森ノ宮医療大学 高校生・受験生応援サイト「MORINOMIYA PORT」

  • Facebook公式ページ
  • Line公式ページ

ホーム >

医療の仕事 体験セミナー

医療の仕事 体験セミナー

「医療者って実際にどんな仕事をするのかもっと知りたい」
「進路を迷っているから一度体験してみたい」
「どんな医療の仕事が自分にあっているのか確かめたい」

そんな高校1・2年生のみなさんのために、
1日で「2つの医療の仕事」を実際に本格体験できるイベントを開催します!
一番興味のある仕事だけでなく、もう一つ体験することで「広い視野」から進路を考えましょう。

2018年度の医療の仕事 体験セミナーは終了いたしました。
現在は個別での見学・相談も随時受け付けておりますので、希望される方は森ノ宮医療大学アドミッションセンターまでお問合せください。

■開催日時

2019年1月20日(日)10:30~15:00(受付10:00~)
【対象】高校1・2年生

  • 参加無料
  • ランチ付き
  • 事前申込制(先着順・定員あり)

■スケジュール

看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、臨床工学技士、鍼灸師のなかから、自分が一番興味のある仕事に加えて、もう一つ別の医療の仕事を体験することができます。「広い視野」から自分の進路を見つめるきっかけになるとともに、“多職種を理解”し、“チーム医療を実践”するために欠かせない経験になるはずです。

時間 内容
10:00~
10:30~10:40
10:50~11:50
11:50~12:45
13:00~14:00
14:10~15:00
15:00~
受付開始
オープニング(概要説明+大学紹介)
体験プログラム①
昼食(無料)
体験プログラム②
チーム医療紹介+キャンパスツアー
個別相談(希望者)

※体験プログラムは各医療職(学科)に分かれて実施します。以下のプログラム内容を確認いただき、①、②は異なる医療職をお選び下さい。

■各体験プログラム

看護学科(定員:30名)

車椅子の使い方と包帯の巻き方を体験しよう
看護師は、「日常生活の援助」と「医師の診療の補助」という仕事を主に行っています。その2つの仕事を体験してみましょう。まず、1つ目の「日常生活の援助」では、車椅子を使って安全に患者さんの移動を行ってみましょう。2つ目の「医師の診療の補助」では、包帯の巻き方を学び傷の手当て経験してみましょう。是非、看護師と患者さんの両方を体験してください。

理学療法学科(定員:30名)

理学療法士が教える本当の筋力増強運動
理学療法士は患者さんの立ったり、歩いたりといった日常生活動作やスポーツなどのパフォーマンスの回復を図るために運動療法を行います。その運動療法の中で重要な役割を果たすのが筋力増強訓練です。
今回は筋力増強訓練の理論と実際の方法について、治療者役と患者役を体験しながら学んでいきます。また、理学療法士が患者さんの筋力評価として用いる徒手筋力検査についても紹介します。一見簡単そうに見える筋力増強訓練の奥深さを一緒に体感してみましょう。

【服装について】

実際に運動療法を体験しますので、着替えとして「ジャージ等の運動しやすいズボン」をご持参ください。

作業療法学科(定員:30名)

作業療法士の視点:利き手交換の訓練とニューロイメージング装置を体験
作業療法士が得意としている「利き手交換訓練」を実践してみましょう。今日の体験で、利き手とは逆の手でお箸を使う自信が持てるはず!そんな訓練の秘密とともに、作業療法士の用いる治療理論についても、体験とともに学んでいただけます。
また、患者さん・対象者の方の脳の変化をとらえるニューロイメージング装置NIRS(ニルス)を用いたデモンストレーションも行います。作業療法の意外な面白さを体験してください!

臨床検査学科(定員:30名)

臨床検査技師の仕事体験
尿定性検査と尿細胞成分の顕微鏡での観察
臨床検査技師は、尿や血液などを患者さんから採取して様々な検査を行っています。患者さんが病院に初めて診察に来られたとき、まず行うのが尿検査です。今回は、尿を用いて、PH、比重、タンパク、潜血、糖、ウロビリノーゲンなどの尿中成分を試験紙を用いて分析する定性試験と、尿を遠心分離して、残査の細胞成分を顕微鏡で観察する、尿沈査検査を実習体験します。

臨床工学科(定員:30名)

医療機器のスペシャリスト『臨床工学技士』
“いのち”を守る医療機器の点検業務を体験してみよう。
医療機器の「安全確保」は臨床工学技士の重要な業務の一つ。今回は4名の臨床工学技士の教員による点検機器を使用した医療機器点検を実施します。現代医療に欠かせない医療機器である「除細動器」「輸液、シリンジポンプ」「電気メス」を実際にさわってみよう。

鍼灸学科(定員:30名)

鍼灸(東洋医学)の魅力とは??
実際に鍼(はり)とお灸をさわってみよう!
鍼灸(東洋医学)と聞かれても、あまりなじみが無い方が多いかと思います。今回は実際に鍼灸師の仕事を見てもらい、鍼灸・東洋医学とはどの様なものなのかを理解して頂きたいと思います。また参加された皆さんにも鍼・お灸の練習をして頂き、鍼灸を実際に体験して頂きたいと思います。

■お申込み方法

医療の仕事 体験セミナーへのお申込みは、下記お申込みフォームより受け付けています。
※体験イベントは高校1・2年生を対象としたものです。保護者の方は体験いただけません。
控え室にて簡単な保護者向けプログラムをご用意いたしますので、そちらでお待ちください。

申し込みは終了しました。

【申込締切日】2019年1月16日(水)

※定員になり次第申込終了

■Q&A

Q.参加するには申し込みが必要ですか?

A.各プログラムに定員を設けておりますので、事前の申し込みが必要です。定員になり次第申込受付を終了しますので、ご注意ください。
なお申し込みはこちらよりお願いします。

Q.高校3年生ですが、参加できますか?

A.高校1・2年生を対象としたイベントになりますので、高校3年生は参加できません。

Q.保護者も一緒に参加できますか?

A.体験イベントは高校1・2年生を対象としたものですので、保護者の方は体験いただくことが出来ません。控え室にて簡単な保護者向けプログラムをご用意いたしますので、そちらでお待ちください。なお、昼食・キャンパスツアーなどはご一緒いただけます。

Q.どんな服装で行けばいいですか?

A.実際に職業を体験するプログラムですので、出来るだけスカートやヒールなどは避け、動きやすい服装が望ましいです。
※理学療法士体験プログラムに参加される方は、着替えとして「ジャージ等の運動しやすいズボン」をご持参ください。

Q.お昼ご飯はどうすればよいですか?

A.参加される高校生、および保護者のみなさまにはお昼ご飯をご用意しますので、お持ちいただく必要はありません。

Q.車で行きたいのですが、駐車場はありますか?

A.本学には駐車スペースがございませんので、お近くのコインパーキングをご利用ください。
本学はOsaka Metro中央線「コスモスクエア」駅徒歩1分のところに立地しておりますので、電車での来校が便利です。

Q.どうしても都合が悪くなりキャンセルしたいのですが、どうすればよいですか?

A.申込後にキャンセルされる場合は、必ず本学広報室(06-6616-6911)までお早めにご連絡ください。
定員枠の関係もございますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

■お問い合わせ先

森ノ宮医療大学 広報室 (土・日・祝を除く平日 10:00~18:00)
Tel: 06-6616-6911

ページの先頭へ