医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

卒業生の就職実績

就職率100%(就職希望者に対する割合)

過去3年間の主な就職実績※( )内は就職人数

  • □ 大阪急性期・総合医療センター(24)
  • □ 日本生命病院(15)
  • □ 大手前病院(14)
  • □ 住友病院(13)
  • □ 大阪国際がんセンター(11)
  • □ JR大阪鉄道病院(11)
  • □ 大阪大学医学部附属病院(7)
  • □ 大阪市立総合医療センター(6)
  • □ 大阪母子医療センター(5)
  • □ 府中病院(4)
  • □ 富永病院(4)
  • □ 兵庫県立尼崎総合医療センター(4)
  • □ 八尾こころのホスピタル(3)
  • □ 阪和記念病院(3)
  • □ 阪和第二泉北病院(3)
  • □ 大阪市立大学医学部附属病院(3)
  • □ 関西電力病院(3)
  • □ 市立東大阪医療センター(3)
  • □ 八尾市立病院(3)

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

がん患者さんが極限の辛さを迎えるとき、
看護師への信頼は、命を支える力になる。

大阪国際がんセンター※ 呼吸器内科/看護師
(保健師・養護教諭二種免許状同時取得)

松鹿 有希 さん 看護学科 2015年3月卒業
[京都府・京都橘高校出身]

看護師になって3年、大阪国際がんセンターに勤務。現在は、呼吸器内科に所属しています。がんに特化した医療機関なので、抗がん剤や放射線治療のために入院されている方が多く、辛い副作用に対する症状ケアが中心です。副作用の症状は多様で、痛み止めの投薬やベッドでの体勢など、一人ひとりに合わせて対応しています。特にがんを取り除けない状態の方は、精神的な落ち込みも大きいため、ゆっくりとお話を伺うなど心に寄り添った看護が必要です。呼吸器内科なので肺がんの方も多く、その特有の“息苦しさ”を抱える患者さんもおられます。しっかりと向き合うには、自身のメンタルを強く保つことも重要であることを実感しています。以前、少しでも辛い痛みを忘れるために『眠らせてください』と仰る方がおられました。眠るということは、その間、痛さや辛さを意思表示できない状況になるということであり、がん患者さんにとっては、私たちに身を委ねるという大きな決断です。重大な責任を感じるとともに、深い信頼の証でもあり、やりがいを実感できる出来事でした。これからも、一日一日を患者さんのために尽くしたいと思います。
※旧:大阪府立成人病センター/2017年4月に改称・移転

卒業生インタビュー

オペ看”として、急性期医療の最前線へ。
患者さんの安心と、手術を支えるために。

大阪急性期・総合医療センター
中央手術室/看護師

木田 直宏 さん 看護学科 2015年3月卒業
[大阪府・大阪市立高校出身]

一刻を争う手術が日夜行われる、急性期医療の現場。医師による手術(オペ)をサポートするのが、私たち“オペ看”です。メスなどをはじめとした機械の数々を医師へ渡すことはもちろん、手術前の準備も私たちの仕事。同じ手術でも、医師により使用する機械が異なるため、医師一人ひとりに合わせたセッティングが求められます。機械の手渡しは医師に言われてからでは遅く、自身の目で状況を把握して次の動作を予測しながら的確なタイミングで行う必要があるため、手術内容や医師の動きを知り、経験を積むことが重要な世界です。私たちオペ看の大切な役割は、もうひとつ。それは、手術を迎える患者さんの不安を和らげることです。私たちが患者さんと接するのは、手術直前直後のわずかな時間。その中で、不安と緊張のピークにある患者さんの心に寄り添い、チームを信じていただけるよう尽くしています。私たちの仕事は多岐にわたりますが、患者さんの「よろしくね」「ありがとう」という短い一言に、すべてが報われる思いです。今後は新人の指導役も担いながら、自らも学び続ける姿勢で頑張ります。

卒業生インタビュー

ご本人が自分の力で、健康を保てるように、
保健指導を通じて、支えていく。

大阪市大正区保健福祉センター/保健師

浅野 伽奈 さん 看護学科 2015年3月卒業
[大阪府・山本高校出身]

病気の「予防」に携わり、年齢層を問わず多くの人の健康を支えていける職業として、保健師になりました。新生児の育児で悩まれているお母さんや、身体に不調を感じる高齢者など、大正区民の方の健康に関するあらゆる相談に応えるのが、私の仕事。病気の方をケアするのが看護師だとすると、病気にならないように、ご本人が自力で予防できるようにアドバイスやサポートをするのが保健師です。市役所の窓口で相談を伺うだけでなく、区内の施設で認知症予防や熱中症予防などの保健指導を行うことも仕事の一環となっています。指導には、生活習慣の改善などご本人に意識を変えていただかないといけないことが多い分苦労もありますが、区民の皆さんと接することで私も元気をいただいています。在学中は、進路のことも学習のことも、親身に答えてくださった先生にお世話になりました。また、区民のみなさんから相談いただく内容が幅広いため、在学中に他の医療分野に触れられたことは、保健師として働くうえでとても役に立っています。これからも、区民のみなさんを癒せる存在となれるよう、努力を重ねます。

助産分野のスペシャリストを目指す助産学専攻科

看護師免許を持つ女性が、1年間にわたり助産学分野の専門知識を習熟することで「助産師国家試験受験資格」や「受胎調節実地指導員」などの資格が得られます。本学の卒業生は、学内の推薦制度を利用して進学することができます。女性や家族について深く学び、妊娠、出産、育児の在り方を尊重し、支援できる助産師を養成します。

助産学専攻科

卒業生像

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

看護学科に4年以上在籍し、卒業要件単位数を取得したものに卒業が認定され、学士(看護学)の学位が与えられます。これは看護師国家試験受験資格となります。チーム医療とヒューマンケアリングを創造的に実践できるよう下記の能力を身につけた人材に学位を授与します。

[1]精度の高い専門的知識と専門技術
地域社会や医療現場等でのチームにおける看護の役割を理解し、自己の看護観をもち、実践に即した精度の高い知識と専門技術を活用し、それぞれの立場を理解した上で看護力を発揮することができます。
[2]チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
チーム医療を実践するために他職種に関する幅広い知識と患者・家族の想いを理解し、チーム医療の実践に欠かせない協調性・コミュニケーション能力を駆使して、根拠や倫理観に基づいたケアを提供することができます。
[3]豊かな人間力
他者への思いやりの心を持ち、人によりそう豊かな感性、その想いを医療の力にかえることのできる人間力、さらには生命と真摯に向き合う高い倫理観を育むことができます。
[4]主体的問題解決能力
看護が実践される現場に適応し、患者や家族あるいは地域住民といった人々のニーズを見極め、個別のニーズに応えられるよう主体的に創造的に問題を解決することができます。
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