医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

学びの特長

鍼灸の心と技、現場で活きる力を磨く2つのコース

スポーツ特修コース

チーム医療

他職種との連携・協働を通じて鍼灸の重要性を理解

これまで、鍼灸師は東洋医学の専門家として地域に根ざして活躍してきました。しかし、今後は医療機関や福祉施設、行政と連携して地域医療に貢献するため、他職種との相互理解が必要です。本学では、学科混成のグループで取り組むIPE(専門職間連携教育)を実践。「症例検討会(ケースカンファレンス)」という演習を通じて他職種と鍼灸師の関係性を理解します。また、「統合医療概論」などのカリキュラムと合わせることで、鍼灸を西洋医学的・科学的に考えることができます。

医療機関との強固な繋がり

学外病院・医療機関での実習を通じてチーム医療を学ぶ

大学附属の施術所だけではなく、学外施設での見学実習も行います。実習施設は、スポーツや美容など特色ある施設や、高齢者から小児までに対応する施設まで、将来の希望に応じて選択できます。また、病院では、入院している患者さんへの鍼灸治療を間近で見学できるため、病院内で各医療スタッフがチーム医療の中でどのように協働しているのかを知ることもできます。

教育力

現場で活躍する経験豊富な教員陣

臨床での経験が豊富な専任教員に加え、スポーツ鍼灸、産婦人科鍼灸、小児鍼灸、美容鍼灸などの分野で活躍している臨床家による授業も実施。豊富な臨床データと貴重な体験が、現場で求められる臨床力の学びにつながります。

伝統医療を科学的根拠に基づく医療として探究

東洋医学の知識・技術だけではなく、西洋医学に関するカリキュラムを豊富に設置。鍼灸を科学的・論理的に考える力を身につけ、患者さん一人ひとりに合わせた治療法を選択し、説明できる鍼灸師を養成します。

環境

中学校・高等学校教諭一種免許状【保健体育】が取得可能

スポーツ特修コースでは「中学校・高等学校教諭一種免許状【保健体育】」の資格をめざすことができます。学内ではバレーボールの国際大会基準をクリアする天井高の体育館やスポーツを研究するためのトレーニングルーム、総合スポーツメーカーのミズノ株式会社が施工した複合スポーツ施設など、「医療」と「体育」を学ぶ最適な環境にあります。また、大学の近隣に位置し、グラウンドやアリーナを有する舞洲スポーツアイランドも授業やクラブ活動で利用しています。

TOPICS

「鍼灸」情報の発信拠点 鍼灸情報センター (MUMSAIC)

Morinomiya University of Medical Sciences Acupuncture Information Center

インターネットやメディアの発達による、情報過多の現代において、誤った情報が発信されているケースは少なくありません。鍼灸についても同様で信頼性や質の高い情報と低い情報が混在しています。また、欧米先進国で行われた優れた研究情報は日本の鍼灸界に広まるまでに長い時間がかかっています。そのため、MUMSAICは医療界、鍼灸師、鍼灸師養成校が知っておくべき信頼性の高い最新情報を収集し発信。森ノ宮医療大学が鍼灸界の拠点となり、情報を発信しています。

詳しくはこちら

先輩に聞きました! 鍼灸学科の先生は、どんな先生ですか?

家族のような温もりで、親身に教えてくれます。

身体に関わるため、やりがいとともにその責任が重い鍼灸の学びは高度ですが、専門的なことから大学での学び方、学校生活のことなど、何にでも親身になってくれる先生方のおかげで安心して学ぶことができています。学科全員の顔がわかるくらいの距離なので、先生方が私の性格や苦手なことを知ってくださっており、的確なアドバイスをしてくださいます。まるで家族のような温もりを感じる環境で培われる人間性や優しさは、施術を通して患者さんにも伝わっていくと思います。

理学療法学科 4年

滝本 野の花 さん
鍼灸学科 4年
[奈良県・奈良女子大学附属
中等教育学校出身]

Professor VOICE

地域医療のスペシャリストとして、新たなフィールドを切り開く人材へ。

鍼灸師は日本の伝統医療として古くから地域に根付き、東洋医学の視点から疾病の治療や「未病」、即ち予防医療の実践者として貢献してきました。その対象は内科、整形外科、婦人科などの多岐にわたっています。また、近年は地域医療の一員として医療機関や福祉施設など他職種とも連携して、国民の健康に携わることが求められています。更に、スポーツや美容などのフィールドにも進出しています。こうした時代の変化を受けて、鍼灸師を養成する大学は、広い視野を持ち、社会に変化に適応できる人材の育成が求められています。本学では第一に東洋医学の専門家として確かな医療知識と技術を身につけること、第ニに医療系他職種と連携して地域に貢献できることを重視しています。こうした医療のスペシャリストであるからこそ、教育やスポーツ、美容などのフィールドで求められる人材になり得ると考えています。

鍋田 智之 Tomoyuki Nabeta [学科長・教授]
鍼灸師・修士(保健医療学)。1990 明治鍼灸大学卒業 1992 明治鍼灸教員養成施設卒業 1992~明治東洋医学院専門学校 2003~大阪医療技術学園専門学校鍼灸学科夜間部学科長 2006~同東洋医療技術教員養成学科学科長 2010~森ノ宮医療大学鍼灸学科講師、学科長補佐 2013~現職。
[研究領域]鍼灸臨床能力評価、鍼灸研究方法論、鍼灸臨床研究(睡眠領域)
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