「診断」から「治療」までを担う、放射線診療のスペシャリストを養成

話す、聞く、食べるの機能回復を支援する
言語聴覚士を養成。

2024年4月、総合リハビリテーション学部に言語聴覚士を養成する「言語聴覚学科(仮称・設置構想中)」の設置を予定。
新学科設置によって、総合リハビリテーション学部には、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科(仮称)の3分野が揃います。この3学科が連携することで、リハビリテーション分野における本学の学びの領域は大きな広がりをみせ、さらに学びが深まります。
また、総合リハビリテーション学部だけではなく、大学全体としても新たな職種・領域が加わることで、本学の教育の特徴である「チーム医療教育」もより充実したものへと進化します。

2024年、
森ノ宮医療大学は進化し、深化する。

3学科連携により学びが深まる
総合リハビリテーション学部

3学部8学科を有する医療系総合大学

言語聴覚士とは

超高齢社会、小児の発達障害など、
言語聴覚士の社会的ニーズは
年々高まっており、
活躍の場は広がっています。

仕事の内容

ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでそれらの機能が損なわれることがあります。言語聴覚士は、言語や聴覚に障がいをもった人に対し、機能の改善や維持、代わりとなる手段獲得などの訓練を行います。また、医師や歯科医師の指示のもと、嚥下訓練や人工内耳の調整も行います。患者さんのハンディキャップ軽減のために、家族などに情報提供や指導を行うことも大切な仕事となります。

活躍の場

言語聴覚士によるリハビリテーション医療は、医師や歯科医師をはじめ、看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教育、心理専門職などと連携し、チームの一員として行われます。活躍の場は、医療機関はもちろんのこと、福祉・介護施設、教育機関など多様な領域に広がっています。具体的には、総合病院や一般病院のリハビリテーション科、耳鼻咽喉科、口腔外科などの医療機関、福祉施設、保健所、教育機関など、さらには研究施設、言語聴覚士教育施設などがあります。

2024年4月
新たな学びの校舎が誕生

2024年4月、7つ目の棟となる新校舎を建設予定。新たに設置される言語聴覚学科(仮称・設置構想中)の
実習室のほか、全学部・学科の学生が利用でき、学生生活を豊かにする新たな空間が誕生します。

※新校舎の画像は計画中のため、変更となる可能性があります。

ページトップへ