医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

カリキュラム紹介

作業療法の基礎から、地域医療を支えるスキルまでを
マスターする4年間

基礎医学、臨地実習などを通じ、作業療法の基礎を構築

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
基礎ゼミナール②③④/物理学/生物学/情報処理心理学③生命倫理学③/哲学・宗教学社会福祉学③/日本国憲法/統計学英語Ⅰ(初級)②英語Ⅱ(中級)②
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
スポーツ健康科学演習③/健康科学(スポーツ社会学を含む)/東洋思想史(MBS〈Morinomiya Basic Seminar〉)/(チーム医療見学実習)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造演習(運動器)②③④人体の構造Ⅰ(循環・内臓)②③人体の構造Ⅱ(神経系)②③人体の機能Ⅰ(動物性機能)②③人体の機能Ⅱ(植物性機能)②③基礎運動学③リハビリテーション概論①②③/公衆衛生学②③
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
基礎作業学①④作業科学入門①②作業療法概論①作業療法評価学総論①日常生活活動学①
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨地見学実習①②③④

青文字 必修科目
※上記は2019年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。また、( )の科目は、2020年度入学生からカリキュラムに加わる予定です。

作業療法学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

原因の考察から治療まで、作業療法の本格的な学びがスタート

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
医学英語Ⅰ/医学英語Ⅱ/英会話Ⅰ/英会話Ⅱ
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
生化学/健康管理学Ⅰ・Ⅱチーム医療とコミュニケーション②③/栄養学/身体運動科学漢方医学概論②③(医療コミュニケーション)/(チーム医療論)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造実習②③④臨床運動学③④病理学②③内科学Ⅰ②③内科学Ⅱ②③脳神経外科学①②整形外科学①②小児科学(人間発達学)①②精神医学①②精神医学各論①②臨床心理学②③/医療関係法規論/理学療法概論①②/芸術療法論①②/介護学概論・ボランティア活動論 ①②③/スポーツ医学
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
身体障害作業療法評価学①④精神障害作業療法評価学①④発達障害作業療法評価学①④/高次脳機能障害作業療法評価学①④義肢装具学①④
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床検査実習①②③④

青文字 必修科目
※上記は2019年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。また、( )の科目は、2020年度入学生からカリキュラムに加わる予定です。

作業療法学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

現場で必要となる専門的な学びとチーム医療を実践的に学びます

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
統合医療概論②③
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
救急処置法老年医学②リハビリテーション医学①②③/言語聴覚療法、摂食・嚥下障害学①②/漢方医学各論/東洋医学概論Ⅰ・ⅡIPW論①②③④
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
身体障害作業療法治療学総論①精神障害作業療法治療学総論①老年期障害作業療法治療学総論①発達障害作業療法治療学総論①身体障害作業療法治療学各論①精神障害作業療法治療学各論①老年期障害作業療法治療学各論①発達障害作業療法治療学各論①/身体障害作業療法治療学演習 ①④/精神障害作業療法治療学演習 ①④/老年期障害作業療法治療学演習 ①④/発達障害作業療法治療学演習 ①④地域作業療法学①②生活環境論①④障害者地域生活支援論①②③卒業研究Ⅰ①④
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床評価実習①②③④

青文字 必修科目
※上記は2019年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。また、( )の科目は、2020年度入学生からカリキュラムに加わる予定です。

作業療法学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

医療現場での実習で、専門的知識と技術を習熟

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
作業療法特論Ⅰ①④作業療法特論Ⅱ①④/卒業研究Ⅱ(身体障害)①④/卒業研究Ⅱ(精神障害)①④/卒業研究Ⅱ(老年期障害・地域)①④/卒業研究Ⅱ(発達障害)①④
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床総合実習①②③④

青文字 必修科目
※上記は2019年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。また、( )の科目は、2020年度入学生からカリキュラムに加わる予定です。

作業療法学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力
Pick up! 授業ピックアップ
発達障害作業療法評価学
障がいのある方への作業療法を、理論と実践の両面から学ぶ科目です。自ら赤ちゃんになりきって動作を確認したり、同じ動作を成人と比較し、使用する筋肉の違いを考察したり、身体を使って身につけていきます。
卒業研究 Ⅰ・Ⅱ
教員指導のもとで各自がテーマを設定し、研究に取り組みます。4年次では、身体障害、精神障害、老年期障害、発達障害など、自身が専攻したい分野に分かれて、専門知識、手技技術を修得し、論文完成をめざします。

講義一覧とシラバス検索

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

違いを受け入れ、支援する。川﨑 胡桃さん 作業療法学科 3年[大阪府・泉北高校出身]

作業療法士をめざすきっかけは?

幼い頃から絵を描いたり、編み物やダンスをしたりするのが好きだった私。それらの趣味をリハビリテーションとして生かせる医療職があると知り、作業療法士に興味を持ちました。

好きな科目は?

特に夢中で取り組んだのは「発達障害作業療法評価学」。自分が実際に赤ちゃんの姿勢になったりしながら、その発達の過程を身体で覚えていきます。先生からはその場で誤りを指摘してもらえるのでとてもわかりやすいです。また「精神障害作業療法評価学」の授業では、精神障がいのある方へのリハビリテーションについて学生同士での議論を通じて理解を深めていきます。自分では気づかない考え方などを学べる貴重な機会です。

大切にしているポリシーは?

障がいのある方々、同じ道を志す仲間たち、いつも指導してくださる先生方、さまざまな人と触れ合うなかで学べたのは、人は一人ひとり大切にしていることが違うということ。そのうえでお互いを受け入れ、尊重していくという気持ちを胸に、これからも頑張ります。

カリキュラムポリシー:[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

作業療法学科ではディプロマ・ポリシーに掲げるチーム医療とクライエント中心の作業療法を創造的に実践できる人材に成長できるよう知識や技術等の修得をめざして教育課程を編成しています。学位取得に向けた教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

  • ■教育内容
    1. 1、2年次には教養科目、学部共通科目ならびに各領域の専門知識の基礎を修得し、臨地見学実習と臨床検査実習を実施することにより、作業療法士の礎となる知識、技術、人間力の修得を目指します。
    2. 3、4年次には専門的に深化した知識を基に多様な領域で活用できる知識、技術、さらにはチーム医療における自らの役割について学修し、実践を通して確固たる知識・技術を身に付けます。また、授業の集大成として卒業論文に取り組みます。
  • ■教育方法
    1. 医療知識、教養知識を修得するための講義科目を配置します。
    2. 作業療法実践の基盤となる各領域の作業療法学に対応した実習科目を配置し、最終学年ではそれらを統合した実習科目を配置します。
    3. 他職種連携教育(IPE)を積極的に導入し、チームで模索・討議し、協調性をもって解決策を検討するチーム医療実践のための演習科目を配置します。また、各領域の作業療法治療学では技術演習、ケーススタディ、グループワーク等の多様な学修方法を取り入れます。
    4. 予習、復習などをシラバスに記載し、学修すべきポイントを明確にすることで、積極的に課題を見出し自ら問題解決に取り組む主体的な学修を促す手法で教育を行います。
  • ■学修成果の評価方法
    1. 科目ごとに学修到達目標を明確にし、目標到達度に応じて学修成果の評価を行います。
    2. ルーブリック等を積極的に活用し、評価基準を教員・学生ともに共有し、評価の透明性・公平性が確保された手法で学修成果の評価を行います。
入学・入試案内
看護学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
診療放射線学科
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 看護学専攻
指導教員
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