医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

教員データベース

竹岡 啓子

役職 教授
担当科目 基礎ゼミナール、IPW論、検査技術科学序論、臨床検査学総論、検査総合管理学、免疫検査学Ⅰ・Ⅱ、免疫検査学実習、食品関係法規、総合演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、臨地実習、卒業研究Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ 鍼灸治療やアロマテラピーが身体の内部環境に及ぼす効果について
経歴 衛生検査技師、臨床検査技師、上級健康食品管理士
昭和47年4月 49年3月 兵庫県職業訓練校 衛生検査科 修了
平成13年4月 平成16年3月 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻(博士後期課程)修了
博士論文:「バセドウ病の難治性規定サイトカインと増悪因子に関する研究」
昭和49年4月 大阪大学医学部附属病院中央臨床検査部 技術補佐員
昭和52年4月 大阪大学医学部附属病院中央臨床検査部 臨床(衛生)検査技師
平成元年4月 大阪大学医学部附属病院中央臨床検査部 主任臨床(衛生)検査技師
平成5年9月 大阪大学医学部附属病院臨床検査部 主任臨床(衛生)検査技師
平成17年4月 大阪大学医学部附属病院医療技術部検査部門 主任臨床(衛生)検査技師
平成26年5月 大阪大学大学院医学系研究科・臨床検査診断学(平成27年1月より「病院臨床検査学」に名称変更) 技術補佐員
平成27年4月 森ノ宮医療大学 保健医療学部 客員教授
平成28年4月 森ノ宮医療大学 保健医療学部 教授(現在に至る)
所属学会 日本臨床衛生検査技師会、日本臨床検査学教育協議会、日本臨床検査医学会、日本臨床化学会、日本甲状腺学会、日本臨床検査自動化学会、日本未病システム学会、日本食品安全協会(旧健康食品管理士認定協会)、日本臨床検査医学会、日本臨床化学会、日本甲状腺学会
著書 1.平成3年 バセドウ病と妊娠 内分泌学の進歩(9).トプコ・出版部,東京


論文 (英文)
1.Miyai K, Nishi K, Kawashima M, Oura T, Tsuruhara. An improved assay of thyrotropin in dried blood samples on filter paper as a screening test for neonatal hypothyroidism. Clinica chimica acta 1976;73(2): 241-249
2.Ogihara T, Miyai K, Nishi K, Ishibashi K, Kumahara Y.昭和52年 Enzyme-labelled immunoassay for plasma cortisol. J Clin Endocrinol Metab 1977 ; 44(1) : 91-95
3.Ogihara T, Iinuma K, Nishi K, Arakawa Y, Takagi A, Kurata K, Miyai K, Kumahara Y. A non-chromatographic non-extraction radioimmunoassay for serum aldosterone. J Clin Endocrinol Metab 1977 ; 45(4) : 726-731
4.Miyai K, Amino N, Nishi K, Fujie T, Nakatani K, Nose O, Harada T, Yabuuchi H, Doi K, Yamamoto T, Satake R, Tsuruhara T, Oura T. Transient infantile hyperthyrotropinaemia. Report of a case. Arch Dis Child 1979 ; 54(12) : 965-967
5.Tanaka F, Nishi K, Arisue K, Hayashi C, Miyai K. Enzyme immunoassay of hepatitis B surface antigen with use of the Hepanostika test kit and a new photometer, Photo-Elisa 1. Clin Ckem 1980 ; 26(12) : 1647-1651
9.Amino N,Nishi K, Nakatani K, Mizuta H, Ichihara K, Tanizawa O, Miyai K. Effect of albumin concentration on the assay of serum free thyroxin by equilibrium radioimmunoassay with labeled thyroxin analog (Amerlex Free T4). Clin Chem 1983 ; 29(2) : 321-325
