医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

ENTRANCE GUIDE

入学・入試案内

PICK UP

森ノ宮医療大学の入試には、さまざまな特長があり、受験しやすく、経済面のサポートも充実した入試制度となっています。

POINT 1 試験当日に解答科目が選べる「科目選択制」

総合型選抜【スポーツ実績重視型】、指定校推薦選抜を除くすべての入試で「科目選択制」を導入。
自分の得意科目を2科目または3科目選択し、受験することができます。受験する科目は試験当日に選択することができます。

  • 受験科目数(2科目・3科目)は入試種別によって異なります。
  • 臨床検査学科・臨床工学科・診療放射線学科を志望する場合は必ず「数学」を選択する必要があります。

POINT 2 1回分の受験料でチャンスが広がる「第2・第3志望制度」

第1志望学科が不合格だった場合、第2・第3志望学科で合否判定を行いますので、合格のチャンスが広がります。
また、第2・第3志望で合格した場合、次回以降の入試で第1志望の学科を再受験することも可能です。

  • 異なる学部の学科を第2・第3志望学科として選択することも可能です。
  • 合否判定は第1志望の受験生を優先して判定するため、第2・第3志望学科での判定は、合格点のラインが上がる場合や合格者を出さない場合もあります。
  • 総合型選抜【スポーツ実績重視型】、指定校推薦選抜においては第2・第3志望制度はありません。

POINT 3 一度納入した学納金(入学金、授業料等)を振り替える「納入金スライド制度」

第2・第3志望学科に合格し、入学手続として一度納めた納入金は、その後の入試で第1志望など新たに合格した学科に全額スライドすることができます。入学金等の重複支払いが無いため、安心して第1志望学科を続けて受験することができます。

POINT 4 他大学と併願しやすい「入学手続締切日」

受験生が他大学にもチャレンジしやすいように入学金納入締切日・前期学納金納入締切日を大半の国公立・私立大学の合否発表後に設定しています。併願先の受験結果を確認してから入学手続に進むことができるので受験費用を有効に活用することができます。

POINT 5 再受験がしやすい「受験料減免制度」

本学では最後まで諦めない受験生を応援するために受験料減免制度を設けています。初回は¥30,000の受験料が必要ですが、2回目以降の受験料は入試種別に関わらず¥10,000となります(同年度内入試に限る)。

CHECK!2021年度入試の分析

第1志望学科再出願の合格者数

一度不合格となった第1志望学科に再チャレンジして、合格した受験生は171名います!
昨年度の入試では再受験者は512名いましたので、3人に1人は第1志望学科に合格していることになります。
最後まで諦めずに頑張ることが大切です。

再出願者数 512名 合格者数(第1志望学科) 171名

第2・第3志望制度による合格者数

第2・第3志望制度を利用した志願者は476名、そのうち105名が第2・第3志望学科で合格しています。
受験料は同額のままでチャレンジでき、合格のチャンスが広がります!

第2・第3志望制度を利用した
志願者数
476名 合格者数 105名

POINT 6 再受験時の出願書類「ペーパーレス制度」

再出願の場合は原則、Web出願サイト(マイページ)からの登録のみとなり、一度提出した出願書類の再提出(郵送)は不要となります。
ただし、志望動機書など提出書類の差し替えを希望される場合は再提出(郵送)することもできます。

  • 再受験の場合でも入試種別によっては追加で提出が必要となる書類もあるため、ご注意ください。

POINT 7 一般選抜前期は2科目型と3科目型の併用による「ダブル判定制度」

一般選抜前期では、2科目型と3科目型の2方式から選択することができます。3科目型で受験した場合は2科目型でも同時に判定を行う「ダブル合否判定制度」を導入。1回の受験で2回の合否判定を行うため、合格のチャンスが広がります(一般選抜中期・後期は2科目型のみとなります)。

CHECK!2021年度入試の分析

一般選抜 前期でのダブル合否判定結果

一般選抜前期では、3科目型の受験者に対して、同時に高得点の2科目でも判定を行うダブル判定制度を導入しています。
昨年度入試では、3科目型で受験した受験生のうち、172名が2科目型「合格」となっています。
その中には、3科目型では「不合格」という結果でしたが、2科目型で「合格」となった受験生も20名います。

[3科目型受験生のダブル判定結果]

高得点採用合格者数(2科目型合格者数) 172名 3科目型不合格→2科目型合格 20名

POINT 8 全入試で「面接試験」を実施

本学ではすべての入学試験において面接試験を実施しています。医療に携わる者にとって必要な、学修を継続する「意欲」や他者と協働するための「コミュニケーション力」、そして医療者をめざすという「意志」を有していること。本学ではこれらが基礎学力と同じように大切だと考えており、面接結果を合否判定の重要な情報として考慮しています。

POINT 9 入試成績優秀者を対象とした「奨学金・減免制度」

本学では入試の成績優秀者を対象としたさまざまな奨学金を設けています。

入学時成績優秀者学納金減免制度

対象 全学部・全学科の入学生
減免額 155万円(入学初年度の学納金のうち、授業料および教育充実費全額)
減免対象・条件 一般選抜前期(3科目型)の合格者で成績上位15名程度以内(全学部・全学科)で本学に入学される方。
  • 総合型選抜【学習成果重視型】【学力重視型】合格者(入学手続完了者)もチャレンジ(出願)することができます。
    (総合型選抜【スポーツ実績重視型】および指定校推薦選抜の合格者は出願できません。)

ひとり住まい支援奨学金

対象 全学部・全学科の入学生
給付額 20万円(入学年度1回のみ給付します。)
給付対象・条件 総合型選抜【学力重視型】および一般選抜前期(3科目型)の合格者で成績上位5名程度以内(各学科)で入学後にひとり暮らしをされる方。
  • 対象入試以前に合格している場合でもチャレンジ(出願)することができます。
    (総合型選抜【スポーツ実績重視型】および指定校推薦入試合格者は出願できません。)

スポーツ特別奨学金

対象 医療技術学部 鍼灸学科の入学生
給付額 入学金25万円+授業料の一部30万円
(2年次以降も原則継続して毎年30万円を給付します。毎年度末に審査あり)
給付対象・条件 総合型選抜【スポーツ実績重視型】に合格し、本学に入学される方。