医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

教員データベース

宮本 忠吉

役職 教授、修士(教育学)、博士(学術)
担当科目 運動生理学、運動生理機能学演習、運動生理学特論、スポーツ健康科学演習、トレーニング科学演習Ⅰ、卒業研究、専門演習、特別研究
専門分野 システム生理学、運動生理学
研究テーマ 統合的枠組みによる呼吸循環調節系の制御機構の解明とその応用研究
学生へのメッセージ 学ぶことを忘れず、大学生活を思いっきりEnjoyしてください。人と人との出会いを大切に!
経歴 <学歴>
1990年 大阪教育大学 卒業
1992年 大阪教育大学大学院修士課程 修了
1995年 大阪市立大学大学院博士課程 修了
<職歴>
1997年 大阪大学健康体育部 助手
2000年 国立循環器病センター研究所 研究員
2007年 森ノ宮医療大学保健医療学部 教授
     国立循環器病センター研究所 客員研究員
2011年 森ノ宮医療大学大学院保健医療学研究科 教授
     九州大学大学院医学研究院共同研究員
<学位・資格等>
学位 修士(教育学:大阪教育大学)
    博士(学術:大阪市立大学)
資格 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)、
    中学校・高等学校教諭専修免許(保健体育)
<受賞>
1996年 日本臨床生理学会優秀論文賞
2003年 日本臨床生理学会優秀論文賞
2004年 Neurocardiology Workshop奨励賞
2005年 大阪大学共通教育賞

所属学会 アメリカスポーツ医学会、日本体力医学会、運動生理学会、日本循環器学会
日本循環制御医学会、日本臨床生理学会
著書 総説・著書
1. 呼吸化学調節系の運動適応機構 -運動時換気亢進メカニズムのシステム的理解-. 森ノ宮医療大学紀要, 3・4, 9-38, 2012年.
2. 呼吸・循環系のシステム同定とその応用. 宮本 忠吉, 基礎体力研究所紀要 21, 40, 2012年.
3. 『フローチャートで学ぶ運動生理学実習』. 建帛社, 2012年.
4. 呼吸調節のシステム. 『身体運動と呼吸・循環機能』, 真興交易(株)医書出版部, 2012年.
5. 呼吸循環系の動作原理. 『特集 呼吸器の救急救命治療』, The Lung perspectives, MEDICAL REVIEW社, Vol.20 No.1, 冬号 2012年, pp62-68.
6. 『スポーツ生理学』. 嵯峨野書院, 2009年, pp71-92.
7. 心臓交感神経のシナプス前α2-アドレナリン受容体の役割. 『生体の科学』, 60巻5号, 2009年, pp422-423.
8. 中高生の陸上競技後の過呼吸. 『日本医事新報』, 日本医事新報社, 2008年, pp96-97.
9. 運動時の呼吸調節. 『睡眠時無呼吸症候群-循環器医必須知識』, メジカルビュー社, 2008年, pp30-38.
10. 呼吸調節のメカニズム. 『運動時の呼吸調節:睡眠時無呼吸症候群-診断から治療まで』, Heart View. メジカルビュー社,2006年, pp98-105.
11. 健康・スポーツの科学-幼児から高齢者まで. 明伸社.1992年
論文 学術論文
【2015年度】
1. Miyamoto T, Nakahara S, Ueda K, Manabe K, Kawai H, Kawada T, Sugimachi M. Periodic breathing in heart failure explained by dynamic and static properties of respiratory control. Clin Med Insights Cardiol. 29: 133-142, 2015.
2. Nakahara H, Kawada T, Ueda S, Kawai E, Yamamoto H, Sugimachi M. Miyamoto T. Electroacupuncture most effectively elicits depressor and bradycardic responses at 1 Hz in humans. Auton Clin Res. 26: 59-66, 2015.
3. Ogoh S, Sugawara J, Hirasawa A, Nakahara S, Ueda K, Shoemaker JK, Miyamoto T. The effect of an acute increase in central blood volume on the response of cerebral blood flow to acute hypotension. J Appl Physiol. 119:527-33, 2015.
4. Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Sadamoto T, Shibasaki M. Blood flow in internal carotid and vertebral arteries during graded lower body negative pressure in humans. Exp Physiol, 100: 259-266, 2015.
5. Kawai E, Nakahara S, Ueda K, Miyamoto T. Effect of inhalation of different concentrations of grapefruit essential oil on cardiorespiratory function. Proc Life Engineering. 15: 344-348, 2015.

