医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・鍼灸を学ぶ

大学紹介

本学の特長

1学部5学科、大学院・専攻科を有する 医療系総合大学

森ノ宮医療大学は、看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床検査学科、鍼灸学科、そして大学院、助産学専攻科を有する医療の総合大学です。キャンパス内のすべての学生が医療資格の取得を志し、刺激し合いながら共に学ぶ環境、5学科が連携した教育など、医療に特化した大学だからできる体制が、医療者としての高い意識と幅広く柔軟な知識、医療センスを養います。

患者さん自身を診る。全人的医療の実践へ

最善の治療を行うためには医療者側の一方的な医療ではなく、患者さんを中心に考える必要があります。同じ病気・怪我であっても患者さんは百人百様で治療方法も療養生活も異なります。そのため、病院・医療施設では患者さんの情報収集や他の医療職との連携を可能とする「コミュニケーション能力」や患者さんを中心に考え行動できる「対応力・思考力」を持つ医療者を求めています。患部だけを見るのではなく、患者さん自身を診ることができる全人的医療の実践へ。医療系総合大学である、森ノ宮医療大学が、想いのすべてを医療につなぎます。

医療系総合大学「森ノ宮医療大学」だからできる医療教育

  • チーム医療:各医療分野のスペシャリストが協働する「チーム医療」が現在の医療現場を支えています。本学では、在学中から学科の枠を超えた学びを実践。チーム医療が実践できる体制を整えています。
  • 医療機関との強固な繋がり:大阪府を中心に、兵庫県や奈良県など、関西の基幹病院との強固な連携体制を確立。臨床での知識や技術を磨く実習の場となるだけではなく、卒業後に自らの能力を発揮する就職先にもつながります。
  • 教育力:臨床経験の豊富な教員陣が、実践的な知識と技術の養成に力を注いでいます。また、在学中だけではなく、卒業後のスキルアップ教育を行なうことで、生涯にわたる“医療人”としての専門スキルの学びを支えていきます。
  • 環境:おおらかな海を身近に感じられるベイエリアが、医療人をめざす学びのステージに。勉学に勤しむことができる静穏な環境であるとともに、大阪府内からはもちろん、兵庫県、奈良県、京都府など近畿地区の各方面からのアクセスの良さもメリットです。
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト「モリノミヤポート」
  • デジタルパンフレット

ページのトップへ