医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

理学療法学科

理学療法学科について

  • 理学療法学科について
  • 学びの特長
  • 学びの特長
  • 教員の声
  • コンテンツ一覧

リハビリテーション医療の専門家として認定された国家資格。

■理学療法士とは
ケガや病気などで身体に障がいのある人や障がいの発生が予測される人に対して、基本的動作能力の回復や維持、悪化の予防を目的にリハビリテーションを行います。患者さんの障がいの度合いと目標に応じた適切なプログラムを考え、自身で日常生活を送れるように支援する「動作の専門家」。運動療法(筋力トレーニング、ストレッチなど)や物理療法(温熱、電気などの物理的な手段)により、寝返る、起きる、立つ、歩くなどの基本的な動作の改善をめざします。患者さんに寄り添い、自らの創意工夫により回復へ導くことができる医療職です。
■現場のいま
現在、理学療法士の活躍の場は病院やリハビリテーションセンターをはじめ、福祉や地域医療、スポーツ医学、予防医学、教育・行政関連の領域まで多岐にわたります。特に近年では高齢化の進展に伴い、介護保険の領域や、認知症の予防として健康増進分野でのニーズ、さらにはスポーツ障害分野での期待も高まっています。理学療法士の活動領域は大きく広がっていることから、今後も高い需要がある専門職だと考えられます。

入学定員:60名/取得可能な資格・免許:理学療法士 国家試験受験資格、健康食品管理士 (日本食品安全協会認定)、アロマコーディネーター (日本アロマコーディネーター協会認定)

学びの特長

ページのトップへ