医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸を学ぶ

大学紹介

医療系総合大学

2018年4月、森ノ宮医療大学は新たに「臨床工学科」「大学院博士後期課程」を開設し、1学部6学科そして大学院、助産学専攻科が1つキャンパスに集結する「医療系総合大学」へと進化しました。キャンパス内すべての学生が医療者を志し、刺激しあいながらともに学ぶ環境、6学科が連携した教育など医療に特化した「医療系総合大学」ならではの体制が医療者としての高い意識と知識、優れたセンスを養います。

看護学科・理学療法学科の入学定員を増員

2020年4月には7番目の学科として「診療放射線技師」を養成する診療放射線学科(仮称)を設置する予定です(構想中)。この設置に伴って、森ノ宮医療大学のチーム医療教育は、さらに高度で充実した学びへと進化を遂げることになります。「診療放射線技師」は人体へ放射線照射を行うことができる専門職です。主に病院で、X線撮影やCT検査、放射線治療などで、放射線を出す医療機器を扱うほか、MRI検査、超音波検査など放射線を使わない検査や画像診断における補助も行います。また、診療放射線技師が提供する検査画像は病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報となるため、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。

新学科の設置に伴い、新たに5つ目となる棟の建設を予定しています。新棟は5階建てで、新学科「診療放射線学科(仮称)」の施設だけではなく、カフェテリアや新たな学習スペースなどの設置も計画。外観はスタイリッシュなガラス張りで、屋内と屋外の空間をつなぐウッドデッキが整備され、開放感のある空間が広がります。本学は、在学生の意欲をさらに高める学びの拠点をめざし続けます。



本学の特長
  • 進化
  • チーム医療
  • 医療機関との連携
  • 教育力
  • サポート体制
  • 環境
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト「モリノミヤポート」
  • デジタルパンフレット

ページのトップへ