医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

作業療法学科

臨床検査学科について

  • 臨床検査学科について
  • 学びの特長
  • コンテンツ一覧

検査だけではなく複合的に疾患を判断できる臨床検査技師へ

■臨床検査技師とは
病気の診断・治療に必要な科学的データの分析結果を提供するのが、臨床検査技師の仕事。血液や尿、組織細胞など、患者さんの検体を調べる「検体検査」と超音波(エコー)などを用いて体内を調べる「生理機能検査」があり、的確な検査、分析による確かな情報が、医療を支えています。医療の高度化に応じた臨床検査の知識・技術をはじめ、チーム医療の一員として協働する力、コミュニケーション力も求められます。自分の行う検査が病気の発見や治療の起点となって人の生命を救うことができるやりがいのある仕事です。
■現場のいま
近年、臨床検査技師は、医療の高度化に伴い、さまざまな検査を大量にこなすことが必要となってきました。そのため、病院や診療所でのニーズが高まっています。また、臨床検査を専門に請け負う検査センターや人間ドック、定期健康診断、成人病検診などでも、臨床検査技師は大きな役割を果たしています。ほかに、国や地方自治体の衛生研究所や一般企業(医療機器メーカー、製薬会社)など幅広く活躍する場があります。

臨床検査技師国家試験受験資格・遺伝子分析化学認定士(初級)受験資格・中級バイオ技術者認定試験受験資格・医療情報技師・第二種ME技術実力認定試験

学びの特長

ページのトップへ