【2014年度】
1. Miyamoto T, Bailey DM, Nakahara H, Inagaki, M, Ogoh S. Manipulation of central blood volume and implications for respiratory chemoreflex control function. Am J Physiol. Heart Cir. Physiol, 306: H1669-1678, 2014.
2. Nakahara H. Ueda S. MiyamotoT. Low-Frequency severe-intensity interval training improves cardiorespiratory functions. Med Sci Sports Exerc. 47: 789-798, 2014.
3. Ogoh S, Nakahara H, Ueda S, Okazaki K, Shibasaki M, Subudhi A, Miyamoto T. Effects of acute hypoxia on cerebrovascular responses to carbon dioxide. Exp Physiol. 99: 849-858, 2014.
4. Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Shibasaki M. Hyperthermia modulates regional differences in cerebral blood flow to changes in CO2. J Appl Physiol. 117: 46-52, 2014.
5. Manabe K, Nakahara H, Ueda S, Kawai E, Miyamoto T. Quantitative analysis of respiratory operating point during exercise: Development of a rat model of mimicked exercise under anesthesia. Proc Life Engineering. 14: 39-43, 2014.
6. Kawai E, Nakahara S, Ueda K, Manabe K, Miyamoto T. Quantitative analysis of cardiorespiratory response to odor stimulation by inhaling sweet majoram essential oil. Proc. Life Engineering. 14: 48-51, 2014.

【2013年度】
1. Ogoh S, Nakahara H, Okazaki K, Bailey DM, Miyamoto T. Cerebral hypoperfusion modifies the respiratory chemoreflex during orthostatic stress. Clin Sci (Lond). 125:37-44, 2013.
2. Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Shibasaki. J. Blood flow distribution during heat stress: cerebral and systemic blood flow. Cerebral Blood Flow & Metabolism, 33: 1915-1920, 2013.
3. Ueda S, Miyamoto T, Nakahara H, Shishido T, Usui T, Katsura Y, Yoshikawa T Fujimoto S. Effects of exercise training on gut hormone levels after a single bout of exercise in middle-aged Japanese women. Springer Plus 2: 83, 2013.
4. Ogoh S, Sato K, Nakahara H, Okazaki K, Subudhi AW, Miyamoto T. Effect of acute hypoxia on blood flow in vertebral and internal carotid arteries. Exp Physiol. 98: 692-698, 2013.

【2012年度】
1. Miyamoto T, Inagak M, Takaki H, Kawada T, Shishido T, Kamiya A, Sugimachi M. Adaptation of the respiratory controller contributes to the attenuation of exercise hyperpnea in endurance-trained athletes. Eur J Appl Physiol.112:237-51, 2012.

【2011年度】
1. Mizuno M, Kawada T, Kamiya A, Miyamoto T, Shimizu S, Shishido T, Smith SA, Sugimachi M. Exercise training augments the dynamic heart rate response to vagal but not sympathetic stimulation in rats. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 300: R969-R977. 2011.

【2010年度】
1. 宮本忠吉, 中原英博, 宍戸稔聡, 川田徹. 呼吸循環制御の動作原理から見た慢性心不全病態の定量的理解.『第25回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 229-232, 2010
2. 中原英博, 川田徹, 山本裕美, 杉町勝, 宮本忠吉. 低周波鍼通電刺激がヒトの心拍反応に及ぼす影響-再現性及び鍼刺入深度による影響の検討-.『循環制御』, pp, 229-232, 2010.
3. Mizuno M, Kawada T, Kamiya A, Miyamoto T, Shimizu S, Shishido T, Smith SA, Sugimachi M. Dynamic characteristics of heart rate control by the autonomic nervous system in rats. Exp Physiol. 95:919-925, 2010.
4. Ogoh S, Nakahara H, Ainslie PN, Miyamoto T. The effect of oxygen on dynamic cerebral autoregulation; critical role of hypocapnia. J Appl Physiol. 108: 538-543, 2010
5. 中原英博, 宮本忠吉. 短期間・低頻度の高強度持続的インターバルトレーニングが呼吸循環機能に及ぼす影響.『第25回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 117-120, 2010.
6. 中西康人, 中原英博, 外林大輔, 宮本忠吉. 動的運動に対する呼吸循環系の見込み応答.『第25回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 121-124, 2010

