医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF ACUPUNCTURE

学部・大学院・専攻科 SPORTS SPECIAL COURSE

保健医療・スポーツ分野における高度医療専門職者、
基礎医学に関する深い学識と幅広い視野をもった教育者を育成します。

スポーツ特修コースについて

医療系国家資格「はり師・きゅう師」に加えて教員免許
「中学校・高等学校教諭一種免許状【保健体育】」の取得をめざすコース

医療知識・技術に加え、スポーツに関する専門知識や指導技術を学べるコースです。
健康運動実践指導者の資格や、教職課程を履修することで保健体育の教員免許を取得することができます。

※教員免許の取得にはスポーツ特修コースの卒業単位に加え、教職課程科目の単位(高校教諭32単位、中学校・高校教諭38単位)を修得する必要があります。

資格説明

はり師・きゅう師

鍼(はり)と灸(きゅう)を使って、痛みをコントロールしたり内臓の働きを良くし、回復力を高める伝統医療を行う国家資格です。医療系国家資格の中では数少ない「独立開業権」を持ち、資格取得後は鍼灸師として鍼灸院の開業や、スポーツトレーナー、さらには美容分野と幅広く用いることのできる治療・予防技術です。

中学校・高等学校教諭一種免許[保健体育]

国公立・私立の中学・高等学校で保健体育科の教師として働くために必要な資格です。専門の科目・教科を教えるだけでなく、担任として学級を運営したり、クラブ活動などを指導監督したりと生活と学習の両面からサポートすることが求められます。また、からだの仕組みについての指導やケガなどが起こった時に応急処置を行えるように指導するなどの医療知識も必要となります。

健康運動実践指導者

積極的な健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導できる能力を有する者に与えられる資格です。現在、社会が直面している健康課題、さらに生活習慣の乱れやストレスが健康に及ぼす影響などを改善する知識や指導スキルは大変重要になってきており、運動指導はもちろん、教育現場でも大変有効な資格です。

学びの特長

医療大学だからできるスポーツ・体育の学び

  1. トレーニングプログラムを作成するための高度なスポーツ科学を学ぶ
    医科学的な視点でスポーツ生理学や運動による身体機能向上のメカニズムを研究します。これにより各スポーツ種目に特化した効果的なトレーニング方法の開発が可能です。
  2. 徹底した少人数教育
    スポーツ特修コースの定員は20名。医療大学だからこそできる、きめ細やかで質の高い少人数教育です。一人ひとりの個性や成長、目的に合わせた指導を行う本学なら、自分のペースで確実に学力やスキルを高めることができます。
  3. 体育系大学よりも基礎医学を深く学べる環境
    他大学のスポーツ・健康科学系の学部・学科と比較して、解剖・生理学など基礎医学の学びを豊富に用意していることが特徴。体育・スポーツ指導に必要な基礎医学と運動生理学の知識を持ってリスクマネジメントができる指導者を養成します。
  4. 専門分野を極めた教員が指導
    全教員が各々の分野で優れた研究業績と指導経験を有する専門家。最新の研究結果を体育・スポーツの現場で生かせるよう、理論面と実践面におけるバランスとつながりを重視した教育を実施しています。

カリキュラム・授業紹介

学びのステップアップ

スポーツ実習 -指導者としてスポーツにアプローチ-

教育とスポーツの現場に必要な基礎的知識と技術、安全や環境に配慮したスポーツ実習のあり方について学びます。一つの種目を集中的に学ぶことで、指導者に求められる効果的な指導法を修得。少人数制で、個々の習熟度と課題を明確にします。

実習例
スポーツ実習Ⅰ~Ⅷ(陸上競技、水泳、器械運動、ダンス、柔道、球技、体つくり運動、生涯スポーツ)

教育実習 -スポーツを生徒へ教える技術を培う-

学内で身につけた知識と指導力を、実際の学校で授業に臨むことで鍛え上げます。教育実習の前後には、現場経験豊富な教授からの指導を実施。医療大学だからこそ得られたスポーツ・医療科学の専門的知識を教材研究に発揮できることも強みになります。

実習例
保健体育科教育法Ⅰ〜Ⅳ/教育実習事前事後指導/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高)

講義・演習 -人体の仕組みや運動について理論で考察-

運動制御系や、呼吸循環代謝系およびそれをコントロールする自律神経系の解剖と生理を学び、スポーツ・健康科学の基礎知識を身につけます。演習では、課題に班単位で取り組み、運動時の呼吸、代謝反応を測定する方法論の基礎などを学修します。

実習例
運動生理学/スポーツ心理学/スポーツバイオメカニクス/トレーニング科学演習Ⅰ~Ⅳ

将来の活躍分野

医療
  • 鍼灸院
  • 医療系研究施設
  • 病院・クリニック
体育
  • 中学校教諭(保健体育)
  • 高等学校教諭(保健体育)
スポーツ
  • スポーツトレーナー
  • スポーツ・健康産業
  • スポーツ用品メーカー
  • フィットネスクラブ

