医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸を学ぶ

作業療法学科

作業療法学科について

  • 作業療法学科について
  • 学びの特長
  • 教員の声
  • コンテンツ一覧

患者さんが自発的にリハビリに取り組める作業療法士へ

■作業療法士とは
リハビリテーションの一翼を担い、身体や心に障がいのある人が日常生活や社会生活に適応できるように、本人にとって意味のあるあらゆる作業(食事・更衣・排泄・移動・入浴・遊び・学習・余暇活動など)を通して、身体と心のリハビリテーションを行うのが作業療法士の仕事です。理学療法士とは異なり、そううつ病や摂食障害などの精神障害の患者さんも対象となります。患者さんが「したいこと」「しなければならないこと」「期待されていること」などに共感し、その人らしい生き方に向かって共に歩み続けることができる職業です。子どもから高齢者まで、幅広い年齢の患者さんが対象となり、病院などの医療機関だけでなく、介護や保健福祉施設、地域医療や在宅医療、さらには教育現場などでの活躍が期待されています。
■現場のいま
作業療法士の多くは、病院やリハビリテーションセンター、精神科病院などの医療機関で働いています。また、社会の高齢化にともない高齢者・保健福祉施設や障がい者、障がい児福祉施設など、介護や福祉関連の施設からのニーズも高まっています。理学療法とは異なり、作業療法は洗濯物を干すなどの日常生活活動や趣味活動、体操など、暮らしに密着した活動が多いため、「生活」そのものが活躍の場とも言えます。そのため、暮らしに関わるあらゆる分野からの期待が高まっています。

作業療法士 国家試験受験資格 、福祉住環境コーディネーター検定3級 、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種・Ⅱ種、認知症サポーター、おむつ検定初級、普通救命講習(Ⅰ)

学びの特長

Professor VOICE

一人ひとりの心に寄り添い支えられる作業療法士へ。患者さんを、障がい者としてではなく生活者として捉え、本人にとって重要で意味のある作業を自律的に行なえるように支援するのが、作業療法士の仕事。人と関わる楽しさを感じ、さまざまな活動に興味を持つ能力が必要です。本学科は、リハビリテーションの専門職としての総合的な技能の修得をめざすとともに、他学科と協力しながらチーム医療における作業療法士の役割を担えるよう、実践的な教育や指導を重視。臨床経験豊富な教員陣、見学実習、臨床評価・総合実習など、きめ細やかな学生指導体制を整えています。

小林 貴代 Kiyo Kobayashi[副学科長・教授]
作業療法士 1979〜市立加西病院勤務、1984〜関西労災病院勤務、1998〜府中病院・介護老人保健施設等勤務。2015〜現職、現在、日本ALS協会理事・近畿ブロック副会長、大阪難病医療情報センターコミュニケーション支援員、未来医療臨床研究適性判定委員、福祉用具事業所ケアショップハル顧問、おむつフィッター倶楽部代表世話人
[研究領域]作業療法(神経筋難病コミュニケーション支援)

ページのトップへ