機会の少ない「画像検査学」の授業を開講。MRIやCTの診断方法を学び、超音波診断装置(エコー)と複合することで、医療現場で多角的な視点から疾患を考えることができる臨床検査技師をめざします。

先輩に聞きました! 臨床検査学科の先生は、どんな人ですか?

臨床現場でのエピソードを
リアルに語ってくださいます。

印象に残っているのは高校生の時に参加したオープンキャンパス。興味をそそる模擬授業と、親身にお話を聞いてくださる姿に、この先生方から学びたいと思いました。入学後3日で学生全員の名前を憶えてくださった先生には驚きましたが、いつもそばで見守ってくださるので安心した毎日を送ることができています。実際の臨床現場を体験された先生方のお話は、具体的なイメージがわき、医療人になる覚悟を持たせてくれます。今後も豊富な知識を身につけて、臨床検査技師としてチーム医療に貢献したいです。

中井 祐希 さん
臨床検査学科 3年
[大阪府・寝屋川高校出身]

Professor Voice

チーム医療を支え、実践できる、
臨床検査の専門家へ。

臨床検査技師の役割は、時代の流れに沿って変化してきました。かつて臨床検査は医療のために「検査技術を実践する」ことが重点でしたが、現代では臨床検査の専門家として「医療の実践」が求められるようになりました。本学では、臨床の現場で必要となる知識について、学生の習熟度を見据え、教育目標や知識向上に適正であったかを判断しながら指導を展開。他職種とのチーム医療において、ときに提言も行い、積極的に医療を実践できる臨床検査技師の育成をめざしています。医療において、臨床検査は、病気の診断と治療に欠かせない存在です。人々の健康に貢献する、やりがいのある職業として、臨床検査技師をめざしてほしいと思います。

学科長・教授

脇 英彦 Waki Hidehiko[学科長・教授]
臨床検査技師、臨床工学技士、保健学博士、大阪大学大学院病態生体情報学修了学位取得、1980~大阪警察病院、2006~兵庫医科大学病院超音波センター、2012~明和病院医療技術部技師長、2016~森ノ宮医療大学教授~現職、兵庫県臨床検査技師会生理研究部会班員、阪神エコーレベルアップミーティング世話人、阪神心エコー研究会世話人、大阪腹部超音波研究会世話人
[研究領域]超音波検査学、動脈硬化の超音波組織性状学)
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