【2009年度】
1. 宮本忠吉, 三木屋良輔, 中原英博.静水圧による循環動態の変化がヒト化学反射系の換気決定機構に及ぼす影響. 『第24回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 121-124, 2009
2. Kawada T, Shimuzu T, Yamamoto H, Shishido T, Kamiya A, Miyamoto T, Sunagawa K, Sugimachi M. Servo-Controlled Hind-Limb Electrical Stimulation for Short-Term Arterial Pressure Control. Circ J. May;73(5):851-9, 2009
3. 中原英博, 川田徹, 山本裕美, 杉町勝, 宮本忠吉. 低周波鍼通電刺激は心拍数及び血圧反応の抑制効果をもたらす.『第24回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 125-126, 2009
4. Ogoh S, Ainslie PN, Miyamoto T. Onset responses of ventilation and cerebral blood flow to hypercapnia in humans: rest and exercise. J Appl Physiol. 106: 880-886, 2009
5. 林直亨, 宮本忠吉.週1回の大学授業における筋力トレーニングが筋力に与える影響. 林直亨, 宮本忠吉. 体育学研究 54:137-142, 2009

【2008年度】
1. Miyamoto T, Kawada T, Yanagiya Y, Akiyama T, Kamiya A, Mizuno M, Takaki H, Sunagawa K, Sugimachi M. Contrasting effects of presynaptic alpha2-adrenergic autoinhibition and pharmacologic augmentation of presynaptic inhibition on sympathetic heart rate control. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2008 Nov;295(5):H1855-66.
2. Ogoh S, Hayashi N, Inagaki M, Ainslie PN, Miyamoto T. Interaction between the ventilatory and cerebrovascular responses to hypo- and hypercapnia at rest and during exercise. J Physiol. 2008 Sep 1;586(Pt 17):4327-38.
3. Sugimachi M, Kawada T, Yamamoto H, Kamiya A, Miyamoto T, Sunagawa K. Modification of autonomic balance by electrical acupuncture does not affect baroreflex dynamic characteristics. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 2008;1:1981-4.
4. Mizuno M, Kamiya A, Kawada T, Miyamoto T, Shimizu S, Shishido T, Sugimachi M. Accentuated Antagonism in Vagal Heart Rate Control Mediated through Muscarinic Potassium Channels. J Physiol Sci. 2008 Dec;58(6):381-8.
5. Hayashi N, Ogoh S, Ainslie PN, Miyamoto T. Cerebral blood flow reactivity to CO2 during exercise. The FASEB Journal. 2008;22:737.40.

【2007年度】
1. Miyamoto T, Kawada T, Sugimachi M. Quantitative analysis of respiratory chemoreflex system in rats with chronic heart failure -analytical approach to underlying mechanism of ventilatory abnormality-. The FASEB Journal. 2007;21:918.8
2. Miyamoto T, Kawada T, Sugimachi M. Strenuous Regular Exercise Training Almost Abolishes the Exercise-induced Shift of Central Ventilation Controller, thus Attenuating Exercise Hyperpnea. The FASEB Journal. 2007;21:918.7
3. 宮本忠吉. 「運動時の生体呼吸調節システムの安定性と速応性機能の定量解析を用いた新しいトレーニング評価システムの開発-システム制御理論のスポーツ科学への応用-」  『上月財団スポーツ研究助成論文』 pp, 1-15, 2007
4. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 川田徹, 宍戸稔聡, 神谷厚範,杉町勝. 呼吸化学調節系の動特性の定量評価. 『生体医工学』第45巻, pp, 145, 2007
5. 宮本忠吉, 山元健太, 神谷厚範, 高木洋, 杉町勝. 持久性トレーニングによる運動時換気応答の抑制には中枢性(脳)の適応メカニズムがどの程度関与するのか?.『デサントスポーツ科学』第28巻, pp127-135, 2007.
6. Mizuno M, Kamiya A, Kawada T, Miyamoto T, Shimizu S, Sugimachi M. Muscarinic potassium channels augment dynamic and static heart rate responses to vagal stimulation. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2007 Sep;293(3):H1564-70. Epub 2007 May 25.
7. Kawada T, Miyamoto T, Li M, Kamiya A, Sugimachi M. Dynamic characteristics of sympathetic nerve activity response to electroacupuncture at Zusanli in anesthetized cats. The FASEB Journal. 2007;21:751.4

