医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸を学ぶ

作業療法学科

臨床検査学科について

  • 臨床検査学科について
  • 学びの特長
  • 教員の声
  • コンテンツ一覧

検査だけではなく複合的に疾患を判断できる臨床検査技師へ

■臨床検査技師とは
患者さんから採取した血液や尿、組織細胞を調べる検体検査や、心拍数や脳波を調べる生理機能検査など、医師の診断・治療に必要な科学的データの分析結果を提供するのが、臨床検査技師の仕事です。的確な検査、分析から導かれる確かな情報が、医療の現場を支えています。求められるのは、医療の高度化に対応できる臨床検査の知識・技術はもとより、チーム医療の一員として活躍できるように協働する力、コミュニケーション力。医療実務の根底を支え、多くの患者さんの健康に貢献する職業です。
■現場のいま
近年、臨床検査技師は、病院業務においてさまざまな検査を大量にこなすことが必要になってきたため、病院や診療所においても需要が高まっています。また、臨床検査を専門に請け負う検査センターや人間ドック、定期健康診断、成人病検診などでも、臨床検査技師は大きな役割を果たしています。ほかに、国や地方自治体の衛生研究所や医療機器メーカー、製薬会社など幅広く活躍する場があります。

臨床検査技師国家試験受験資格・遺伝子分析化学認定士(初級)受験資格・中級バイオ技術者認定試験受験資格・医療情報技師・第二種ME技術実力認定試験

学びの特長

Professor VOICE

医療界をはじめ社会全体に貢献する臨床検査のプロへ。臨床検査技師は、病院などの医療機関においてさまざまな臨床検査を行う医療技術者です。医師が診断や治療を行ううえで、臨床検査技師による検査結果は不可欠なものです。本学科では、専門的な能力とともに、データを説明できるコミュニケーション能力や、科学的な思考能力の養成など、全人的医療を実践する医療人に必要な能力の修得をめざします。活躍の場は、医療界をはじめ、化粧品や食品メーカーなどからも需要がある職業。自ら臨床研究を率先して進め、医療の進歩に貢献できるような研究マインドを持った臨床検査技師をめざしてほしいと考えています。

上田 真喜子 Makiko Ueda[副学長・学科長・教授]
医師・医学博士。1975千葉大学医学部卒業、1980~大阪市立大学医学部第一病理助手、1983~アムステルダム大学医学部病理学教室留学、1985~大阪市立大学医学部第一病理講師、1993~同助教授、1998~大阪市立大学医学部第二病理(現 病理病態学)教授、2015~大阪市立大学名誉教授/2015~森ノ宮医療大学大学院教授/2016~現職。2001~日本動脈硬化学会理事、2008~2013日本病理学会理事、2012~2013日本循環器学会理事
[研究領域]心臓・血管の病理病態学、動脈硬化進展メカニズムの研究

ページのトップへ