医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ
GRADUATE SCHOOL OF HEALTH SCIENCES
DOCTORAL COURSE OF MEDICAL SCIENCES

大学院 保健医療学研究科 医療科学専攻(博士後期課程) PROFESSORS

指導教員

山下 仁 教授
保健医療学研究科 研究科長

担当科目
鍼灸医療技術開発特論、医療科学概論、医療科学研究方法論、研究倫理特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
鍼灸技法、鍼灸臨床試験の適切な対照群、または過誤・副作用情報収集・発信システムの開発とランダム化比較試験やメタアナリシスなどによる検証。

山下 仁教授

青木 元邦 教授
医療科学専攻 専攻長

担当科目
分子治療学特論、医療科学概論、医療科学研究方法論、研究倫理特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
生体内での主たる高血圧調節機構であるレニン-アンジオテンシン系と骨・軟骨代謝(分化・細胞死)との関連に関する分子生物学的アプローチによる検証。

青木 元邦教授

小縣 裕二 教授

担当科目
後期専門演習、後期特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
放射線画像検査機器ごとに撮影から画像情報の定量化および解析方法などを詳細に検討し、医師に客観的な解析結果を提供するコンピュータ支援診断(CAD)システムの構築とその効果を検証する。

小縣 裕二教授

川畑 浩久 教授

担当科目
分子治療学特論、医療科学研究方法論、後期専門演習、後期特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
骨折修復や関節拘縮、筋損傷などの病態解析や、骨・関節・筋への物理的刺激による施術の効果や安全性について組織学的・分子生物学的手法をもちいて検証する。

川畑 浩久教授

前川 佳敬 教授

担当科目
分子病態検査学特論、介護予防技術開発特論、後期専門演習、後期特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
生活習慣病などを背景とした循環器疾患のメカニズム解明と診断・治療への応用を探り、現代医療システムに導入するために必要な分子病態検査の有効性または安全性の臨床的エビデンスを検証する。

前川 佳敬教授

村上 生美 教授

担当科目
看護技術開発特論、医療科学概論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
看護におけるコミュニケーション(患者・看護師間のバーバル・ノンバーバル、位置・空間、医療施設における媒体)あるいは看護技術(患者移送法、清潔行動、罨法)の量的研究デザインによる検証。

村上 生美教授

森 誠司 教授

担当科目
分子病態検査学特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
癌の転移について、培養細胞、組織あるいは動物を用いたin vitro・in vivoの実験を中心として解析することにより、詳細なメカニズムの解明および診断・治療への応用について検証する。

森 誠司教授

森谷 正之 教授

担当科目
臨床神経解剖学特論、医療科学概論、医療科学研究方法論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
四肢の運動や感覚を制御する脊髄神経系とは異なるシステムで構築された口腔顔面領域の運動制御および感覚伝達システムを神経解剖学的手法により検証。

森谷 正之教授

吉村 弥須子 教授

担当科目
看護技術開発特論、医療科学研究方法論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究指導内容
がん患者のQOL向上のための看護実践、がん患者サポートのためのシステム構築、あるいは手術患者の意思決定支援や術後のQOL向上のための看護支援について質的研究手法により検証する。

吉村 弥須子教授

担当科目 氏名
五十嵐 淳介 教授 医療科学概論、医療科学研究方法論、システム生理学特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
上田 真喜子 教授 分子病態検査学特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
荻原 俊男 教授 分子治療学特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
河口 直正 教授 後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
澤田 優子 准教授 医療科学研究方法論、後期専門演習
仲西 宏元 教授 鍼灸医療技術開発特論、医療科学研究方法論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
中原 英博 准教授 システム生理学特論、後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
前田 薫 准教授 介護予防技術開発特論、医療科学概論、医療科学研究方法論、後期専門演習
吉岡 敏治 教授 後期専門演習、後期特別研究 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

コンテンツ一覧