【2006年度】
1. Miyamoto T, Inagaki M, Takaki H, Kamiya A, Kawada T, Shishido T, Sugimachi M, Sunagawa K. Sensitized central controller of ventilation in rats with chronic heart failure contributes to hyperpnea little at rest but more during exercise. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 2006;1:4627-30.
2. Miyamoto T, Oshima Y, Ikuta K, Kinoshita H. The heart rate increase at the onset of high-work intensity exercise is accelerated by central blood volume loading. Eur J Appl Physiol. 2006 Jan;96(1):86-96.
3. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 川田徹, 宍戸稔聡, 神谷厚範, 砂川賢二,杉町勝. 心不全ラットにおける呼吸化学調節系の定量評価-呼吸異常のメカニズム解明への解析的アプローチ-.『生体医工学』第44巻, pp, , 2006
4. Nakahara H, Miyamoto T, Nakanishi Y, Kinoshita H. Time course of blood pressure changes immediately after maximal exercise. J Sports Med Phys Fitness. 2006 Dec;46(4):605-10.
5. Kamiya A, Kawada T, Mizuno M, Miyamoto T, Uemura K, Seki K, Shimizu S, Sugimachi M. Baroreflex increases correlation and coherence of muscle sympathetic nerve activity (SNA) with renal and cardiac SNAs. J Physiol Sci. 2006 Oct;56(5):325-33. Epub 2006 Sep 9.
6. Kawada T, Miyamoto T, Miyoshi Y, Yamaguchi S, Tanabe Y, Kamiya A, Shishido T, Sugimachi M. Sympathetic neural regulation of heart rate is robust against high plasma catecholamines. J Physiol Sci. 2006 Jun;56(3):235-45. Epub 200

【2005年度】
1. Kamiya A, Kawada T, Yamamoto K, Michikami D, Ariumi H, Miyamoto T, Shimizu S, Uemura K, Aiba T, Sunagawa K, Sugimachi M. Dynamic and static baroreflex control of muscle sympathetic nerve activity (SNA) parallels that of renal and cardiac SNA during physiological change in pressure. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2005 Dec;289(6):H2641-8. Epub 2005 Jul 29.
2. Kamiya A, Kawada T, Yamamoto K, Michikami D, Ariumi H, Miyamoto T, Uemura K, Sugimachi M, Sunagawa K. Muscle sympathetic nerve activity averaged over 1 minute parallels renal and cardiac sympathetic nerve activity in response to a forced baroreceptor pressure change. Circulation. 2005 Jul 19;112(3):384-6. Epub 2005 Jul 5.
3. Kamiya A, Hayano J, Kawada T, Michikami D, Yamamoto K, Ariumi H, Shimizu S, Uemura K, Miyamoto T, Aiba T, Sunagawa K, Sugimachi M. Low-frequency oscillation of sympathetic nerve activity decreases during development of tilt-induced syncope preceding sympathetic withdrawal and bradycardia. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2005 Oct;289(4):H1758-69. Epub 2005 Jun 3.
4. Kamiya A, Kawada T, Yamamoto K, Michikami D, Ariumi H, Uemura K, Zheng C, Shimizu S, Aiba T, Miyamoto T, Sugimachi M, Sunagawa K. Resetting of the arterial baroreflex increases orthostatic sympathetic activation and prevents postural hypotension in rabbits. J Physiol. 2005 Jul 1;566(Pt 1):237-46. Epub 2005 May 5.6 Jul 7.

