医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

指導教員

臨床鍼灸学
山下 仁 教授 大学院保健医療学研究科長詳細はこちら

担当科目
代替・統合医療特論、保健医療研究方法論、英語文献講読
研究領域
鍼灸安全管理、現代鍼灸臨床論、鍼灸研究方法論、統合医療概論
研究指導内容
①代替医療・統合医療・鍼灸の普及や認識の状況調査、②鍼灸の臨床試験における適切な対照群の開発とその妥当性の検証、③鍼灸の安全性に関する情報分析、④システマティック・レビューからみた鍼灸の有効性・安全性・経済性のエビデンス、のいずれかを行う。
プロフィール
鍼灸師。1987~愛媛県立中央病院東洋医学研究所技師、1992~筑波技術短期大学助手、1999~英国Exeter大学補完医学研究室客員研究員、2007~現職。博士(保健学)(東京大学)。全日本鍼灸学会理事、エビデンスに基づく統合医療研究会理事、日本東洋医学会代議員、日本統合医療学会代表代議員。

運動制御学
前田 薫 準教授 大学院保健医療学研究科副研究科長詳細はこちら

担当科目
保健医療研究方法論、英語文献講読、バイオメカニクス健康科学特論
研究領域
立位姿勢制御と脳の機能
研究指導内容
ヒトの立位姿勢制御機構について、種々の要因が制御に関わる脳活動、筋活動および関節運動にどのような影響をおよぼすのかを神経生理学的および生体力学的な手法を用いて検討する。その成果をもとに、立位姿勢制御に障害を有する患者 の評価および障害の軽減のための手法開発を試みる。
プロフィール
理学療法士。2006〜金沢大学附属病院技術補佐員、2007〜森ノ宮医療大学保健医療学部助手、2008〜現職。博士(医学)(金沢大学)。

分子病態学
青木 元邦 教授詳細はこちら

担当科目
保健医療研究方法論
研究領域
循環器学、分子血管生物学、老年病医学
研究指導内容
骨・関節疾患(骨粗鬆症・骨折修復・関節拘縮・変形性関節症等)の病態進展メカニズム、さらに種々の疾患が骨代謝・関節変性に及ぼす影響について分子生物学的手法を用いて検討し、多角的な新規治療概念を構築する。
プロフィール
医師、大阪大学医学部卒。1992〜国立大阪南病院循環器科、1997〜米国Harvard大学Brigham & Women’s Hospital、1998〜大阪大学医学部附属病院、2002〜大阪大学医学部加齢医学講座助手、講師、同老年・腎臓内科学准教授を経て現職。博士(医学)(大阪大学)。日本内科学会、日本臨床内科医学会、日本循環器学会ほか。

基礎看護学
村上 生美 教授詳細はこちら

担当科目
保健医療教育特論、看護理論特論、看護技術特論
研究領域
看護ケアのエビデンスを探求する実験的研究、看護におけるコミュニケーションの研究
研究指導内容
看護ケア(清潔ケア・罨法・ストレッチャー移送等)について、その影響の研究指導。患者-看護師間コミュニケーションについて音声と満足度、表情や空間・位置等を扱う研究の支援。ケアの効果を考える研究支援。
プロフィール
看護師。博士(工学)(岡山県立大学)。

臨床理学療法学
金尾 顕郎 教授詳細はこちら

担当科目
リハビリテーション学特論、内科系理学療法学特論
研究領域
運動生理学、内科系理学療法学、呼吸器・アレルギー病態制御学
研究指導内容
 ①運動生理学を基盤として、呼吸・循環・代謝障害患者の持つ問題と理学療法について検討する。②呼吸障害について体幹機能との関係を明らかにし、新しい呼吸理学療法を構築する。③チーム医療におけるPT・OT・STの役割を臨床を通して明確にする。
プロフィール
理学療法士。博士(医学)(近畿大学)。

臨床鍼灸学
鍋田 智之 教授詳細はこちら

担当科目
保健医療教育特論
研究領域
鍼灸臨床能力評価、鍼灸研究方法論、鍼灸臨床研究(睡眠領域)
研究指導内容
①ランダム化比較試験などを用いた鍼灸治療効果に関する研究を行う。近年は不眠症などの睡眠障害を対象としている。②はり師・きゅう師の養成における客観的臨床能力試験の導入と問題点について検証する。
プロフィール
鍼灸師。1992〜明治東洋医学院専門学校、2003〜大阪医療技術学園専門学校鍼灸学科夜間部学科長、2006〜同東洋医療技術教員養成学科学科長、2010〜森ノ宮医療大学鍼灸学科講師、2013〜現職。修士(保健医療学)(森ノ宮医療大学)。

