リハビリ分野

障がいに応じて生活全体の機能回復をサポートするエキスパート

作業療法士

障がいのある人に対し、日常生活・創作余暇活動・
就労などのあらゆる作業を通して、機能の向上を図る

仕事紹介

作業療法士のお仕事

理学療法士と並びリハビリテーションの一翼を担う国家資格で、障がいのある人の機能の回復や維持、開発を促します。対象となるのは、生まれつき障がいのある人、病気や事故で障がいを負った人、高齢のために身体や精神の機能が衰えた人、寝たきりや認知症の人など、乳児からお年寄りまで広範囲にわたります。理学療法士が基本的な機能を回復させるのに対し、作業療法士は日常生活ができる応用力をつけるためのサポートをおこないます。

仕事内容

運動や感覚・知覚、心肺や精神・認知などの心身機能の向上を目指す。筋力を増強させて日常生活に必要な運動能力を高めたり、レクリエーションを通じて感情表現を豊かにしたりする。
食事やトイレ、家事など、日常で必要となる身辺動作や家事動作などの訓練を行う。なかには手芸や木工、将棋、園芸など、趣味として行われるような動作も取り入れ、より豊かな生活が送れるようサポートする。
地域活動への参加、就労・就学で不便が出ないよう訓練を行う。職業訓練や通勤時の交通機関の利用についてなど、具体的な生活に沿った内容の訓練や指導を行う。
日常生活を円滑に行うために車椅子や歩行器といった福祉用具を使用する場合、選び方や使い方についての指導をする。また、バリアフリーが施されていない家では、可能な範囲でのリフォームも含めてスムーズに生活できる環境づくりをサポートする。

活躍の場

活躍の場が拡大しているためより専門性が求められる。

リハビリの専門家として活躍の場が広がってきている。とくに、近年では高齢化による「地域医療」や精神ケアの分野での需要が高まっている。そのため、作業療法士として最低限必要な基礎知識に加え、それぞれの活躍の場で求められる専門的な知識や技術の習得が必要となる。

活躍する作業療法士さんに
インタビュー

人は作業することで元気になれる。
そのお手伝いが私たちの仕事です。

小林 貴代教授
森ノ宮医療大学
保健医療学部 作業療法学科

PROFILE 1979年市立加西病院を皮切りに、37年間、作業療法士として数々の病院、福祉施設に勤務。日本ALS協会理事・近畿ブロック副会長、大阪難病医療情報センターコミュニケーション支援員などを兼任。2016年4月から現職。

作業療法士の魅力

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に立ち向かう若者の姿を描いたヒューマニティ・ドラマ『僕のいた時間』など、ここ数年、リハビリを題材にしたテレビドラマが数多く放映されています。その影響もあり、リハビリに対する世間の認識はかなり浸透してきました。
リハビリに関わる職種は数多くありますが、日常生活や環境にターゲットを置く作業療法士は、食事や着替え・排泄・入浴から、仕事・勉強・趣味など、その人の人生そのものに関われる素晴らしい職種です。
たとえば、脳卒中で右半身が麻痺したとします。理学療法では寝返りや起き上がり、歩くトレーニングなどを行いながら機能回復を図りますが、作業療法では右半身が使えないことを前向きに捉え、残された可能性への取り組みを行います。具体的には、もともと右利きであったなら左利きの訓練を行ったり、今まで両手で行っていたことを、道具・やり方を工夫して、左手だけでできるようにします。また、歩行が困難であれば、車椅子やリフトなどの福祉用具を選定したり、住宅改修などのアドバイスを行います。
このように、人と環境に関わる広い分野からその人をサポートできるのが、作業療法士の大きな魅力です。

作業療法士に求められる資質

作業療法士に求められる能力というのは、決して特別なものではありません。人と関わる楽しさを感じ、様々な活動に興味を持てる力があれば、誰でも優れた作業療法士をめざせます。コミュニケーション力は必要ですが、これは学校に入ってからの勉強でいくらでも磨くことができます。
作業療法の範囲は、日常生活のあらゆる場面に関わるため、膨大ですが、ベースは皆同じです。国家試験に関しても、日々の学校での勉強を一つずつクリアしていけば問題ありません。
学校では、他学科と協力しながら、現場に欠かせないチーム医療について学びます。また近隣の地域とも連携を図りながら、障がいのある人を交えた実践的な授業で、作業療法士に求められる基本的な知識と技能を身につけていきます。

臨床現場で心がけていたこと

私が37年間の現場経験の中で常に心がけてきたことは、「患者さんの気持ちに寄り添う」ことです。
悲しく辛いことに共感し、楽しいことを目いっぱい共有し、常に患者さんの生きる力を支える――そんな強さと優しさを備えたヒューマニティ溢れる作業療法士を目指してほしいと願っています。
人は作業することで元気になれます。
これから作業療法士を目指す人は、医療専門職としての技能を身につけるだけにとどまらず、あらゆる人生の場面で、常に主体となる患者さんの「その人らしさ」を見つめる力を、ぜひ養ってください。

作業療法士をめざす高校生のみなさんへ

強く温かな魂をもち、生きる力に寄り添えるあなた!
人は作業をすることで元気になれます。自分も、そして関わる人すべての方に、元気になってもらえる、そんな作業療法士をめざしませんか。リハビリテーション専門職としての総合的な技能獲得をめざし、他学科と協力しながら学びましょう。

資格情報

資格の取り方

指定養成施設・学校で3年以上、専門知識と技術を修得すれば、卒業と同時に国家試験受験資格が与えられます。養成施設には、4年制大学、3年制短期大学、専門学校などがありますが、いずれも病院やリハビリ施設で810時間以上の臨床実習がおこなわれます。国家試験の合格率は、70~80%台を推移。需要が高まるにつれ、試験の難易度は年々高まっているため、学校(養成施設)選びがポイントとなっています。

資格取得のルート

作業療法士の
国家試験合格状況
(全国平均)

※出所:厚生労働省

ここ数年、下降傾向だった合格率は3年ぶりに80%台へ。

全体
受験者数
合格者数
合格率

資格取得後の
キャリアプラン

認定作業療法士 日本作業療法士協会が認定する資格で、臨床実践能力・教育能力・研究能力・管理運営能力において水準以上であると認められた作業療法士が取得できる。自身のスキルアップとして取得するケースがほとんど。5年ごとの「臨床実践の報告」「後輩の育成指導」などの条件を満たさなければならないため、日々の研鑽が必要になってくる。

専門作業療法士 日本作業療法士協会の認定資格で、認定作業療法士の中から7分野の専門的な作業療法実践能力を持つと認められた者が取得できる。
【7つの専門分野】
認知症/手の外科/福祉用具/精神科急性期/高次脳機能障害/摂食嚥下/特別支援教育

介護支援専門員 福祉事務所や居宅介護事業所、高齢者福祉施設などで介護のケアプランを作成する。独立開業も可能。受験資格は、保健・医療・福祉の分野で5年以上の実務経験かホームヘルパー2級以上を持ち、通算5年以上の実務経験または介護に10年以上従事した者。

福祉用具プランナー 福祉用具を必要とする高齢者や障がい者に対し、必要な福祉用具の選択の援助、適切な使用計画の策定、利用の支援及び適用状況のモニター・評価ができる。仕事の内容は、福祉用具に関する一般的な相談やプランの作成、利用支援、福祉用具適用後の再評価など。多様な福祉用具を扱ったり、対象者への提案や機器の調整を行ったりする機会が多い病院や訪問リハビリテーションなどに勤務する場合は、この資格の取得が勧められる。