医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

教育力

臨床力を磨く教育と、学びを支える体制で、医療人を育成

医療者にとって大切なことは確かな「技術」と「知識」を兼ね備えていることです。本学では医療現場の第一線で活躍し、実際の 現場を熟知する教員から、最先端の研究で医療界をリードする教員まで、多彩な経歴を持つバラエティに富んだ教員が在籍。教員がこれまで培ってきた技術・知識を学生へ余すことなく伝えることで教育の質を高めています。

臨床力:医療現場の第一線を支えてきた医療者が教員として技術を指導。現場で生きる技術を身につけます。

教科書だけでは得られない手から手に伝える技術指導

同じ病気や怪我でも患者さん一人ひとりによって症状は異なります。そのため、患者さん個々に応じた工夫や配慮でケアに当たっていくことが大切です。本学では医療現場での経験が豊富な教員が多数在籍しており、その強みを生かして教科書だけでは得ることのできない、実践に即した精度の高い技術指導を行っています。

多様な分野で活躍する教員が多数在籍 教員データベースはコチラ

医療系総合大学である本学では医師をはじめ、多岐にわたる医療分野のプロフェッショナルが教員として集結。この強みを生かして東西両医学や各専門分野について、一人ひとりがしっかりと理解できるまで、責任を持って指導していきます。

学生支援室

人間の感覚は、一人ひとり異なります。ある患者さんには通用した治療が別の患者さんには苦痛になる可能性もあります。どれほど知識を蓄えても、教科書通りにはいかないのが医療の現場です。本学は、知識の修得と同時に現場体験の機会を設け、「知識」と「実践」の両輪で学ぶことを重視。私の担当分野では、学生さんと私が一緒に病院や施設に入り、ともに患者さんに触れながら、技術を手から手へ教えることもあります。私は大学の教授である一方、指導講師として、病院で働くスタッフの方々へ技術を教えることもあるのですが、私だけではなく、本学には現場で活躍している先生が多数おり、つねに学生さんの「臨床力」の向上に努めています。




文部科学省から科学研究費助成事業(通称「科研費」)の研究課題が採択されている教員がゼミや卒業研究で指導しています。最先端の研究に触れることで最新の知識を得られると共に医療者として必要となる視点を磨いていきます。

看護学科 ソフトマッサージの苦痛緩和効果の検証
理学療法学科 ハイリスク新生児の運動発達と育児環境が発達軌跡に及ぼす影響
鍼灸学科 呼吸循環代謝システムの長期トレーニング適応における順序発現機構の解明
作業療法学科 暮らしに溶け込んだ二重課題を用いた在宅型の認知機能低下予防プログラムの開発
臨床検査学科 癌の浸潤転移におけるFGF受容体とインテグリンのクロスシグナリング
臨床工学科 3次元房室結節モデルによる心拍制御機構解明と心房細動治療戦略のための医工連携研究

本学はチーム医療を学ぶ医療大学として学科を拡充し、多様な分野の教員や研究設備が揃った環境となりました。例えば、私が行っている運動と循環器の関係の研究では、運動による身体への変化を臨床検査系の設備で精密なデータ分析が可能です。毎日長時間行うよりも、効率的なトレーニング方法を探っています。学生にとっては、教員が身近な環境で研究しているため、「未知」に挑む面白さを知る刺激になっています。教科書には載っていないことを、自ら解き明かす。その醍醐味を教員と共有することで、つねに研鑽し続ける医療人に欠かせない「わからないことに向かう力」が養われていきます。

本学の特長
  • 進化
  • チーム医療
  • 医療機関との連携
  • 教育力
  • サポート体制
  • 環境
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト「モリノミヤポート」
  • デジタルパンフレット

ページのトップへ