医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

専攻科 助産学専攻科

  • 助産学専攻科について
  • 助産学専攻科の特色
  • カリキュラム
  • カリキュラムポリシー
  • 年間スケジュール
  • 国家試験対策
  • 教員メッセージ
  • 在校生メッセージ
  • 専攻科入試・説明会
  • 学費について
  • デジタルパンフレット

※本専攻科は、大学卒業後に看護師資格を有する者が、助産師などの資格取得をめざす教育課程です。

生命の尊厳と人間愛の精神を持ち、産科医療の高度化、多様化に対応する質の高い助産ケアを実践できる人材を養成します。

現代女性のヘルスプロモーションや次世代育成に関する分野において、地域に密着した母子保健の発展に貢献できる、高度で幅広い知識と技術をもつ助産師の存在が求められています。本学の助産学専攻科では、産科医療の高度化、多様化、さらに次世代家族のニーズに対応でき、科学的根拠に基づく高度な助産診断能力および助産技術をもつ人材を養成します。同時に、創造性に富み人間性豊かな、助産師としての社会的使命と責務を果たすためのマインドをもつ人材を育成します。

助産学専攻科の特色

「ハイリスク母子支援論/実習」の科目を設け、虐待の予防や早期発見など、現代社会の子育てを支援するための知識を学ぶ。

少子化の進行や核家族化、家庭や地域の子育て機能の低下、子ども虐待の増加など現代社会が抱える子育てに関わる課題への理解を深めるために、「ハイリスク母子支援論」の科目を設けています。母子の身体的リスク、心理社会的リスク、家族発達のリスクとそれらのリスクの相互関係に関する知識や発達段階などの時期に適した支援、ならびに助産師の役割について学修します。

「女性の健康と補完代替医療」の科目を設け、その有用性とリスクを考える学びを実践。

ライフサイクル全般にある女性、子ども、家族そして地域社会に対するヘルスプロモーションの理論を基にエビデンスに基づく補完代替医療について学修する「女性の健康と補完代替医療」の科目を設けています。女性の健康維持増進や妊孕性、出産する身体能力を高めるための補完代替医療の助産領域への応用について考えます。また、リスクマネジメントの視点からみた補完代替医療の有用性とリスクについても学修します。

カリキュラムは基礎助産学領域、実践助産学領域、統合助産学領域の3科目群で構成しています。

基礎助産学領域

助産学の目的・対象・助産実践の基礎となる基礎医学系科目や専門職としての責務と倫理を学びます。
助産診断、助産実践に必要な助産専門分野に対応するための基礎知識を修得します。

実践助産学領域

妊娠・分娩・産褥・育児期における助産診断技術について学びます。母子や次世代家族がより健康な経過をたどるための支援方法、地域や連携施設における助産業務管理の在り方、地域の母子保健を推進するための保健・医療・福祉機関との連携、心理・社会的ハイリスクの母親と家族の支援に必要な知識を修得し、臨地実習を通して助産技術の実践力を高めます。

統合助産学領域

女性のヘルスプロモーションのための補完代替医療の適用を学ぶとともに、次世代家族への支援や
周産期実践に対する最新の知見をもとに、効果的なケアを創造する能力を養います。

  • カリキュラムマップ
  • ※カリキュラムマップ…各授業がディプロマ・ポリシーに掲げている目標とどのように関連しているのかを示した表

    区分 授業科目 単位数
必修科目 専門分野 基礎助産学
[6単位]
助産学総論 1
周産期医学論(性と生殖の形態機能学) 2
女性の健康と補完代替医療 1
新生児診断・発達論 1
ウイメンズヘルスとリプロダクティブケア 1
実践助産学
[25単位]
分娩介助技術学 2
助産診断実践学Ⅰ 1
助産診断実践学Ⅱ 1
助産診断実践学Ⅲ 1
助産診断実践学Ⅳ 1
ハイリスク母子支援論 2
地域母子保健学 1
助産管理学 2
助産学実習Ⅰ 8
助産学実習Ⅱ 2
ハイリスク母子実習 2
地域連携健康教育実習 PICK UP 2
統合助産学
[4単位]
補完代替医療とアロマセラピー
2
助産学課題研究
2
卒業に必要な単位 [必修科目・合計] 35単位

PickUp

森ノ宮医療大学プレママ・プレパパ教室 「地域連携健康教育実習」の科目では、本学にて「プレママ・プレパパ教室」を開催しています。母親と赤ちゃん、そしてその家族に大切なことを、学生がオリジナルで作った媒体や教材を使用して楽しく伝えています。

 

カリキュラムポリシー:[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

本学では修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)にある知識や能力等を修得する為に教育課程を編成し、教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

  • ■教育内容
    1. 基礎助産学では助産診断、助産実践に必要な助産専門分野に対応するための基礎知識や技術を講義や演習を通じて学修し助産師としての基盤を築く。
    2. 実践助産学では母子や次世代家族がより健康な経過をたどるための支援方法、地域や連携施設における助産業務管理の在り方、地域の母子保健を推進するための保健・医療・福祉機関との連携、心理・社会的ハイリスクの母親と家族の支援に必要な知識を講義や演習、医療・福祉・保育の現場実習を通じて助産診断技術を修得する。
    3. 助産師としての知識と実践力をさらに充実させ女性のヘルスプロモーションのためのアロマセラピーの有用性、エビデンス、基礎的手法について修得すると共に、助産実践を科学的に分析するための研究理論と研究方法論を修得する。
  • ■教育方法
    1. 講義、演習にかかわらず少人数で対話形式の指導を行い、学生の自発的学修、課題発見、解決模索の態度を重視し促す。
    2. 実習では臨地に出る前に学内で研鑽を積み、実習の到達目標を設定した上で臨地実習に望む。実習後には学内でカンファレンス等での実習報告や指導を受けて実習到達度の確認を行う。
  • ■学修成果の評価方法
    1. 各科目のシラバスに定める成績評価法にもとづき評価する。
    2. 講義科目、演習科目においては、授業中の質疑、意見、討論の内容、及び提出されたレポートの内容を重視する。
    3. 実習に関しては技術力、診断力、対応力、実習記録などをルーブリックなどの評価指標を基準に評価する。

