医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸を学ぶ

学部・大学院

保健医療学部

  • 看護学科
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科
  • 臨床検査学科
  • 臨床工学科
  • 鍼灸学科
  • 学科を越えた共通カリキュラム

大学院 保健医療学研究科

保健医療学専攻(修士課程)

保健医療学領域の高度な医療専門職業人を養成 統合的発想、臨床応用能力、および研究マインドを身につけた医療技術者。先進国における医学の発展や疾病構造の変化、健康に対する意識の変容などに伴い、保健医療学は「現代西洋医療か代替・伝統医療か」「健康増進か健康回復か」を問わず、健康に関わるすべてのフェーズと医療体系を包含する広範囲を扱う学問体系となっています。保健医療学領域で社会のニーズを科学的に分析し、EBM(Evidence-Based Medicine … 科学的根拠に基づく医療)のみならず、統合医療の概念をも理解した上で自身の医療資格をもって可能なケア方針を策定できる優れた人材が求められています。森ノ宮医療大学大学院 保健医療学研究科 保健医療学専攻(修士課程)では、医療関連施設や健康増進施設において指導的役割を果たすことができる高度な医療専門職業人の養成を主目的としながら、教育研究機関に職を得た場合にも十分その能力が発揮できる基本的教育研究能力を兼ね備えた人材を養成していきます。

大学院 保健医療学研究科

医療科学専攻(仮称)(博士後期課程)

大学院博士後期課程を開設予定(認可申請中) 現代社会においては、医療の高度専門化や多様化、再生医療、遺伝子診断などの先端科学技術が急速に発展しています。また、少子高齢社会への移行と、それに伴う医療環境の変化が問題になっています。大学院博士後期課程の設置により、時代の変化に柔軟に対応でき、高度な知識と科学的思考で問題を解決する資質と、高い倫理観を有した教育者、研究者、将来の指導者を育成します。

医療科学専攻(仮称)(博士後期課程)

専攻科

専攻科 助産学専攻科

ページのトップへ