「診断」から「治療」までを担う、放射線診療のスペシャリストを養成

2024年4月、森ノ宮医療大学は3学部8学科を有する医療系総合大学へと進化し、深化する。

2024年4月、総合リハビリテーション学部に言語聴覚士を養成する「言語聴覚学科(仮称・設置構想中)」の設置を予定。
新学科設置によって、総合リハビリテーション学部には、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科(仮称)の3分野が揃います。この3学科が連携することで、リハビリテーション分野における本学の学びの領域は大きな広がりをみせ、さらに学びが深まります。
また、総合リハビリテーション学部だけではなく、大学全体としても新たな職種・領域が加わることで、本学の教育の特徴である「チーム医療教育」もより充実したものへと進化します。

話す、聞く、食べるの機能回復を支援する言語聴覚士を養成。

言語聴覚士とは

超高齢社会、小児の発達障害など、言語聴覚士の社会的ニーズは年々高まっており、活躍の場は広がっています。

小児から超高齢者まで幅広い年齢層を対象に、検査や訓練、助言などを行い、話す・聴く・食べるといった日常生活に欠かせない機能の回復や向上、社会復帰、発達を支援するのが言語聴覚士の仕事です。
失語症や構音障がいなどの言語障がい、聴覚障がい、嚥下障がい、言葉の発達の遅れ、声の障がいなどに問題をもつ方とご家族を支援します。医療機関だけでなく、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活躍できます。

医療技術の進歩に伴い、これまでは助からなかった命が救われる一方、障がいとともに生きる人が増える現代社会において、今後ますます言語聴覚士をはじめリハビリテーション職のニーズは高まると予想されます。また高齢者の暮らしを地域全体で支え合う「地域包括ケア」体制において言語聴覚士はその一端を担っており、活躍の場は広がっていくとみられています。

リハビリテーションの仕事は、単に症状に対する改善策を提供するだけでは成り立たず、豊かな人間性とコミュニケーション力を発揮して患者さんの気持ちに寄り添った対応が求められます。
コミュニケーションには、言葉だけではなく、思考、聴こえ、声の調子、表情、身振りなどさまざまな要素が含まれます。その複雑な障がい像を理解し、観察力や洞察力もフル活用しながら臨機応変に対応する言語聴覚士の業務は、AIには代替できない仕事だと考えられています。

言語聴覚士は、男女ともに活躍できる仕事ですが女性の比率が高い職種です。
それは、力仕事が少ないことが要因の一つと考えられます。また産休や育休に理解がある職場が多く、就業時間が規則的で基本的に夜勤がないため、女性が働きやすい環境が整っています。

例えばこんな支援を行います

脳卒中などにより話す・聞いて理解する・読み書きが困難な方

想定される症状

失語症

アプローチ方法

各種の言語機能検査を実施し、残された言語機能にも着目しながらコミュニケーション力の向上をめざす。

大学で学修する領域:失語・高次脳機能障害学(予定)

ろれつが回らない、喉頭がんなどで声が出ない方

想定される症状

構音障がい、音声障がい

アプローチ方法

麻痺した器官の機能訓練、食道発声法や人工喉頭などの代償法、文字盤やコンピュータなどのエイド(援助)も活用。

大学で学修する領域:言語聴覚障害学総論(予定)

病気や加齢により食べものを飲み込むことが困難な方

想定される症状

むせ込み、誤嚥性肺炎

アプローチ方法

観察、評価や検査、嚥下造影検査等から原因を特定し、訓練や環境調整を実施。

大学で学修する領域:発声発語・嚥下障害学(予定)

活躍の場

言語聴覚士によるリハビリテーション医療は、医師や歯科医師をはじめ、看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教育、心理専門職などと連携し、チームの一員として行われます。
活躍の場は、医療機関はもちろんのこと、福祉・介護施設、教育機関など多様な領域に広がっています。具体的には、総合病院や一般病院のリハビリテーション科、耳鼻咽喉科、口腔外科などの医療機関、福祉施設、保健所、教育機関など、さらには研究施設、言語聴覚士教育施設などがあります。

予想される就職先

一般的に病院等の医療機関が多いですが、保健・福祉、教育などの分野で活躍の場が拡大中です。

医療機関

  • ・大学病院
  • ・総合病院
  • ・診療所 など

保健施設

  • ・介護老人保健施設
  • ・デイケアセンター
  • ・小児デイケアセンター
    など

福祉施設

  • ・特別養護老人ホーム
  • ・デイサービスセンター
  • ・重症心身障害児施設
    など

教育機関

  • ・小中学校
  • ・特別支援学校
  • ・研究施設
  • ・言語聴覚士養成施設
    など

言語聴覚学科(仮称・構想中)
教育目標(育成する人材像)

チーム医療に貢献できる協調性とコミュニケーション力を有し、専門的な知識と技能および幅広い教養と豊かな感性を備え、科学的根拠に基づいて対象児・者が抱える問題の解決や支援のための言語聴覚療法を実践できる言語聴覚士の養成をめざします。

必要な専門知識と技能の修得はさることながら、それらを効果的かつ実践的に活用し、多職種連携の理解を深めたチーム医療に貢献できる人材を育成します。

主体的な学びや探求心・向上心により自己研鑽し、地域社会の人々の健康増進のために貢献できる言語聴覚士を育成します。

そもそも「リハビリテーション」とはラテン語が語源で「Re(再び)」「Habilis(適した)」「ation(状態)」が合わさった言葉で、「再びその人らしい状態にする」という意味を持っています。
3つのリハビリテーション職はそれぞれ異なる領域を担当し、互いに連携し一つのチームとなって「その人らしさ」を取り戻す手助けを行っていくため、相互理解が欠かせません。

理学療法士
身体動作を取り戻す
「動き」の専門家
作業療法士
日常生活で必要な動きを
改善する専門家

より日常的な内容を支援します

言語聴覚士
他者とのコミュニケーションを
取り戻す専門家

2024年4月
新たな学びの校舎が誕生

2024年4月、7つ目の棟となる新校舎を建設予定。新たに設置される言語聴覚学科(仮称・設置構想中)の
実習室のほか、全学部・学科の学生が利用でき、学生生活を豊かにする新たな空間が誕生します。

※新校舎の画像は計画中のため、変更となる可能性があります。

ページトップへ