7.Ichira K, Miyai K, Nishi K, Katsumaru K, Yasuhara M. Distribution of patients' test values and applicability of average of normals method to quality-control of radioimmunoassays. Am J Clin Path 1985;83(2):206-210
8.Ichira K, Miyai K, Ashida N. Takeoka K, Kaiso A, Amino. New indices for thyroid functional status, hormone binding, and peripheral hormone metabolism: Principal component analysis of 24,000 clinical data. Am J Clin Path 1986 ; 85(4) : 469-478
9.Ichira K, Miyai K, Ashida N. Takeoka K. Analysis of overall pathophysiological relation-ships between serum levels of TSH and thyroid hormones using a large laboratory database. Endocrinologia Japonica 1989;36(3):373-380
10.Tamaki H, Amino N, Takeoka K, Iwatani Y, Tachi J, Kimura M, Mitsuda N, Miki K, Nose O, Tanizawa O,Miyai K. Prediction of later development of thyrotoxicosis or central hypo-thyroidism from the cord serum TSH level in neonates born to mothers with Graves' disease. J Pediatr 1989;115(2):318-321
11.Tachi J, Amino N, Tamaki H, Takeoka K, Kimura M, Iwatani Y, Ichihara K, Miyai K. Immunity as a valuable factor for prognostic prediction in patients with Graves' disease under antithyroid drug therapy. Thyroidology 1989 ; 1(2) : 85-92
12.Tamaki H, Amino N, Takeoka K, Mitsuda N, Miyai K, Tanizawa O. Thyroxin Requirement During Pregnancy for Peplacement Therapy Of Hypothyroidism. Obstet Gynecol 1990;76(2):230-233
13.Takeoka K, Tamaki H, Endo Y, Amino N, Miyai K. Novel IgA Antibody to Bovine Thyrotropin in a Healthy Man. Clin Chem 1991;37(2):306-307
14.Hidaka Y, Nishi I, Tamaki H, Takeoka K, Tada H, Mitsuda N, Amino N. Differention of Postparyum Thyrotoxiosis by Serum Thyroglobulin: Usefulness of a New Multisite Immunoradiometric Assay. Thyroid 1994;4(3):275-278
15.Maeda I, Hayashi S, Takeoka K, Suehisa E, Kabutomori O, Imai N, Iyama S, Hosotsubo H, Fushimi R, Amino N. Development of a Clinical Laboratory Supervised System (CLASSY). Med Inform 1995;20(1) : 35-43
16.Tamaki H,Takeoka K, Nishi I, Shidoh Y, Tsukada Y, Amino N. Novel Thytropin(TSH)-TSH Antibody Complex in a Healthy Women and Her Neonates. Thyroid 1995;5(4):299-303
17.Hidaka Y, Masai T, Sumizaki H, Takeoka K, Tada H, Amino N. Onset of Graves' Thyrotoxicosis after an Attack of Allergic Rhinitis. Thyroid 1996;6(4):349-351
19.Shimaoka Y, Hidaka Y, Tada H, Takeoka K, Amino N, Morimoto Y. Influence of Breast-feeding on the Production of Cytokines. Am J Reprod Immunol 2001;45(1):100-102
