医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF MEDICAL ENGINEERING

臨床工学科 CURRICULUM AND FACILITIES

カリキュラム紹介

「基礎医学」から「医用工学」まで、実践重視のカリキュラム。

医学と工学の基礎を学習し、医療人の土台を構築

人間や社会を深く理解する科目
(教養科目)
基礎ゼミナール物理学/生物学/化学/情報処理/統計学/心理学/生命倫理学/社会福祉学/日本国憲法/東洋史概説/西洋史概説/英語Ⅰ(初級)英語Ⅱ(中級)
全学科の学生が共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
MBS〈Morinomiya Basic Seminar〉チーム医療見学実習/基礎体育/健康科学(スポーツ社会学を含む)/栄養学
人体構造や病気の成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
医学概論公衆衛生学人体の構造Ⅰ人体の構造Ⅱ人体の機能Ⅰ人体の機能Ⅱ生化学医用工学数学演習電気工学Ⅰ電気工学Ⅱ
臨床工学を専門的に学ぶ科目
(専門科目)
-
より高度な専門領域を学ぶ科目
(専門特講)
-
先進科学技術を学び、研究に取り組み科目
(研究分野)
-

臨床工学の基礎を学ぶとともに、多職種への理解を深める

人間や社会を深く理解する科目
(教養科目)
哲学/英会話/医学英語/基礎英語演習/応用英語演習
全学科の学生が共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
医療コミュニケーションチーム医療論/健康管理学Ⅰ・Ⅱ
人体構造や病気の成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
病理学免疫学薬理学看護学概論基礎医学実習応用数学応用物理学応用化学電気工学実習電子工学Ⅰ電子工学Ⅱ電子工学実習放射線工学概論情報処理工学医療統計学システム制御工学情報処理・システム制御工学実習
臨床工学を専門的に学ぶ科目
(専門科目)
生体物性工学生体材料工学バイオメカニクス/生体情報処理工学/医用機器学概論/画像診断装置学/体外循環装置学血液浄化装置学人工呼吸装置学/人体機能補助装置学
より高度な専門領域を学ぶ科目
(専門特講)
-
先進科学技術を学び、研究に取り組み科目
(研究分野)
-

現場で必要となる知識や技術を実践的に修得し、専門的な知見を得る

人間や社会を深く理解する科目
(教養科目)
-
全学科の学生が共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
IPW論/身体運動科学/東洋医療概論/統合医療概論
人体構造や病気の成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
-
臨床工学を専門的に学ぶ科目
(専門科目)
バイオレオロジー/計測工学 生体計測装置学 生体計測装置学実習 医用治療機器学 医用治療機器学実習/医用監視システム装置学/体外循環療法学 体外循環実習 血液浄化療法学 血液浄化実習 人工呼吸療法学 人工呼吸実習/人体機能補助療法学/人体機能補助実習/医用機器安全管理学 医用機器安全管理学実習 関係法規 臨床医学総論(内科学・外科学) 内科学各論(循環器・呼吸器・腎・感染症)外科学各論(循環器・呼吸器・泌尿器・麻酔・集中治療学)/臨床医学演習
より高度な専門領域を学ぶ科目
(専門特講)
-
先進科学技術を学び、研究に取り組み科目
(研究分野)
先進科学技術論 先進計測技術学 先進治療技術学/機能評価分析学/ 機能評価学演習/ 医療情報システム学/ 医療情報システム学演習/ 医用ロボット工学/ 遺伝子検査学/ 先進科学技術演習/卒業研究Ⅰ

自らの研究テーマに取り組み、4年間の総仕上げとして国家試験に備える

人間や社会を深く理解する科目
(教養科目)
-
全学科の学生が共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
-
人体構造や病気の成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
-
臨床工学を専門的に学ぶ科目
(専門科目)
臨床実習
より高度な専門領域を学ぶ科目
(専門特講)
医用生体工学特講 医用機器学特講 生体機能代行技術特講 関連臨床医学特講 基礎工学特講
先進科学技術を学び、研究に取り組み科目
(研究分野)
卒業研究Ⅱ

青文字 必修科目
※上記は2020年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。

臨床工学科のカリキュラムポイント

以下の①~④の資質・能力を有する専門職医療人を育成します。

  • ① 精度の高い専門的知識と技術
  • ② チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • ③ 豊かな人間力
  • ④ 主体的な問題解決能力

臨床工学科専任教員による授業
92.4%

※専門教育(必修科目)における割合(2019年度)

PICK UP!

