医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

教員データベース

尾﨑 朋文 鍼灸学科

役職 教授
担当科目 経絡経穴学Ⅰ・Ⅱ、経穴局所解剖演習Ⅰ・Ⅱ、保健医療研究、卒業研究
研究テーマ 刺鍼の安全、リスクマネージメント、鍼灸臨床(顎関節症、腰痛、肩こり、男性不妊、小児鍼など)
学生へのメッセージ 人間を磨いて下さい。大学での講義だけが勉強ではない。アニメ、古典芸能、スポーツ等何でもすべてのことが勉強です。いろいろなことに興味を持って下さい。継続は力なり、特に技術の獲得には日々の努力が最後に実を結びます。並の鍼灸師をめざすのか?さらにもっと上の鍼灸師をめざすのかは本人次第です。力をつけましょう。
経歴 <略歴>
1977年 大阪鍼灸専門学校(現 森ノ宮医療学園専門学校) 卒業
1986年 2004年 大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能学講座専修学校研修員
2008年 近畿大学通信教育部法学部卒業
1985年 大阪鍼灸専門学校(現森ノ宮医療学園専門学校)常勤講師勤務
1997年 大阪鍼灸専門学校(現同上)附属診療所鍼灸室室長  
1999年 森ノ宮医療学園専門学校教務部長(現在に至る)
2007年 森ノ宮医療大学保健医療学部鍼灸学科准教授
2012年 森ノ宮医療学園専門学校副校長
2013年 森ノ宮医療大学保健医療学部鍼灸学科/大学院保健医療研究科教授
     学校法人森ノ宮医療学園理事

<現職> 
日本臨床鍼灸懇話会会長、全日本鍼灸学会理事、全日本鍼灸学会副編集長、
全日本鍼灸学会近畿支部長、鍼灸安全性委員会委員、
「経絡経穴概論」教科書執筆小委員会委員、日本解剖学会会員
Academy of Integrated Medicine Hawaii Honorary Member
大阪府鍼灸マッサージ師会名誉会員
全日本鍼灸学会認定鍼灸師
所属学会 日本解剖学会、全日本鍼灸学会、日本臨床鍼灸懇話会
社会活動 全日本鍼灸学会理事、同学会近畿支部支部長、日本臨床鍼灸懇話会会長
著書 <分担執筆> 
危険経穴の断面解剖アトラス、医歯薬出版、2011
鍼灸医療 安全対策マニュアル、医歯薬出版、2010
新版 経絡経穴概論、医道の日本、2009
鍼灸臨床のコツ、医道の日本、2008
鍼灸医療安全ガイドライン、医歯薬出版、2007
ペインクリニックと東洋医学、真興公易、2004
鍼灸師・柔道整復師のための局所解剖カラーアトラス、南江堂、2001
経絡経穴概論、医道の日本、1992

<監修>
実践 小児はり法 医歯薬出版、2012
パーフェクトツボ暗記カード国際標準経穴対応版、鍼灸臨床教育研究会、201
研究業績 <賞>
平成7年9月  「刺鍼の安全性についての局所解剖学的検討」論文にて代田賞受賞
平成16年6月 「膏肓穴刺鍼の安全深度の検討 ―遺体解剖および生体での臨床所見・CT画像における検討―」論文にて全日本鍼灸学会高木賞奨励賞受賞

一覧へ戻る

入学・入試案内
看護学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
診療放射線学科
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 看護学専攻
指導教員
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