医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF RADIOLOGICAL SCIENCES

1分でわかるパンフレット動画

新着情報

診療放射線学科について

放射線診療のスペシャリストへ

診療放射線技師とは

医師の指示のもとに、放射線を人体に対して照射するのが診療放射線技師です。X線CT、X線TV、PET、SPECT、MRI、USなどの機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を医師へ提供することが主な仕事。また放射線を照射してがん治療を行う専門職でもあります。医療機器を扱う技術、放射線の取り扱いに関する法令の理解と遵守など、高度な専門性を持つスペシャリストです。あらゆる診療科において重要な判断材料となる画像情報を提供し、チーム医療に貢献します。
PET/SPECT : 核医学診断装置。臓器や腫瘍の機能・代謝といった生理学・生化学的な「機能画像」を得ることができる。
MRI : 磁気共鳴画像診断に使用する装置。X線は使用せず、強い磁場と電磁波を使って身体の中を画像化する。
US : 超音波検査装置。高い周波数の音(超音波)を使って身体の内部構造を画像化する。

現場のいま

放射線を医療のために活用する技術は、医療テクノロジーにおいて、特に進歩が著しい分野。今後もさらなる発展が予想され、放射線を専門に扱う技師の存在は欠かせないものなります。さらにはがん治療へのニーズも高まると見込まれています。また、放射線の技術は医療以外の産業分野で利用されるケースも増えており、活躍の場は、さらに広がり続けている状況です。

入学定員

80名

取得可能な資格・免許
  • 診療放射線技師国家試験受験資格
  • 第1種放射線取扱主任者(国家資格)
  • 第2種放射線取扱主任者(国家資格)
  • エックス線作業主任者(国家資格)
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国家資格)

診療放射線学科の学びガイド

「診断」と「治療」の重要な一端を担う、放射線診療のスペシャリストを育成

単なる「レントゲンを撮影する先生」ではなく、「診療(診断と治療)」に関わることができる人材が、いま、求められています。
画像データを撮影・処理する技術と、複数の画像を評価(読影)するための膨大な知識を養っていきます。

「撮影技術」「画像評価」の能力を高めるカリキュラム。

目に見えない放射線(X線)を用いて撮影し、身体の中を画像化する診療放射線技師。その画像は患者さんの病気を特定するための重要なデータとなりますが、画像は“誰が撮っても同じ”ではなく、撮影者の知識と技術が反映されます。また、画像を評価(読影)する能力も求められます。本学科では、これらの技術を確実に身につけるため「画像検査」や「画像解剖」について学ぶカリキュラムを数多く配置しています。

カリキュラム一例

臨床画像解析学

撮影した画像を見やすい形に処理・解析するために必要な知識と技術を学ぶ。また、画像診断における読影補助についても学修する。

CT・MRI撮影技術学

X線CT検査とMRI検査を比較しながら学び、適切な診療画像を提供するための診療画像検査法を身につける。

放射線治療の最先端施設と連携。

日本有数の重粒子線がん治療センター
大阪重粒子線センター

日本で6番目の「重粒子線」を用いたがん治療を提供する「大阪重粒子線センター」と相互連携協定を締結。先進放射線治療を見る機会を用意しているだけでなく、今後、さまざまな取り組みを検討していく予定です。