クラブ活動

スポーツ特修コースでは、クラブ活動が実習経験とスポーツ指導者育成の場になります。

医療分野だけでなく、学校教育の現場やスポーツ関連分野で活躍でき、さらには地域住民のスポーツ指導および健康増進にも貢献できる人材の育成が、スポーツ特修コースの目的です。本学ではクラブ活動を、スポーツ・教育・医療分野の専門的知識や指導技術を身につける実習の場として位置づけています。スポーツ特修コースの学生は、原則、入学後に体育会クラブに所属することが必須となり、4年間継続して勉学と部活動(クラブ活動)を両立することをめざします。

※本学にないクラブ活動を希望される方は事前に本学までお問い合わせください。

強化クラブ
  • 女子バスケットボール部
  • 男子サッカー部

本学および本学のクラブ活動全体の活性化を目的として強化クラブを設け、活動の支援を行っています。

体育会クラブ
  • 準硬式野球部
  • 柔道部
  • 男子バスケットボール部
  • 陸上部
  • 硬式テニス部
  • バレーボール部(男子・女子)
  • バドミントン部

施設紹介

スポーツ実習の授業は学内施設のほかに、本学近隣(バスで10分)にある公設のスポーツ施設「舞洲スポーツアイランド」でも行います。国際大会でも使用される体育館「舞洲アリーナ」をはじめ、野球場や運動広場、テニスコートなど充実した施設が配置されています。


舞洲アリーナ

スポーツ施設・設備が充実

スポーツ領域を専門とする教員が監修した体育館「MTC(メディカル・トレーニング・センター)」には最新の機器が揃うトレーニングルームも併設されています。また2017年には、学びやキャンパスライフの環境拡充をめざし、総合スポーツメーカー ミズノ株式会社が施工する複合型スポーツ施設「グリーンスクエア」が完成。人工芝や照明を施工したフットサルコートのほか、ランニングコースや多目的グラウンドなどが完備されています。

体育館「MTC(メディカル・トレーニング・センター)」
複合型スポーツ施設「グリーンスクエア」
フットサルコート
ランニングコース

スポーツ特修コースに関するQ&A

コース選択について

コース変更はできますか?
スポーツ特修コースに在籍していても、場合によっては鍼灸コースへのコース変更をすることも可能です。ただし、鍼灸コースからスポーツ特修コースへの変更は認められていません。
スポーツ特修コースに在籍しても鍼灸は学べますか?
はい。スポーツ特修コースもはり師・きゅう師国家試験受験資格を卒業時に取得することになり、鍼灸コースの学生と一緒に学びます。
スポーツ特修コースを希望する場合、体育会クラブに所属する必要はありますか?
原則、入学後いずれかの体育会クラブに所属することが必須となります。スポーツ特修コースでは、クラブ活動をスポーツ・教育・医療分野の専門的知識や指導技術を身につける実習の場として位置づけています。 ※本学にないクラブ活動を希望される方は事前に本学までお問い合わせください。

入試・学費ついて

総合型選抜【スポーツ実績重視型】について教えてください。
サッカー(男子)またはバスケットボール(女子)のスポーツ活動において「都道府県大会ベスト16」あるいはそれに準ずる実績を持つ方を対象に、面接、小論文などで選抜する入試です。出願にあたってはいくつかの基準がありますので、 詳細については事前にこちらでご確認ください。
スポーツ特別奨学金について教えてください。
「スポーツ特別奨学金」は、総合型選抜【スポーツ実績重視型】に合格された方を対象に給付される、本学独自の給付型奨学金です。

給付額

入学金25万円および授業料の一部(30万円)
※2年次以降も継続して毎年30万円を給付(毎年度末に審査あり)

対象

総合型選抜【スポーツ実績重視型】に合格し、入学される方
※審査があり、本学独自の他の奨学金との重複は認められません。
※在学中の成績結果等の審査により、奨学金が給付されない場合があります。

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

鍼灸×教員のダブルスキルを強みにしたい。

鍼灸師の資格に加えて教員免許の取得をめざすのは、高い指導力を身につけたいと考えたから。教えるプロである教員のスキルがあれば、自分の可能性が大きく広がります。鍼灸の学びと教職課程、そしてサッカー部の練習や試合、中学生へのサッカー指導者としての活動など、正直大変な時もありますが、やるべきことがはっきりしているので充実した学生生活を送れています。

整形外科領域での活躍を視野に。

最初はプロスポーツトレーナーになることを目標にしていましたが、大学でさまざまな領域の授業を受けていく中で、整形外科・リハビリ領域に興味を持つようになりました。その分野で、鍼灸の知識と技術、それに教職のスキルを合わせて活躍することが今の目標です。本学には、病院の整形外科で勤務経験がある鍼灸師の先生もおられるため、進路についても助言をいただきながら学びを進めています。

コンテンツ一覧