授業ピックアップ

人工呼吸実習

人工呼吸装置学、人工呼吸療法学の応用として、各種人工呼吸器の理解と、その点検業務、回路交換、消毒方法などの技術修得をめざします。グループワークやディスカッションなども交え、学生が主体的に学びながら、チーム医療の中でのコミュニケーション力も養っていきます。

体外循環実習

生命維持装置のひとつ、「人工心肺」を学びます。その原理や構成はもとより、心臓血管外科手術への理解も深めながら、人工心肺の操作方法を修得。シミュレータを活用し、実践的な技術を身につけます。

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

現場の緊張感を胸に、“いのち”のエンジニアへの学びに取り組みたい。

憧れよりも、本音で選んだ道。

多くの人が憧れるように、私もTVドラマで見るような素敵な看護師になりたいと思っていた時期がありました。転機になったのは、オープンキャンパスです。参加して初めて臨床工学技士という職業を知りました。父の仕事の関係でさまざまな工具が身近にあり、それでモノを作るのが好きだった私にぴったりの医療職を見つけたと思いました。

現場を想定し、つねにシビアに。

臨床の現場で必要となる計算式などを学ぶ「血液浄化装置学」の授業では、血液に含まれるイオンの濃度を調整する計算方法などを身につけます。実際に想定される医師とのやりとりなど現場のエピソードも聞き、緊張感を持って臨んでいます。
※イオン(電解質)…細胞の浸透圧の調整や、人体の細胞や臓器の働きに関わる重要な物質。

学生からプロへ、意識が変わった。

学びの先には、医療の最前線がある。その意識が高まったのは、アーリーエクスポージャー(1年次の病院見学)のとき。人工透析室や手術室を見学し、現場の緊張感を肌で感じながら、医療を受ける側から提供する側になるということの重さを実感。気を引き締めて学んでいこうと、決意を新たにしました。

時間割モデル例

1 医療機器学概論 バイオメカニクス 体外循環装置学 人工呼吸装置学
2 基礎医学実習 チーム医療とコミュニケーション 生体物性工学
3 看護概論 電子工学実習 生体材料工学
4 情報処理・システム制御工学実習 画像診断装置学 血液浄化装置学
5 放射線工学概論 薬理学

2019年度後期時間割(10月~3月)(2年生)

カリキュラムポリシー :[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

臨床工学科ではディプロマ・ポリシーに掲げるチーム医療における使命を理解し、臨床工学技士としての職責を自覚し、実践できる人材に成長できるよう知識や技術等の修得をめざして教育課程を編成しています。学位取得に向けた教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

教育内容

  • ①1、2年次には教養科目、学部共通科目ならびに専門知識の基礎を修得し、臨床工学技士の礎となる知識、技術、人間力の習得を目指します。
  • ②3、4年次には1、2年次に学修した知識を基に臨床実習において、臨床現場で活用できる知識、技術、さらにはチーム医療における自らの役割について学修し、専門職医療人としての確固たる知識・技術を身に付けるために、実践的な実習を中心に演習や講義に取り組みます。

教育方法

  • ①医療知識、教養知識を修得するための講義科目を配置します。
  • ②臨床実習において活用できる技術、知識の修得を目標とした実習科目を配置します。
  • ③他職種連携教育(IPE)を積極的に導入し、チームで模索・討議し、協調性をもって解決策を検討するチーム医療実践のための演習科目を配置します。
  • ➃予習、復習などをシラバスに記載し、学修すべきポイントを明確にすることで、積極的に課題を見出し自ら問題解決に取り組む主体的な学修を促す手法で教育を行います。

学修成果の評価方法

  • ①科目ごとに学修到達目標を明確にし、目標到達度に応じて学修成果の評価を行います。
  • ②ルーブリック等を積極的に活用し、評価基準を教員・学生ともに共有し、評価の透明性・公平性が確保された手法で学修成果の評価を行います。

施設・研究設備

最新の医療技術を学ぶ、充実の設備が整っています。

臨床工学実習室

さまざまな医療機器を完備した臨床工学科の実習室。領域ごとにいくつかのエリアに分かれています。

臨床工学実習室(手術シミュレーションエリア)

手術台や人工心肺装置などを導入し、手術室をリアルに再現。手術中の臨床工学技士の動きをリアルに学べます。特に人工心肺装置はシミュレータと連結させ、緊急的状況など心臓手術の多様なケースを学べるようになっています。

臨床工学実習室(人工透析エリア)

病院でも使用されている最新の人工透析装置を導入。学生が患者さんと臨床工学技士の役、観察班に分かれてロールプレイングを行います。機器の使用方法だけではなく患者さんとのコミュニケーションも重要な仕事であることを理解していきます。

臨床工学実習室(基礎工学実習室)

オシロスコープ、ファンクションジェネレータ、磁気回路実習装置のほか、さまざまな実習機器・器具を配置し、工学的な知識を学びます。

MORINOMIYA + PLUS INFO

あらゆる状況を再現。シミュレータでトレーニング。

臨床工学技士は、単純に機器を動かせばよいのではなく、「操作の結果、人体にどのような影響がでるのか」を理解し、「刻々と変わる状態の変化に合わせた機器操作」ができることが求められます。本学科ではその点にこだわり、機器の操作と連動するアプリケーションを用いて、よりリアルに学ぶことができる環境を整えました。その他、VRに代用される最新技術を駆使するなど、教員陣も工夫を重ねて、学生に価値ある学びを提供するために尽力しています。

コンテンツ一覧