【2004年度】
1. Miyamoto T, Inagaki M, Takaki H, Kawada T, Yanagiya Y, Sugimachi M, Sunagawa K. Integrated characterization of the human chemoreflex system controlling ventilation, using an equilibrium diagram. Eur J Appl Physiol. 2004 Dec;93(3):340-6.
2. Miyamoto T, Kawada T, Yanagiya Y, Inagaki M, Takaki H, Sugimachi M, Sunagawa K. Cardiac sympathetic nerve stimulation does not attenuate dynamic vagal control of heart rate via alpha-adrenergic mechanism. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2004 Aug;287(2):H860-5. Epub 2004 Mar 11.
3. 宮本忠吉, 高木洋, 稲垣正司, 川田徹, 柳谷雄介, 杉町勝, 砂川賢二.運動時の呼吸化学調節フィードバックシステムの定量評価-運動時換気決定機構解明への解析的アプローチ-. 『心臓』第36巻, SUPPL 2, pp, 24-26, 2004
4. Kawada T, Miyamoto T, Uemura K, Kashihara K, Kamiya A, Sugimachi M, Sunagawa K. Effects of neuronal norepinephrine uptake blockade on baroreflex neural and peripheral arc transfer characteristics. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2004 Jun;286(6):R1110-20. Epub 2004 Feb 12.
5. Yamamoto K, Kawada T, Kamiya A, Takaki H, Miyamoto T, Sugimachi M, Sunagawa K. Muscle mechanoreflex induces the pressor response by resetting the arterial baroreflex neural arc. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2004 Apr;286(4):H1382-8. Epub 2003 Nov 20.

【2003年度】
1. Miyamoto T, Kawada T, Takaki H, Inagaki M, Yanagiya Y, Jin Y, Sugimachi M, Sunagawa K. High plasma norepinephrine attenuates the dynamic heart rate response to vagal stimulation. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2003 Jun;284(6):H2412-8. Epub 2003 Feb 21.
2. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 川田徹, 柳谷雄介, 杉町勝, 砂川賢二.運動時換気亢進のメカニズム解明への解析的アプローチ-平衡線図解析法による呼吸化学調節系の定量評価-.『生体医工学』第41巻, pp, 590, 2003
3. Mimura T, Tanaka, S, Ishihara K, Wadazumi T, Miyamoto T, Fujiwara H, Fujimoto S. Relationships among muscle oxygenation, blood lactate concentration, and substrate utilization during prolonged exercise below anaerobic threshold. Adv Exerc Sports Physiol, 9, 111-117, 2003.
4. Kawada T, Yanagiya Y, Uemura K, Miyamoto T, Zheng C, Li M, Sugimachi M, Sunagawa K. Input-size dependence of the baroreflex neural arc transfer characteristics. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2003 Jan;284(1):H404-15. Epub 2002 Sep 26.
5. 山元健太, 川田徹, 神谷厚範, 高木洋,宮本忠吉,杉町勝, 砂川賢二.筋機械受容器反射は動脈圧反射における中枢弓の利得を増加させる.『第18回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 391-392, 2003
6. 川田徹, 宮本忠吉, 砂川賢二. 自律神経による心拍数調節のシステム解析と逆問題.『循環制御』第24巻, pp220-225, 2003.

