医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

地域連携・イベント

地域子育て支援プロジェクト「もりもりひろば」

近隣に暮らす子育て奮闘中のお母さんやご家族を応援する地域子育て支援プロジェクト。看護学科の教員が中心となって絵本の読み聞かせや、親子遊びなど、楽しみながら地域や親子の絆を深められる参加型の教室です。親子の交流だけでなく、教員による育児に関するアドバイスを受けたり、母親同士が交流したりすることも可能。毎回工夫を凝らしたテーマを設定し、健康教育や育児に関する情報なども発信しています。

2019年度「もりもりひろば」スケジュール&テーマ

[時間]全日程 10:00~12:00

※開催日・内容は変更することがあります。

大阪急性期・総合医療センター/大阪国際がんセンター×森ノ宮医療大学「市民公開講座」

相互連携協定を締結している大阪急性期・総合医療センターや大阪国際がんセンターと連携し、さまざまな病気やケガをテーマに公開講座を開催しています。同センターで活躍する医師による基調講演のほか、本学の研究者も各学科の特性を活かしたアプローチ方法を紹介し、皆さんの健康に役立つ情報を発信しています。

2019年度「市民公開講座」スケジュール&テーマ
開催日 テーマ
第1回 4月14日(日) 10:00~12:00 「物忘れ」
第2回 6月16日(日) 10:00~11:50 「診療放射線学の進歩」
第3回 10月27日(日) 13:30~15:30 「がん診療の最前線」
<過去のテーマ>

「命を守る臨床工学」「パーキンソン病」「高齢者と眼疾患」「骨粗しょう症」「乳がん」「関節リウマチ」「胃がん」「臨床検査の進歩」「心不全」「高齢者の耳鼻科疾患」など

介護予防教室「ほほえみクラブ」

高齢化の進行に伴い、本学では地域支援事業として高齢者の方を対象に介護予防教室を開催。本学の教員が連携し、「認知症予防」や「ツボ講座」「ソフトマッサージ」「介護職の試食会」など、さまざまな取組みを行っています。また、参加者同志が情報交換できるカフェも準備しています。本学が拠点となり、参加者が気軽に寄り合えるので、地域のコネクションを広げる場としても活用されています。

時間
午前10時30分~午後12時30分
内容
「スリーA認知症予防ゲーム」を中心に各専門分野からのアプローチで健康をサポート
場所
西棟3階 地域老年実習室
  開催日 内容
第1回 4月20日 ・スリーA
・たっぷりスリーA認知症予防ゲーム
第2回 5月18日 ・スリーA
・「擦過鍼で認知症予防ー認知症知らずでほほえんで生きるー」(鍼灸学科教員)
第3回 6月15日 ・スリーA
・タッピングタッチ
第4回 7月20日 ・スリーA
・「ニューロダンス!日常生活をリフレッシュ」(作業療法学科教員)
第5回 8月17日 ・スリーA
・たっぷりスリーA認知症予防ゲーム
第6回 9月21日 ・スリーA
・「チェアーヨガを体験して、呼吸と簡単な動作を合わせ、心と身体を整えましょ」(看護学科教員)
第7回 10月19日 ・スリーA
・「より良く歩くためのトータルエクササイズ①」(理学療法学科教員)
第8回 11月16日 ・スリーA
・「より良く歩くためのトータルエクササイズ②」(理学療法学科教員)
第9回 12月21日 ・スリーA
・たっぷりスリーA認知症予防ゲーム
第10回 1月18日 ・スリーA
・「転倒予防 認知症予防のための棒体操」(作業療法学科教員)
第11回 2月15日 ・スリーA
・たっぷりスリーA認知症予防ゲーム
第12回 3月21日 ・スリーA
・「栄養をバランスよく」(管理栄養士)

参加料は無料、申し込みは不要です。ご近所お誘いの上お越しください。

お問い合わせ:06-6616-6911(大巻、外村)

学術セミナー

大学における研究の促進・活性化を目的に、さまざまな分野で活躍する教員や外部講師らによる学術セミナーを本学キャンパスで定期的(月1回)に開催しています。このセミナーでは、学科・専門分野の垣根を超え、異なる専門研究分野についての知識を深めることで、さらなる研究の推進を図っています。また、学生も研究者の最先端のテーマを自由に聴講できることから、学生たちの医療へのさらなる興味と医学の深さを知る良い機会ともなっています。

【過去のテーマ】「ハイリスク新生児の発達支援」、「准看護師の看護師教育課程(通信制)進学に関する実態」、「骨格筋萎縮と治療の再考」、「根拠を見出すための医学的研究デザイン」、「経穴解剖学あれこれ」、「看護学生におけるコミュニケーション基礎力」、「Systematic review and meta-analysis in the field of integrative medicine」、「運動分析:どこまで、何がわかるのか」、「リラクゼーション法の研究開発」、「病態分子メカニズム解明と分子治療戦略」、「お灸の抗炎症効果」、「足の解剖とバイオメカニクス」、「新人を指導する看護師を選定する看護師長の判断基準」 など

森ノ宮医療大学卒後教育センター

2015年度より発足し、現在は看護師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・臨床工学技士・鍼灸師を養成する6学科の教員が垣根を超えた卒後教育に取り組んでいます。2020年度以降は新たに開設する診療放射線学科の教員も含め、活動をより充実させる予定です。卒業して患者さんを担当し始めたとき、新人を指導し始めたとき、職場の管理を任されるようになったとき、ありとあらゆるタイミングでもう一度しっかりと勉強したいと感じることがあるはずです。卒後教育センターでは、そのような卒業生のみなさんをはじめ、地域の医療従事者のみなさんのご要望に応えられるように、さまざまなイベントを企画しています。

卒後教育センターの主な取り組み
森ノ宮医療大学学術大会

各学科による演題発表やフリーディスカッション、外部講師による特別講演などからなる学術大会は、卒業生だけでなく、在学生や医療関係者の方々も数多く来場されます。

2018年度テーマ:
  • 「これからの医療をつなぐ ‐地域と医療職のちから‐」
2019年度テーマ:
  • 「多職種でみる心不全 ‐急性期~慢性期‐」
研修会
  • 理学療法部門 「森ノ宮適塾研修会」
  • 作業療法部門 「アップデート研修会」
  • 看護部門 「学術セミナー&卒後教育セミナー」など
Athlete medical care meeting

スポーツ選手を対象にした理学療法士や鍼灸師、柔道整復師、アスレティックトレーナーが集い、専門性の垣根を超えて互いを理解し、アスリートを適切にサポートする環境づくりが目的の研修会です。

2018年度テーマ:
  • 「障害予防のためのMedical & Physical Check」
RUSI Workshop

RUSI(Rehabilitative UltraSound Imaging)とは、超音波画像診断装置(US)をリハビリテーションの評価や治療に用いること。①USの特徴と使用方法、②RUSIの最新の報告、③運動器のUSの診方についてのワークショップを実施しています。

研修鍼灸師制度

本学附属鍼灸施術所「はり・きゅうコスモス治療院」で卒業後、研修鍼灸師の受入れを行っています。

森ノ宮医療大学卒後教育センター

咲洲こどもフェスタ

大阪の未来を担う子どもの創造力を育み、子どものチャレンジを応援するイベント。今年は本学からは「心肺蘇生&AED講習会」などを出展。子どもから大人まで多くの人が参加されました。

<その他本学が協力・協賛している地域イベント>
  • 舞洲みんなのマラソン(舞洲スポーツアイランド)
  • 住之江区民マラソン(住之江区主催)
入学・入試案内
看護学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
診療放射線学科
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 看護学専攻
指導教員
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