臨床鍼灸学
仲西 宏元 教授詳細はこちら

担当科目
鍼灸健康科学特論
研究領域
鍼灸健康科学、神経生理学、感覚機能系鍼灸学、病態生理学
研究指導内容
灸治療は温熱効果による局所血流の変化、成分中の化合物が燃焼することによって酸化還元され、その作用によって化学反応がおこり多くのラジカル除去物質を生成する抗酸化作用がある。灸治療のフリーラジカルと生体防御、疾病予防と健康増進について分析する。
プロフィール
1989〜明治鍼灸大学助手、講師、助教授を経て現職。鍼灸師。博士(医学)(近畿大学)。

神経解剖学
森谷 正之 教授詳細はこちら

担当科目
保健医療研究方法論、人体構造学特論
研究領域
神経解剖学
研究指導内容
咀嚼、嚥下、呼吸など生命維持の根幹に関わる運動機能を制御している神経ネットワークについて、神経生理学的手法や免疫組織化学的手法を組み合わせて、神経解剖学的視点から解明することを目指す。
プロフィール
1998〜大阪大学助手、2003〜大阪大学講師、2008〜現職。歯科医師、博士(歯学)(大阪大学)。

運動器病態学
川畑 浩久 教授詳細はこちら

担当科目
柔道整復学特論
研究領域
骨軟骨代謝学、実験病理学、分子生物学
研究指導内容
骨・軟骨、筋、靱帯の修復過程や関節炎、関節拘縮などの病態について、組織学的および分子生物学的に検討することにより、現在の治療法の正当性を示しつつ、新規治療概念の構築も目指す。
プロフィール
柔道整復師。博士(医学)(大阪大学)。

老年期理学療法学
三木屋 良輔 教授詳細はこちら

担当科目
リハビリテーション学特論
研究領域
サルコペニア、リハビリテーション栄養学、高齢者介護予防
研究指導内容
①骨格筋が減少するサルコペニアや軽度認知症高齢者に対し、有効な運動・栄養介入の研究、②地域高齢者の健康寿命延伸のための介護予防システム構築の研究、③高齢者の呼吸循環器系の研究、④訪問リハ・通所介護領域での効果検証など、高齢者への新たな介入方法構築を目指す。
プロフィール
理学療法士。修士(医科学)(大阪市立大学)。

臨床理学療法学
堀 竜次 教授詳細はこちら

担当科目
内科系理学療法学特論
研究領域
生体機能学、内部障害理学療法学
研究指導内容
呼吸・循環・嚥下機能について種々の生体信号から解析し、新たな内部障害理学療法技術の開拓を目的とする。①誤嚥性肺炎発生リスクについて、呼吸と嚥下の協調性からの解明②呼吸コンディショニング効果の解明③心不全および脳卒中の離床リスクの解明のいずれかの研究を行う。
プロフィール
理学療法士。博士(医学)(兵庫医科大学)。

作業療法学
横井 賀津志 教授詳細はこちら

担当科目
介護福祉学特論
研究領域
作業科学、介護予防、老年期作業療法
研究指導内容
介護予防のための新しいエビデンスを構築する。そのために、高齢者の寝たきり原因の上位を占める認知症と転倒に関する疫学調査、RCTによる予防介入、予防プログラムの開発を行う。作業科学(Occupational Science)を基盤とした作業の健康と安寧への寄与に関するエビデンスを構築する。そのために、作業の形態・意味・機能に関する横断・縦断調査を行い、健康への影響を検証する。
プロフィール
作業療法士。博士(医学)(和歌山県立医科大学)。

システム生理学
宮本 忠吉 教授詳細はこちら

担当科目
運動生理学特論
研究領域
システム生理学、運動生理学
研究指導内容

システム生理学的アプローチを用いて、以下の研究課題に取り組んでいる。①生体の統合的呼吸・循環調節機構の解明、②呼吸・循環系の動的フィードバック制御機能定量評価法の開発、③運動performanceの決定に関わる主要な生理学的メカニズムの解明、④生体調節系の異常にもとづく疾患の病態解明と、重症度評価法の開発および治療戦略の構築。

プロフィール
1997〜大阪大学助手、2000〜国立循環器病センター研究所循環動態機能部研究員、2007〜同研究センター研究所客員研究員、2011〜九州大学大学院医学研究院共同研究員、2007〜現職。博士(学術)(大阪市立大学)。