【2002年度】
1. Miyamoto T, Oshima Y, Tanaka S, Fujimoto S. Oxygen uptake kinetics under hypoxia and hyperoxia at the starting of and recovery phases of treadmill exercise. Jpn J Appl Physiol, 32 197-205, 2002.
2. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 宍戸稔聡, 柳谷雄介, 川田徹, 杉町勝, 砂川賢二. 呼吸の化学調節フィードバックシステムの定量解析.『第17回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 391-392, 2002
3. Kawada T, Yamazaki T, Akiyama T, Mori H, Uemura K, Miyamoto T, Sugimachi M, Sunagawa K. Disruption of vagal efferent axon and nerve terminal function in the postischemic myocardium. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2002 Dec;283(6):H2687-91. Epub 2002 Aug 29.
4. Kawada T, Zheng C, Yanagiya Y, Uemura K, Miyamoto T, Inagaki M, Shishido T, Sugimachi M, Sunagawa K. High-cut characteristics of the baroreflex neural arc preserve baroreflex gain against pulsatile pressure. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2002 Mar;282(3):H1149-56.
5. 川田徹, 上村和紀, 宮本忠吉, 杉町勝, 砂川賢二. 動脈圧反射中枢弓の静特性及び動特性の一元的モデル化.『循環制御』第23巻, pp278-283, 2002
6. 李梅花, 鄭燐, 川田徹, 稲垣正司, 宮本忠吉, 佐藤隆幸, 杉町勝, 砂川賢二. Vagal stimulation markedly lessen acute mortality rate due to myocardial infarction in anesthetiszed and conscious rats.『第17回生体・生理工学シンポジウム論文集』pp, 391-392, 2002

【2001年度】
1. 宮本忠吉, 中西康人, 木下 博. 運動後の疲労回復過程に及ぼす中心循環血液量増加の生理学的効果.『デサントスポーツ科学』第22巻, pp127-138, 2001
2. Kawada T, Yamazaki T, Akiyama T, Shishido T, Inagaki M, Uemura K, Miyamoto T, Sugimachi M, Takaki H, Sunagawa K. In vivo assessment of acetylcholine-releasing function at cardiac vagal nerve terminals. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2001 Jul;281(1):H139-45.
3. 藤本繁夫, 田中繁宏, 石原一成, 三村達也, 大島秀武, 宮本忠吉. 生涯の健康維持のための運動の動機づけについて.『大阪市立大学保健体育学研究紀要』第37巻, pp1-5, 2001

【2000年度】
1. 宮本忠吉, 木下 博, 生田香明. 中心血液量と運動強度との相互作用が運動中および運動後の心循環系機能に及ぼす影響.『健康医科学』, 第15巻, pp128-141, 2000
2. 三村達也, 石原一成, 田中繁宏, 藤本繁夫, 宮本忠吉. 定常負荷運動開始時の近赤外線分光法による筋内酸素動態の検討-VO2時定数および無酸素性作業閾値との関係-.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第10巻, pp41-42, 2000

【1999年度】
1. Watanabe H, Miyagawa T, Nishimura N, Fujimoto S, Miyamoto T. Cardiopulmonary responses and leg muscle activities to treadmill walking in water at various depths. Jpn J Appl Physiol, 29-246, 1999.
2. 弘原海剛, 木村穣, 大島秀武, 宮本忠吉, 田中繁宏, 藤本繁夫. ランプ負荷運動に伴う近赤外分光法(NIRS)の筋内酸素濃度動態の検討-評価方法の試作と運動能力との関連について.『体力科学』第48巻, pp125-136, 1999

【1998年度】
1. Oshima Y, Tanaka S, Miyamoto T, Wadazumi T, Kurihara N, Fujimoto S. Effects of endurance training above the anaerobic threshold on isocapnic buffering phase during incremental exercise in middle-distance runners. Jpn J Phys Fitness Sports Med, 47, 43-52, 1998.
2. 弘原海剛, 田中繁宏, 大島秀武, 藤本繁夫, 宮本忠吉, 木村穣. 高酸素及び低酸素吸入下のランプ負荷運動に伴う下肢筋内酸素濃度動態の解析の試み.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第8巻, pp23-25, 1998
3. 大島秀武, 田中繁弘, 宮本忠吉, 弘原海剛, 藤本繁夫. 運動中断時の負荷量の差が回復期の呼吸パターンおよび酸素摂取量の回復動態に及ぼす影響.『日本臨床生理学会雑誌』 第28巻, pp211-219, 1998