19.Takeoka K, Hidaka Y, Hanada H, Nomura T, Tanaka S, Takano T, Amino N. Increase in serum levels of autoantibodies after attack of seasonal allergic rhinitis in patients with Graves' disease. Int Arch Allergy Immunol 2003;132(3):268-276
20.Amino N, Izumi Y, Hidaka Y, Takeoka K, Nakata Y, Tatsumi K, Nagat A, Takano T. No increase of blocking type anti-thyrotropin receptor antibodies during pregnancy in patients with Graves' disease. J Clin Endocrinol Metab 2003;88(12):5871-5874
21.Takeoka K, Watanabe M, Matsuzuka F, Miyauchi A, Iwatani Y. Increase of serum interleukin-10 in intractable Graves' disease. Thyroid 2004 ; 14(3) : 201-205
22.Hanada H, Mugii S, Takeoka K, Maeda I, Watanabe M, Hidaka Y, Iwatani Y. A solution for distinguishing Le(a-b-) sera in CA19-9 assays using SphereLight 180 and Architect i2000 assays. Clin Chim Acta 2012 ; 413(1-2) : 278-281
他 12編
(和文)
1.西啓子, 荻原俊男, 宮井潔, 熊原雄一, 石橋嘉一郎. 125I-Cortisol, Polyethylene Glycol を用いた血漿Cortisol Radioimmunoassay に関する研究. 核医学1976;13(4):469-477
2.宮井潔, 西啓子, 川島実, 大浦敏明, 鶴原常雄. クレチン症のマス・スクリーニング. 医学のあゆみ1976;97(6):295-300
3.荻原俊男, 宮井潔, 西啓子, 熊原雄一, 石橋嘉一郎, 小林吉晴, 熊渡辺富久子. 血漿コルチゾールのエンザイムイムノアッセイ-基礎的検討と臨床応用-. 日本内分泌学会雑誌1977;53(5):647-658
4.西啓子, 荻原俊男, 波多丈, 宮井潔, 熊原雄一. 抽出操作不要血漿ACTHラジオイムノアッセイキットの基礎的検討とその臨床応用. ホルモンと臨床1977; (25)11:71-75
5.西啓子, 宮井潔. Thyroxine radioimmunoassay(Gamma Coat-Solid phase)の基礎検討と臨床応用. 基礎と臨床 1978;12(9):2361-2366
6.荻原俊男, 西啓子, 波多丈, 熊原雄一, 飯沼一茂, 荒川行信, 高木淳, 倉田邦夫. 尿中アルドステロンの直接ラジオイムノアッセイ法. 日本内分泌学会誌1979; 55(3):161-170
7.西啓子, 市原清志, 土井啓, 中谷清美, 池内真理子, 水田仁士, 藪由紀子, 網野信行, 宮井潔. 固相化抗体ラジオイムノアッセイ法(Amerlex Free T4)による血中遊離型サイロキシンの測定 -理論値との比較検討と臨床応用-. 臨床化学1982;11(3):222-230
8.西啓子, 網野信行, 中谷清美, 水田仁士, 市原清志, 谷澤修, 宮井 潔.T4-analogを用いた遊離型サイロキシンのラジオイムノアッセイ-血清アルブミンの影響について-.臨床病理1983;31(9):1035-1139
9.西啓子, 小豆嶋美生, 海藻明美, 遠藤雄一, 宮井潔. 蛍光偏光免疫測定法(TDx)による血中サイロキシン、サイロキシン摂取率測定の基礎的検討および臨床応用. ホルモンと臨床1984;32(7):675-680
10.西啓子, 網野信行, 遠藤雄一, 玉置治夫, 海藻明美, 小豆嶋美生, 岩谷良則, 宮井潔. T4-analogを用いた血中サイロキシン自己抗体について. 臨床病理1984;32(10):1133-1136
11.西啓子, 網野信行, 玉置治夫, 青笹恵美子, 館純子, 森政雄, 谷澤修, 市原清志, 宮井潔. TSH高感度イムノラジオメトリックアッセイ:基礎的検討と臨床応用. ホルモンと臨床1986;34(12):1157-1163
12.竹岡啓子, 網野信行, 玉置治夫, 青笹恵美子, 館純子, 岩谷良則, 森政雄, 谷澤修, 宮井潔. 高感度TSH測定によるバセドウ病の出産後再発および新生児バセドウ病発症の予測. 臨床病理1988; 36(4):455-458
13.竹岡啓子, 西功, 市原清志, 網野信行, 宮井潔. ボールエルザ・CA 19-9・キットによる血中 CA 19-9抗体測定の基礎的検討. 医学と薬学1990;23(2):355-361