成人看護学
吉村 弥須子 教授詳細はこちら

担当科目
QOL評価法特論、療養支援看護学特論、療養支援看護開発特論
研究領域
手術後患者のQOL、周手術期看護、がん看護、臓器移植看護
研究指導内容
手術を受けるがん患者や臓器移植を受けた患者のQOL向上のための医療支援や周手術期看護に関する研究を行う。質問調査票やインタビューなどの手法を用いた調査研究を行い、臨床現場での活用につなげる。
プロフィール
看護師。博士(看護学)(大阪大学)。

基礎看護学
伊津美 孝子 教授詳細はこちら

担当科目
看護研究方法論
研究領域
看護ケアの科学的検証、継続 教育、外来看護
研究指導内容
①実験的研究手法を用いた看護ケアの 科学的検証、②工学的手法(eラーニング)を活用した「継続 教育」、「看護の見える化」に関する研究、③外来看護の 質向上に関する研究、等を支援する。
プロフィール
看護師。博士(工学)(大阪府立大学)。

成人看護学
久木元 由紀子 教授詳細はこちら

担当科目
看護研究方法論、英語文献 講読
研究領域
がん患者や手術を受ける患者 に対する補完療法(タッチケア・ヨガ)の効果
研究指導内容
急性期や周手術期などのクリティカル領域、 がんサバイバーなど疾患を持つ患者や家族に対して、補完療法 などの看護ケアの効果を明らかにする。研究方法は、システマ ティック・レビューなどを用いる。英語文献が読めることが望ましい。
プロフィール
看護師。修士(看護学) (University of California San Francisco)。

老年期作業療法学
松下 太 教授詳細はこちら

担当科目
リハビリテーション学特論
研究領域
認知症リハビリテーション・ケア、 認知症作業療法、認知症予防、老年作業療 法学、ニューロイメージング研究(NIRS)
研究指導内容
老年期のリハビリテーションやケアに関連する研究を行なう。特に認知症予防、認知症の人に対する作業療法等の非薬物療法、重度認知症の人の意味のある作業やQOL、あるいは認知機能などに焦点を当て、時にそれらと脳機能との関連を明らかにし、根拠ある老年期のリハビリテーションやケアの開発に取り組む。
プロフィール
作業療法士・社会福祉士。博士(医学) (三重大学)。

統合医療学
森 美侑紀 教授詳細はこちら

担当科目
柔道整復学特論、代替・統合医療特論、栄養・代謝生化学特論
研究領域
基礎統合医療学、細胞分子機能医学
研究指導内容
運動器疾患に対する精油の抗炎症作用や修復促進作用について、組織学的および分子生物学的に検討し、アロマテラピーの有効性、安全性を明らかにしつつ、統合医療におけるアロマテラピーの役割を示していく。
プロフィール
柔道整復師。看護師。介護支援専門員。2003~森ノ宮医療学園専門学校柔道整復学科教員、2013~森ノ宮医療大学大学院保健医療学研究科講師、2014~現職。博士(医学)(和歌山県立医科大学)。日本アロマセラピー学会評議員。日本酸化ストレス学会、日本生化学会、エビデンスに基づく統合医療研究会。

応用健康学
中原 英博 准教授詳細はこちら

担当科目
人体機能学特論
研究領域
運動処方、適応生理学
研究指導内容
①呼吸循環代謝システムの長期トレーニング適応における順序発現機構の解明、②鍼通電刺激を用いた、心臓血管疾患リスク軽減のための外部制御システムの探索。
プロフィール
博士(医学)(大阪大学)。

臨床理学療法学
澤田 優子 准教授詳細はこちら

担当科目
神経系理学療法学特論
研究領域
コミュニティエンパワメント、高齢者の健康増進、ハイリスク児の発達支援
研究指導内容
理学療法対象者の特性に合わせた身体機能評価および介入方法の検討、効果判定について、文献研究、調査研究、実験研究などさまざまな研究手法を組み合わせて実施する方法を学ぶ。
プロフィール
理学療法士。2002年~近畿大学医学部附属病院リハビリテーション部勤務。2012年~現職。博士(医学)(筑波大学)。

基礎理学療法学
工藤 慎太郎 講師詳細はこちら

担当科目
バイオメカニクス健康科学特論
研究領域
運動器系理学療法領域における基礎理学療法学研究、解剖学・バイオメカニクス的手法を用いた運動機能解析とその応用
研究指導内容
従来から行われている運動器系理学療法における評価方法や理学療法の効果を基礎的手法(解剖学的および生体力学的)を用いて解析し、新たな理学療法評価および介入方法を考案し、その効果を分析する。
プロフィール
理学療法士。博士(医療科学)(鈴鹿医療科学大学)。

コンテンツ一覧

  • 入学から終了までの流れ
  • 指導教員
  • サポート体制・履修指導
  • 大学院入試
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