医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸を学ぶ

専攻科 助産学専攻科

  • 助産学専攻科について
  • 助産学専攻科の特色
  • カリキュラム
  • 国家試験対策
  • 年間スケジュール
  • 教員メッセージ
  • 在校生メッセージ
  • 専攻科説明会・入試日程
  • 学費について
  • デジタルパンフレット

※本専攻科は、大学卒業後に看護師資格を有する者が、助産師などの資格取得をめざす教育課程です。

生命の尊厳と人間愛の精神を持ち、産科医療の高度化、多様化に対応する質の高い助産ケアを実践できる人材を養成します。

現代女性のヘルスプロモーションや次世代育成に関する分野において、地域に密着した母子保健の発展に貢献できる、高度で幅広い知識と技術をもつ助産師の存在が求められています。本学の助産学専攻科では、産科医療の高度化、多様化、さらに次世代家族のニーズに対応でき、科学的根拠に基づく高度な助産診断能力および助産技術をもつ人材を養成します。同時に、創造性に富み人間性豊かな、助産師としての社会的使命と責務を果たすためのマインドをもつ人材を育成します。

助産学専攻科の特色

「ハイリスク母子支援論/実習」の科目を設け、虐待の予防や早期発見など、現代社会の子育てを支援するための知識を学ぶ。

少子化の進行や核家族化、家庭や地域の子育て機能の低下、子ども虐待の増加など現代社会が抱える子育てに関わる課題への理解を深めるために、「ハイリスク母子支援論」の科目を設けています。母子の身体的リスク、心理社会的リスク、家族発達のリスクとそれらのリスクの相互関係に関する知識や発達段階などの時期に適した支援、ならびに助産師の役割について学修します。

「女性の健康と補完代替医療」の科目を設け、その有用性とリスクを考える学びを実践。

ライフサイクル全般にある女性、子ども、家族そして地域社会に対するヘルスプロモーションの理論を基にエビデンスに基づく補完代替医療について学修する「女性の健康と補完代替医療」の科目を設けています。女性の健康維持増進や妊孕性、出産する身体能力を高めるための補完代替医療の助産領域への応用について考えます。また、リスクマネジメントの視点からみた補完代替医療の有用性とリスクについても学修します。

カリキュラムは基礎助産学領域、実践助産学領域、統合助産学領域の3科目群で構成しています。

基礎助産学領域

助産学の目的・対象・助産実践の基礎となる基礎医学系科目や専門職としての責務と倫理を学びます。
助産診断、助産実践に必要な助産専門分野に対応するための基礎知識を修得します。

実践助産学領域

妊娠・分娩・産褥・育児期における助産診断技術について学びます。母子や次世代家族がより健康な経過をたどるための支援方法、地域や連携施設における助産業務管理の在り方、地域の母子保健を推進するための保健・医療・福祉機関との連携、心理・社会的ハイリスクの母親と家族の支援に必要な知識を修得し、臨地実習を通して助産技術の実践力を高めます。

統合助産学領域

女性のヘルスプロモーションのための補完代替医療の適用を学ぶとともに、次世代家族への支援や
周産期実践に対する最新の知見をもとに、効果的なケアを創造する能力を養います。

    区分 授業科目 単位数
必修科目 専門分野 基礎助産学
[6単位]
助産学総論 1
周産期医学論(性と生殖の形態機能学) 2
女性の健康と補完代替医療 1
新生児診断・発達論 1
ウイメンズヘルスとリプロダクティブケア 1
実践助産学
[25単位]
分娩介助技術学 2
助産診断実践学Ⅰ 1
助産診断実践学Ⅱ 1
助産診断実践学Ⅲ 1
助産診断実践学Ⅳ 1
ハイリスク母子支援論 2
地域母子保健学 1
助産管理学 2
助産学実習Ⅰ 8
助産学実習Ⅱ 2
ハイリスク母子実習 2
地域連携健康教育実習 PICK UP 2
統合助産学
[4単位]
補完代替医療とアロマセラピー
2
助産学課題研究
2
卒業に必要な単位 [必修科目・合計] 35単位

カリキュラムポリシー:[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

  1. 助産師が、社会に対して果たすべき役割について理解し、必要な知識、技術、態度を身に付け、広い視野を持って行動できる実践能力を育成する。
  2. リプロダクティブヘルスを推進するために、生涯を通じて性と生殖に関連する健康問題について理解し、支援できる能力を育成する。
  3. 妊娠・分娩・産褥・育児期のエビデンスに基づいた助産診断と技術を修得し、実践できる能力を育成する。
  4. 高度な周産期母子医療に対応した助産診断と実践力を修得するために、身体的リスクをもつ母子への援助ができる能力を育成する。
  5. 心理・社会的リスクをもつ母親と家族を理解し、対象の環境と健康レベルに応じた助産ケアの在り方を学修する。
  6. 地域母子保健活動を実践できる能力を育成する。
  7. 周産期における代替補完医療の役割を理解し、エビデンスに基づいた支援の在り方について学修する。

PickUp

“学生も参加する”生きた教育の場。「もりもりひろば」 もりもりひろばとは、近隣に暮らすご家族の子育てを応援するプロジェクト。ボランティアサークルが参加し、絵本の読み聞かせ、親子遊びなど、楽しみながら地域や親子の絆を深められる参加型の教室です。助産学専攻科では、母親・父親の役割獲得の理解と出産・育児準備教育を目的として集団援助を実施しています。