14.竹岡啓子, 網野信行, 宮井潔. セントコアCA 72-4 IRMAキットによる血中CA 72-4抗原測定の基礎的検討. 臨床検査機器・試薬1991;14(2):299-306
15.竹岡啓子, 林純子, 日高洋, 玉置治夫, 網野信行, 宮井潔. 化学発光免疫測定法による高感度TSH測定用キットベリラックスTSHの基礎的検討および 臨床的応用. 医学と薬学1992;27(4):985-994
16.竹岡啓子, 花田浩之, 朝日佳代子, 岡本晶子, 多田尚人, 日高洋, 網野信行. 電気化学発光による高感度TSH測定用キット“エクルーシスTSH”の評価. 医学と薬学1999;41(4):661-667
17.竹岡啓子, 日高洋, 花田浩之, 野村朋子, 泉由紀子, 高野徹, 網野信行, 金倉譲. 第二世代TSHレセプター抗体(TRAb)測定試薬の評価. 医学と薬学2003;49(2):283-291
18.竹岡啓子, 日高洋, 花田浩之, 野村朋子, 泉由紀子, 高野徹, 金倉譲, 岩谷良則, 網野信行. 第二世代TSHレセプター抗体(TRAb)測定試薬の評価-第二報-. 医学と薬学2004;49(1):173-178
19.竹岡啓子, 花田浩之, 野村朋子, 金倉譲. 全自動化学発光酵素免疫測定装置ユニセルDxI 800における インスリン測定試薬「アクセス インスリン」の評価 医学と薬学2005;53(6):823-830
20.對馬敏夫, 家入蒼生夫, 池田済, 市原清志, 小田桐恵美, 亀子光明, 紫芝良昌, 竹岡啓子, 武田京子.第26回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績要旨(2004年) RADIOISOTOPES 2005;54(10):455-507
21.家入蒼生夫, 竹岡啓子, 池田済, 市原清志, 小田桐恵美, 亀子光明, 桑克彦, 紫芝良昌, 武田京子, 對馬敏夫.第27回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績要旨(2005年) RADIOISOTOPES 2006;55(10):599-649
22.家入蒼生夫, 武田京子, 池田済, 市原清志, 小田桐恵美, 亀子光明, 桑克彦, 紫芝良昌, 竹岡啓子.第28回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績要旨(2006年) RADIOISOTOPES 2007;56(10):637-686
23.小泉潔, 桑原康雄, 牛嶋陽, 絹谷清剛, 木之村重男, 菅一能, 竹岡啓子, その他.第6回全国核医学診療実態調査報告書.RADIOISOTOPES 2008;57(8):491-558
24.家入蒼生夫, 池田済, 小田桐恵美, 片上秀喜, 亀子光明, 桑克彦, 竹岡啓子, 武田京子, 日高洋, 市原清志, 紫芝良昌.第29回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績要旨(2007年) RADIOISOTOPES 2008;57(10):617-668
25.家入蒼生夫, 桑克彦, 池田済, 小田桐恵美, 片上秀喜, 亀子光明, 竹岡啓子, 武田京子, 日高洋.第30回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績要旨(2008年). RADIOISOTOPES 2009; 58(10):655-708
26.小田桐恵美, 桑克彦, 片上秀喜, 武田京子, 竹岡啓子, 日高洋, 家入蒼生夫, 池田済, 亀子光明.イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ30年間の軌跡.臨床病理 2012;60(10):932-954
27.桑原康雄, 絹谷清剛, 井上健太郎, 坂本?, 下瀬川恵久, 竹岡啓子, 竹田芳弘, 外山宏, 新尾泰男, 西山佳宏, 吉永恵一郎, 吉村真奈.第7回全国核医学診療実態調査報告書.RADIOISOTOPES 2013;62(8):545-608
28.大久保学, 畑伸顕, 竹岡啓子, 末久悦次, 日高洋. 全自動化学発光酵素免疫分析装置UniCel?Dxi800による自動希釈機能の評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 2014;39(5):677-681
29.傍島麻由, 竹岡啓子, 畑伸顕, 井上直哉, 松井昌彦, 日高洋. 全自動化学発光酵素免疫分析装置ルミパルスG1200に
おけるProGRP測定試薬の性能評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 2015;40(5):667-673.
30.竹岡啓子, 日高洋, 菱沼昭, 池田勝義, 大久保滋夫, その他. 甲状腺ホルモン(TSH)のハーモナイゼーション.臨床病理2016;64(4):375-379
他59編

一覧へ戻る

入学・入試案内
看護学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