あなたの進路選択の可能性を広げます!

スポーツ鍼灸 プロやアマチュアのスポーツ現場で活躍

選手のパートナーとしてケガの予防から治療までトータルサポート

スポーツ鍼灸は、主にアマチュアやプロのスポーツ選手を対象としてスポーツ障害の治療やケガの予防、コンディションを整えるために行われます。肩や腰、膝などスポーツによって施術箇所はさまざま。突発的なケガへの対応も必要です。そのため、技術力に加えてスポーツ医学についての幅広い知識が求められます。競技パフォーマンス向上のために、施術のタイミングや刺激の強さなど、選手一人ひとりにあわせた調整が重要です。

主な仕事内容

選手の身体づくりからケガの対応まで

鍼治療を中心に、テーピングやマッサージなどを加えて行うことで、競技パフォーマンスの向上やコンディショニングに貢献します。また、医学的知識を活かしてスポーツトレーナーとして運動法の指導や、メンタルケアまで行うことも。最近ではフィットネスを目的とした女性も増えており、一人ひとりの身体や目的にあわせた鍼灸治療とパーソナルトレーニングを提案する機会も増えています。

スポーツ鍼灸 ならではPOINT!

鍼を通じて電気を流す“パルス(電気鍼)”

パルス(電気鍼)を使用すると、筋肉に直接アプローチすることができ、筋肉の疲労や凝りに効果的です。身体機能の向上、血流の促進が期待できます。

治療法の一つである“テーピング”

一般的にケガの予防、応急処置の目的で使用されますが、筋肉や骨を正しい位置に固定する役割もあります。最近では、パフォーマンスを上げるために用いられることもあります。目的や施術箇所によって、数種類あるテーピングの使い分けが必要です。

現場の声

選手をいつもそばで見守り必要な時に手を差し伸べられる存在に

「早く痛みをとってほしい」とスポーツ現場で鍼灸治療に期待されるのは“即効性”です。しかし、痛みがとれても、それがケガを治したことにはなりません。スポーツ鍼灸において最も大切なのは、ケガの原因を見極めること。身体に触れ、話を聴き、動きを見て、どこに問題があるのかを探ります。そのためには、各競技での身体の使い方を熟知しておくことが必要不可欠。また、日頃から選手との距離感を意識することも大切です。選手がトレーナーに依存してしまうことは、成長を妨げる要因になります。選手をよく観察し、必要な時に手を差し伸べられる。それこそスポーツに携わる鍼灸師のあるべき姿だと思います。

森ノ宮医療学園専門学校 鍼灸学科 教員
日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
松下 美穂

※ここで記載している内容は一般的な“スポーツ鍼灸”を取り上げています。