地域貢献活動の拡充

2015年に開始した、地域の高齢者を対象とした「介護予防教室」は、高齢者間の交流活性化にも貢献する地域推進支援事業です。これを契機に、本学は地域住民のみなさまの健康づくりに貢献する活動を本格的に展開しています。2016年には、「プレママ・プレパパ教室」として、妊娠中のお母さんやご家族を応援することを目的とした地域子育て支援プロジェクターをスタートしました。

助産師国家試験受験対策のため、各科目で国家試験対策を実施します。さらに、助産師国家試験の出題傾向と出題比率に応じたオリジナル予想問題や全国模擬試験の受験など綿密な学習計画をもとに、早期から国家試験対策を実施いたします。

プロフェッショナルが実践的なスキルを指導します。

酒井 ひろ子 教授(助産学専攻科長)
[担当科目]
女性の健康と補完代替医療/ハイリスク母子支援論/助産管理学/助産学実習Ⅰ/助産学実習Ⅱ/ハイリスク母子実習/地域連携健康教育実習/助産学課題研究
[研究領域]
女性の喫煙・副流煙の健康被害について/発展途上国の女性と母子の健康調査(JICA)

この世に新しい命を産み出す母親は、次世代家族を創る喜びと感動と困難で満ちています。妊娠を経て女性が健全な次世代家族の生活を支えるための能力を高め、母と子の絆を深められるよう助産師は母親そして父親がそれぞれの役割を獲得し発揮することを支えます。子どもたちへの役割は、次世代を担う子どもたちの健康と健全な精神の育成を願い、自分自身を大切にすること、パートナーを大切にすること、親になるための教育を通して性と生の意味を伝えることです。「助産学」は、性と生殖における発達と適応そして新しい生命の誕生と健全な次世代の育成をめざす学問です。世界中の女性と子どもたちが安全な性と生を求めて、助産師を求めています。世界に貢献できるよう、一緒に学びましょう。

南田 智子 准教授
[担当科目]
助産学総論/分娩介助技術学/助産診断実践学Ⅱ/助産診断実践学Ⅲ/助産学実習Ⅰ/助産学実習Ⅱ/助産学課題研究
[研究領域]
安全に早期接触やカンガルーケアを行うための支援/母乳育児支援

妊娠・出産は、一人の人間が親になり家族になる過程です。助産師は家族が変化することを関係職種とともに支援することで、親は子どもを持つ喜びを十分に感じとることができ、それは次世代につながる社会への貢献ともなります。少子化や出産の高齢化、出産や育児に対する価値観が多様化する現代社会で、助産師がはたす役割は大きく、助産師には多様な問題に対応できる高い診断能力と、幅広い援助能力が求められています。一緒に周産期医療における助産師の役割や今後の展望について考えていきましょう。

在学生メッセージ

もともと母性看護学領域に興味があった私は、実習で初めて出産に立ち会ったことがきっかけとなり、お母さんと赤ちゃんに直接かかわる助産師をめざすことを決意。専攻科の授業は、現役の助産師の方を授業に招いて一緒にディベートするなど、現場の声を直接学ぶ機会も多く、とても勉強になります。母子への寄り添いを大切にして接することのできる助産師をめざしてがんばります!

苗村 未希 さん Miki Naemura

自身の出産で関わってくれた助産師の一言に心が救われ、そんな助産師に私もなりたいと、助産学専攻科への入学を決めました。看護師として働いていた経験も活かして、対象者やそのご家族が求めていることをその場でサポートできる助産師になることが目標です。専攻科は1年間しっかりと助産技術や知識を修得できる環境ですので、スキルアップをめざしている社会人の方も是非チャレンジしてほしいと思います。

平川 郁子 さん Ikuko Hirakawa

卒業生像

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

助産学専攻科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生は、修了が認定されます。
(助産師国家試験受験資格を与えます)

  • [1] 助産学の専門知識と実践力を身につけ、助産師としての基礎的能力を修得している。
  • [2] 生命の尊厳と人権の尊重に基づく倫理観をそなえ、助産師としての責務と役割を果たす能力を有している。
  • [3] 専門職業人として、生涯に亘り自己の資質の向上に努めることができる。
  • [4] 女性の一生における性と生殖に関する健康課題に対し、支援するための基礎的能力を有している。

以下の日程で助産学専攻科の説明会を実施します。本学助産学専攻科の特徴やめざせる資格などについて説明するほか、入試や実習先などについてもっと深く知りたい方のための「個別相談」も予定しています。

※下記日程以外にも平日に個別相談を実施いたします。本学までお問い合わせください。

※当日は、学部・学科のオープンキャンパスも同時開催しています。

6月〜10月 15:30~ 受付
15:45~16:00 助産学専攻科紹介
16:00~16:30 個別相談(入試相談)、キャンパス見学等
12月 11:00~ 受付
11:15~11:30 助産学専攻科紹介
11:30~12:00 個別相談(入試相談)、キャンパス見学等

学費について

(円)
学費 入学金 授業料 教育充実費 合計
150,000 920,000 680,000 1,750,000

※その他、諸費用がかかります。

ページのトップへ