森ノ宮医療大学 高校生・受験生応援サイト「MORINOMIYA PORT」

  • Facebook公式ページ
  • Line公式ページ

まるわかり医療の仕事図鑑

看護保健分野

柔道整復師

骨折、脱臼、打撲、ねんざ、ざ傷などに対し、自然治癒力を引き出しながら回復をサポート

仕事紹介

柔道整復師のお仕事

「接骨院・整骨院の先生」として知られる職業。「ほねつぎ」と呼ばれることも。主に捻挫や打撲、骨折、脱臼などのケガを治す。骨折や脱臼を手術することなく元に戻したり、包帯固定やテーピングを行ったりして治療する。ストレッチやトレーニングなどのリハビリテーションで、薬を使わず患者の自然治癒力を最大限生かして回復へ導く。

仕事内容

患者に症状を聞く「問診」から始まり、患部をしっかりと観察する「視診」、そして患部に手で触れて状態を把握する「触診」へと進む。
整復法によって、脱臼、骨折をした骨や関節を元の状態に戻す。患部が肩や脚の場合など、必要に応じて、助手の手を借りて整復することもある。整復後は固定法によって患部をギプスなどで動かないよう固定する。包帯の巻き方ひとつで固定力が変わる。腕の場合は三角巾などで吊るすことで患部を安静位に保つ。
回復期のリハビリテーションとして行う療法。手を使って様々な方法で患部に刺激を与える「手技療法」と温熱、冷却、電気や光などのエネルギーを発する機器を用いて、患部に刺激を与える物理療法がある。これらによって患者の持つ自然治癒力を高めることが目的。
後療法の一つで、患部を動かすことで機能を回復させる。とくに骨折後にギプスで長時間固定していた場合などは、関節が固まり、治ったあとにも動く範囲が狭くなる場合があるため、それを防ぐための療法である。

活躍の場

整骨院・接骨院、病院のほか、介護リハビリ分野でも活躍。

整骨院・接骨院、病院や整形外科クリニックなどが主な勤め先。高齢者福祉施設や訪問リハビリテーション事業所などに所属して、介護の一端としてのリハビリを行うこともある。スポーツジムやスポーツチームの専属として活動している者もいる。また、評価から施術までをひとりで行え、保険も使えるため、経験を積んで独立開業する者も多い。

資格情報

資格の取り方

柔道整復師になるには、高校卒業後、柔道整復師養成課程のある大学や短大、専門学校で3年以上学び、必要な科目を習得したのちに、国家試験の合格を目指します。国家試験の合格率は例年70~90%程度で推移しています。

資格取得のルート

資格取得後のキャリアプラン

独立開業

医療関連の仕事としては鍼灸師とともに独立開業の多い資格として知られる。骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷の施術には、健康保険や労災保険などが適用される(骨折、脱臼の施術には医師の同意が必要)。地域に根付き、長く地域の人たちに頼られる接骨院として独立開業を目指す者も多い。

スポーツトレーナー

柔術の治療からスタートした手技であるため、今もスポーツ分野のケガの治療に活用されている。スポーツクラブなどでは専属のトレーナーとして柔道整復師を置いているところもあり、また、様々なスポーツチームの専属トレーナーになっている場合もある。骨折や脱臼に限らず、捻挫や挫傷などの応急処置を行えるため、遠征の多いスポーツなどではトレーナーとして活躍している。取得していると役立つ資格として、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、健康運動実践指導士などがある。

介護関連

柔道整復師であれば、介護関連の現場で機能訓練指導員としてリハビリに当たることが多い。介護老人福祉施設など介護の必要な高齢者の暮らす施設、高齢者の通うデイサービス、さらには在宅で介護サービスを受けている高齢者の元に赴いて、リハビリを行う。高齢者は転倒による骨折や捻挫を引き起こすことが多く、素早い対応が望まれる。また、ケガのあとのリハビリも早期にスタートさせることで機能回復の向上につながる。ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格や機能訓練指導員の資格を取得し、介護のスペシャリストとして活躍するケースも。

やりたい仕事が見つかったら、次は学校を選ぼう!

ページの先頭へ