助産師国家試験受験対策のため、各科目で国家試験対策を実施します。さらに、助産師国家試験の出題傾向と出題比率に応じたオリジナル予想問題や全国模擬試験の受験など綿密な学習計画をもとに、早期から国家試験対策を実施いたします。

プロフェッショナルが実践的なスキルを指導します。

酒井 ひろ子 教授(助産学専攻科長)
[担当科目]
女性の健康と補完代替医療/ハイリスク母子支援論/分娩介助技術学/助産学実習Ⅰ/助産学実習Ⅱ/ハイリスク母子実習/地域連携健康教育実習/助産学課題研究
[研究領域]
女性の喫煙・副流煙の健康被害について/発展途上国の女性と母子の健康調査(JICA)

この世に新しい命を産み出す母親は、次世代家族を創る喜びと感動と困難で満ちています。妊娠を経て女性が健全な次世代家族の生活を支えるための能力を高め、母と子の絆を深められるよう助産師は母親そして父親がそれぞれの役割を獲得し発揮することを支えます。子どもたちへの役割は、次世代を担う子どもたちの健康と健全な精神の育成を願い、自分自身を大切にすること、パートナーを大切にすること、親になるための教育を通して性と生の意味を伝えることです。「助産学」は、性と生殖における発達と適応そして新しい生命の誕生と健全な次世代の育成をめざす学問です。世界中の女性と子どもたちが安全な性と生を求めて、助産師を求めています。世界に貢献できるよう、一緒に学びましょう。

南田 智子 准教授
[担当科目]
助産学総論/助産管理学/助産診断実践学Ⅱ/助産診断実践学Ⅲ/助産学実習Ⅰ/助産学実習Ⅱ/地域連携健康教育実習/助産学課題研究
[研究領域]
安全に早期接触やカンガルーケアを行うための支援/母乳育児支援

妊娠・出産は、一人の人間が親になり家族になる過程です。助産師は家族が変化することを関係職種とともに支援することで、親は子どもを持つ喜びを十分に感じとることができ、それは次世代につながる社会への貢献ともなります。少子化や出産の高齢化、出産や育児に対する価値観が多様化する現代社会で、助産師がはたす役割は大きく、助産師には多様な問題に対応できる高い診断能力と、幅広い援助能力が求められています。一緒に周産期医療における助産師の役割や今後の展望について考えていきましょう。

就職先一覧(2017年3月卒業生実績)

  • 大阪はびきの医療センター
  • 大阪府済生会 野江病院
  • 生長会 府中病院
  • 小阪産病院
  • 奈良県総合医療センター
  • 聖バルナバ病院
  • 生長会 ベルランド総合病院

卒業生(修3生)メッセージ

妊婦さんとそのご家族に寄り添って、母になる夢を支えたい。

もともと中学生のときから助産師という仕事に興味を抱いていましたが、大学入学後の看護学科での実習で出産に携わったことを通して、助産師になることを改めて決意。母校でもある森ノ宮医療大学の専攻科へ進学しました。専攻科では、妊娠中のお母さんやご家族を支援するプレママ・プレパパ教室の実習を通じて、出産を控えた両親の赤ちゃんを待っている気持ちや感情などを直に知ることができ、貴重な経験ができました。今は助産師として働く中で、生命の誕生に関わる責任の重さを感じるとともに、専攻科時代の経験が活かされています。今後も妊婦さんやそのご家族としっかり向き合い、安心して出産に臨めるように常に寄り添いサポートする助産師をめざして励んでいきたいです。

「小阪産病院」助産院
花谷 美咲 さん(2017年3月卒業)

卒業生像

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

助産学専攻科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生は修了が認定され、助産師国家試験受験資格が与えられます。

  • [1] 助産学の専門知識と実践力を身につけ、助産師としての基礎的能力を修得している。
  • [2] 生命の尊厳と人権の尊重に基づく倫理観をそなえ、助産師としての責務と役割を果たす能力を有している。
  • [3] 専門職業人として、生涯に亘り自己の資質の向上に努めることができる。
  • [4] 女性の一生における性と生殖に関する健康課題に対し、支援するための基礎的能力を有している。

以下の日程で助産学専攻科の説明会を実施します。本学助産学専攻科の特徴やめざせる資格などについて説明するほか、入試や実習先などについてもっと深く知りたい方のための「個別相談」も予定しています。

※下記日程以外にも平日に個別相談を実施いたします。本学までお問い合わせください。

※当日は、学部・学科のオープンキャンパスも同時開催しています。

6月〜9月 15:30~ 受付
15:45~16:00 助産学専攻科紹介
16:00~16:30 個別相談(入試相談)、キャンパス見学等
12月 11:00~ 受付
11:15~11:30 助産学専攻科紹介
11:30~12:00 個別相談(入試相談)、キャンパス見学等

学費について

(円)
学費 入学金 授業料 教育充実費 合計
150,000 920,000 680,000 1,750,000

※その他、諸費用がかかります。

ページのトップへ