森ノ宮医療大学 高校生・受験生応援サイト「MORINOMIYA PORT」

  • Facebook公式ページ
  • Line公式ページ

まるわかり医療の仕事図鑑

看護保健分野

診療放射線技師

現代医療に欠かせない放射線検査・治療をおこなうスペシャリスト

仕事紹介

診療放射線技師のお仕事

医師や歯科医師の指示により放射線を使う検査や治療を行う。CTやMRI等の画像検査や心筋梗塞、脳血管障害等における血管内治療、がんに対する放射線治療等を担当する。近年は、乳がん検診やマンモグラフィ検査(乳房X線検査)など、女性に対する検査ニーズが高まっているため、女性技師の需要が多くなっている。

仕事内容

医師や歯科医の指示を受けて行う放射線検査。一般的なX線検査だけでなく、血管造影CTやラジオアイソトープ検査(放射性医薬品を体内に入れて撮影)、また、放射線を使わないMRI検査も扱う。
主にがん治療でがん細胞を破壊するために行う。体の外部から放射線を照射する方法と、体内に少量の放射性同位元素(小線源)を入れる小線源治療とがある。患者本人や周囲への被ばくに注意が必要な作業のため、放射線を扱う場所で働く者の被ばく量測定、放射線を扱う施設内での漏洩線量の測定を常に行う。また、機器の管理、放射線を放出する物質などの管理も必要。安全管理が最大の仕事といえる。

活躍の場

医療系から工業系まで放射線を扱う現場で、幅広く仕事をする。

放射線を扱うため、ある程度は活躍の場も限られてくる。病院、診療所、保健所といった医療機関で医療の仕事が主だったところ。最近では、検診車を駆使して企業や学校を回る、検査だけをメインに行う施設もある。それ以外には、医療機器メーカー、放射線機器メーカー、原子力工業の分野、電力会社など、工業系にも活躍の場はある。

森ノ宮医療大学で診療放射線技師をめざす 診療放射線学科

森ノ宮医療大学で診療放射線技師をめざす 診療放射線学科

資格情報

資格の取り方

養成学校で3年または大学の診療放射線学科で4年(短期大学は3年)修業すれば、国家試験の受験資格が取得できます。定められた授業科目と時間数を上回るカリキュラムを設定している学校が多いため、授業はかなりハードです。国家試験合格率は70%台の年が多いですが、近年は年により大きな差があります。

資格取得のルート

診療放射線技師の国家試験の合格状況

やりたい仕事が見つかったら、次は学校を選ぼう!

ページの先頭へ