【1997年度】
1. Oshima Y, Miyamoto T, Tanaka S, Wadazumi T, Kurihara N, Fujimoto S. Relationship between isocapnic buffering and maximal aerobic capacity in athletes. Eur J Appl Physiol Occup Physiol. 1997;76(5):409-14.
2. 大島秀武, 田中繁宏, 宮本忠吉, 弘原海剛, 栗原直嗣, 藤本繁夫. 最大運動負荷後の酸素摂取量の回復動態と血中乳酸, グルコースおよびアラニンの関係.『体力科学』第46巻, pp479-488, 1997
3. 弘原海剛, 木村穣, 大島秀武, 宮本忠吉, 田中繁宏, 藤本繁夫. 近赤外分光法による運動負荷時酸素動態の体力指標としての有用性. Ther. Res., 18, 156-158, 1997
4. 田中繁宏, 藤本繁夫, 大島秀武, 宮本忠吉, 弘原海剛, 澤田千栄, 松岡愛, 早川公康. がん告知に関する健常学生での意識調査.『CAMPUS HEALTH』第33巻, pp76-81, 1997

【1996年度】
1. 宮本忠吉, 田中繁弘, 大島秀武, 栗原直嗣, 前田如矢, 藤本繁夫. TreadmillによるStep 負荷時のVO2-kinetics の解析方法の検討-呼吸移動平均に関して-. 『日本臨床生理学会雑誌』 第26巻, pp293-300, 1996
2. 宮本忠吉, 田中繁宏, 大島秀武, 弘原海剛, 前田如矢, 藤本繁夫. 定常負荷運動後のVO2およびVCO2の回復曲線の検討.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第6巻, pp53-55, 1996
3. Wadazumi T, Kimura Y, Oshima Y, Miyamoto T, Tanaka S. Fujimoto S. Differences in breakpoint patterns in the muscle oxygenation curve measured by NIRS during ramp exercise. Ther Res, 17, 153-157, 1996.
4. 藤本繁夫, 田中繁宏, 宮本忠吉, 大島秀武, 栗原直嗣, 前田如矢. 呼吸器疾患とレジスタンストレーニング. 『体力科学』 第45巻, pp49-50, 1996.
5. 田中繁宏, 宮本忠吉, 大島秀武, 弘原海剛, 早川公康, 松岡愛, 澤田千栄, 藤本繁夫. 運動誘発性喘息をもつスポーツ選手と運動指導に関する一考察.『大阪市立大学保健体育学研究紀要』第32巻, pp19-23, 1996
6. 弘原海剛, 大島秀武, 宮本忠吉, 木村穣, 田中繁宏, 藤本繁夫. 近赤外分光法(NIRS)からみた筋肉内酸素動態に及ぼす有酸素トレーニングの影響.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第6巻, pp57-59, 1996.
7. 藤本繁夫, 田中繁宏, 宮本忠吉, 大島秀武, 栗原直嗣. 心拍数と血圧に及ぼす水圧の影響.『デサントスポーツ科学』第17巻, pp34-40, 1996.
8. 藤本繁夫, 宮本忠吉, 田中繁宏, 大島秀武, 栗原直嗣, 前田如矢. 水中歩行運動時の換気効率に及ぼす影響-陸上歩行時との比較.『臨床スポーツ医学会誌』第13巻, pp547-552, 1996.

