医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

作業療法学科

作業療法学科について

  • 作業療法学科について
  • 学びの特長
  • コンテンツ一覧

患者さんが自発的にリハビリに取り組める作業療法士へ

■作業療法士とは
身体や心に障がいがある人の機能回復や維持を目的にリハビリテーションを行う国家資格。乳児からお年寄りまで、あらゆる世代が対象です。患者さんの日常生活における作業(食事・更衣・排泄・移動・入浴・遊び・学習・余暇活動など)を通して、身体と心のリハビリテーションを行います。また、理学療法士は対象としない統合失調症や摂食障害などの精神障害の患者さんも対象となります。患者さんが「したいこと」「しなければならないこと」などを理解する中で信頼関係を築き、目標に向けた回復の歩みを支えた先にある、達成のよろこびを分かち合える職業です。
■現場のいま
作業療法士の多くは、病院やリハビリテーションセンター、精神科病院などの医療機関で働いています。また、社会の高齢化に伴い高齢者・保健福祉施設や障がい者、障がい児福祉施設など、介護や福祉分野からのニーズも高まっています。理学療法とは異なり、作業療法は食事を摂る、洗濯物を干すなどの日常生活活動や趣味活動、遊びなど、暮らしに密着した活動が多いため、「生活」そのものが活躍の場とも言えます。そのため、暮らしに関わるあらゆる分野からの期待が高まっています。

作業療法士 国家試験受験資格 、福祉住環境コーディネーター検定3級 、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種・Ⅱ種、認知症サポーター、おむつ検定初級、普通救命講習(Ⅰ)

学びの特長

ページのトップへ