運動療法エビデンス
研究チーム
Therapeutic exercise research laboratory

インクルーシブな考えで運動療法を見える化

運動療法の専門家である理学療法士と臨床工学技士や分子病態学の専門家、解剖学の専門家が集まっています。
臨床で効果のある運動療法を行っている最中に何が起こっているか?バイオメカニクスの観点や分子病態学の観点で調査することで、病態を明らかにして、近未来型の運動療法の確立をめざしています。

研究のポイント

私たちが考える近未来型の運動療法は以下の3点を重視しています。

  1. 基礎医学に基づく
  2. 最新のテクノロジー
  3. これまでの限界を破る

理学療法で行う運動療法は科学的でなくては、対象者に自信をもって処方することができません。特に医学の中の理学療法と考えると、基礎医学に基づく必要があります。私たちは解剖学や生理学に基づいた運動療法を考えています。さらに高解像度の超音波画像をはじめとした医療画像や仮想空間、慣性センサーといった新しい技術を積極的に応用します。そのためには、理学療法士だけではなく、専門の違う多職種と連携し、現在の運動療法をリードする研究を発信します。

私たちはこれまでの運動療法の壁を破り、より早く、より良い状態に対象者を導ける技術開発をめざします。

主たる研究業績

  1. Seated Virtual Reality-Guided Exercise Improved Gait in a Postoperative Hallux Valgus Case. Masami Nakamoto, Akihiro Kakuda, Toshinori Miyashita, Takashi Kitagawa, Masashi Kitano, Masahiko Hara, Shintarou Kudo International journal of environmental research and public health 18(24) 2021
  2. Spatial distribution of loose connective tissues on the anterior hip joint capsule: a combination of cadaveric and in-vivo study. Masahiro Tsutsumi, Akimoto Nimura, Hajime Utsunomiya, Shintarou Kudo, Keiichi Akita Scientific reports 11(1) 22813-22813 2021
  3. Assessment of walking disorder in community-dwelling Japanese middle-aged and elderly women using an inertial sensor. Toshinori Miyashita, Shintarou Kudo, Yoshihiro Maekawa PeerJ 9 e11269 2021