【1995年度】
1. Miyamoto T, Fujimoto S, Kushibuti Y, Kurihara N, Maeda K. Effects of treadmill walking in water on ventilatory response in obese subjects. Jpn J Appl Physiol. 25, 1-7, 1995.
2. 宮本忠吉, 藤本繁夫, 田中繁宏, 大島秀武, 栗原直嗣, 前田如矢. 健常者の水中歩行時の呼吸循環応答に及ぼす体重差の影響.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第5巻, pp63-66, 1995
3. 渡辺一志, 宮側敏明, 藤本繁夫, 宮本忠吉, 西村直記. 水中トレッドミル歩行時の呼吸循環機能ならびに下肢筋活動に及ぼす水位の影響.『デサントスポーツ科学』第16巻, pp252-259, 1995
4. 渡辺一志, 宮側敏明, 宮本忠吉, 西村直記, 藤本繁夫. 水中および陸上トレッドミル歩行における下肢筋活動.『大阪市立大学保健体育学研究紀要』 第31巻, pp1-7, 1995
5. 田中繁弘, 宮本忠吉, 大島秀武, 藤本繁夫. 降圧薬短期内服によりVO2-kinetcs の時定数が変化した本態性高血圧患者の一例-定常負荷におけるCa拮抗薬, β遮断薬, ACE阻害薬内服の影響-.『大阪市立大学保健体育学研究紀要』 第31巻, pp9-13, 1995
6. 藤本繁夫, 田中繁宏, 宮本忠吉, 大島秀武, 栗原直嗣, 前田如矢. 運動負荷時のO2-kinetcsに及ぼす下肢陽圧の影響.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第5巻, pp59-61, 1995
7. 渡辺一志, 宮側敏明, 荻田亮, 上野憲彦, 宮本忠吉, 西村直記. フォワードとバックワード歩行における呼吸循環応答ならびに下肢筋活動の比較.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第5巻, pp67-69, 1995

【1994年度】
1. 宮本忠吉, 藤本繁夫, 櫛渕由香里, 渡辺一志, 宮側敏明, 栗原直嗣, 前田如矢. 健常人における水中歩行時のVentilatory Thresholdの検討-陸上運動との比較-.『日本臨床生理学会雑誌』 第24巻, pp221-227, 1994
2. 宮本忠吉, 藤本繁夫, 栗原直嗣, 金尾顕郎, 辻英次, 前田如矢. 健常者における頚椎水位と横隔膜水位の動的および静的肺機能に及ぼす影響. 『体力科学』 第43巻, pp155-161, 1994.
3. 宮本忠吉, 大島秀武, 重松良祐, Yuval Bar-Or, 三村寛一.柔道選手のAnaerobic Thresholdからみた乱取り練習中の運動強度に関する検討.『大阪教育大学紀要』 第Ⅳ部門 第43巻 第2号 pp91-100, 1994
4. 宮本忠吉, 大島秀武, 重松良祐, 三村寛一. 大学柔道選手の形態および運動機能特性.『大阪教育大学紀要』 第Ⅳ部門 第42巻 第2号 pp273-283, 1994
5. 宮本忠吉, 藤本繁夫, 栗原直嗣, 櫛渕由香里, 渡辺一志, 宮側敏明, 前田如矢. 肥満症例における水中歩行時の換気反応の特徴-陸上運動との比較-.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第4巻, pp107-109, 1994
6. 仲田秀臣, 三村寛一, 宮本忠吉, 八木田恭輔, 作山欽治, 前田如矢. 一流女子長距離選手における心エコー図所見の特徴. 『大阪体育学研究』 第33巻, pp10-18, 1994
7. 櫛渕由香里, 藤本繁夫, 宮本忠吉, 前田如矢. 肥満者の陸上歩行時における換気反応の検討.『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』第4巻, pp103-105, 1994

研究業績 1. 「システム定量解析を用いた運動時換気亢進の病態生理機構の解明」. 平成27年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[B])代表
2. 「呼吸循環代謝システムの長期トレーニング適応における順序発現機構の解明」. 平成27年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[C])分担
3. 「運動習慣が脳循環動態・脳循環調節機能に及ぼす影響:脳疾患予防の基礎的研究」. 平成24年度 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[B])分担
4. 「脳卒中に伴う摂食嚥下障害発生機構の神経解剖学的解明」平成24年度 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[C])分担
5. 「運動と中心循環の相互因子が呼吸化学調節系の動的フィードバック制御機能に及ぼす影響」. 平成22年度 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[C])代表
6. 「システム生理学的アプローチを用いた生体呼吸調節系の運動トレーニング適応機構の解明」. 平成19年度 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[C])代表
7. 「中心循環血液量の増加がヒトの運動中および運動後の呼吸循環代謝系機能に及ぼす影響」. 平成11年度 文部科学省科学研究費補助金奨励研究. 代表

一覧へ戻る

入学・入試案内
看護学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