「リメディアル教育」+「先進科学技術系カリキュラム」で高度医療に対応できる診療放射線技師へ。

1年次(基礎)と4年次(発展)にそれぞれ本学科独自の選択科目を配置しています。これにより、大学の学びへのスムーズな移行と、医療人としての考え方を養います。

4年次:先進科学技術系カリキュラム

研究分野として、より高度な医療の学びを探究する4つの科目を配置。自分のめざす専門性や興味関心に合わせてカリキュラムを選択し、突き詰めて学ぶことができます。

先進核医学

診療放射線技師として必要なPETなどの最新の核医学検査技術を身につけ、安全に用いるための知識を修得する。

先進放射線治療学

最新の放射線治療技術を身につけると同時に、放射線治療分野における先進科学技術の見識を広める。

先進画像解析学

これまで学んだ撮影技術学、臨床画像解析学などに関する知識をさらに深め、AIなどの最新の画像診断につなげる。

先進医学

研究開発段階の最新医療機器や医療技術について、研究開発者から話を聴き、画像検査と読影補助に必要な見識を広める。

1年次 : リメディアル教育

診療放射線技師をめざすために必要な学びの基礎となる4つの科目を配置。必要性に応じて選択履修することで、スムーズに専門の学びにつなげることができます。

  • 数学演習
  • 物理学演習
  • 生物学演習
  • 化学演習

診断や治療に不可欠な「画像データ」で、「チーム医療」に貢献する診療放射線技師。

社会の超高齢化や医療の進展による高度化・複雑化に伴い、医療に関するプロフェッショナルがチームで連携・協力しケアする「チーム医療」が現代医療の主流となっています。

チーム医療における、診療放射線技師の役割とは

診療放射線技師が提供する放射線画像や1次読影レポートが、病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報になるため、チーム医療において大きな役割を担います。他の医療職を理解していることや医療者間でのコミュニケーション力が求められます。

本学独自の「チーム医療」教育IPE
カリキュラム一例

チーム医療見学実習
(1年次)

全学科混成のチーム(グループ)を作り、連携病院を見学。早期に多職種を理解します。

医療コミュニケーション
(2年次)

患者さん、そして他の医療職との関わり、特にコミュニケーションについて学びます。

IPW論(3年次)

学科混成チームで、実際の症例をテーマに「ケースカンファレンス」を実施します。

さらに詳しく知りたい方はコチラをクリック

チーム医療 森ノ宮医療大学

診療放射線技師に加え、プラスαの資格取得もサポート。

本学科では、「診療放射線技師国家試験受験資格」を取得するために必要なすべての科目を“必修科目”として配置しており、全学生が卒業時に国家試験受験資格を得られます。また、さらなる資格取得をめざす学生をサポートするために、以下の資格取得に向けた対策講座などの準備を進めています。

診療放射線技師

卒業時に全学生が国家試験受験資格を取得

複数資格を取得

  • 第1種・第2種放射線取扱主任者(国家資格)
    放射線発生装置などの放射線障害防止についての監督を行うために必要な資格。
  • エックス線作業主任者(国家資格)※
    医療用以外の用途(例:鋳物等の非破壊検査)においてエックス線を用いる場合に必要な資格。
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国家資格)※
    鋳物製品等の品質検査においてガンマ線を用いて写真撮影を行う場合に必要な資格。

※診療放射線技師取得後、届出のみで取得可能

学科長 MESSAGE

最先端の高度なスキルも、
原点は、「なぜ?」という素直な疑問。

診療放射線技師は、MRIやCTをはじめとした高度な機器を駆使して患者さんの身体を診たり、また、放射線を用いてがんの治療に携わったりするプロフェッショナル。しかし、そこに求められるのは、高度で専門的なスキルだけではありません。その本質は、目の前の現象に対して「なぜそうなるの?」という疑問を持ち、その解明に挑む好奇心や探求心。そのマインドが、常に学び続ける原動力になります。そして、チーム医療で協働していく現代の医療現場においては、自らの分析や考察した内容を、他の医療者や患者さんにしっかりと伝え、理解していただくというコミュニケーション能力も求められます。特に放射線は、医療に貢献するものでありながら、その存在を警戒されるものでもあるので、正しい理解を促し、患者さんや他の医療者に安心していただくということも大切な仕事です。正しい知識で身体に潜む変化を画像化し、診断や治療に貢献する。とてもやりがいのある世界が、ここからはじまります。

小縣 裕二 学科長・教授

Yuji Ogata

1988大阪大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科卒業、1988~大阪大学医学部附属病院中央放射線部(診療放射線技師)。1995~大阪大学医学部保健学科助手、2007博士(保健学)(大阪大学)取得、2019~森ノ宮医療大学大学院 保健医療学研究科 保健医療学専攻 教授、2020~現職。

コンテンツ一覧