医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

PHYSICAL THERAPY

作業療法学科 CURRICULUM AND FACILITIES

カリキュラム紹介

作業療法の基礎から、地域医療を支えるスキルまでをマスターする4年間

基礎医学、臨地実習などを通じ、作業療法の基礎を構築

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
基礎ゼミナール/物理学/生物学/化学/情報処理/心理学生命倫理学/哲学/社会福祉学/日本国憲法/英語Ⅰ(初級)英語Ⅱ(中級)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
MBS〈Morinomiya Basic Seminar〉チーム医療見学実習/基礎体育/健康科学(スポーツ社会学を含む)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造演習Ⅰ・Ⅱ(運動器)人体の構造Ⅰ(神経系)人体の構造Ⅱ(循環・内臓)人体の機能Ⅰ(動物性機能)人体の機能Ⅱ(植物性機能)基礎運動学リハビリテーション概論/公衆衛生学
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
基礎作業学作業科学入門作業療法概論作業療法評価学総論日常生活活動学
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨地見学実習

原因の考察から治療まで、作業療法の本格的な学びがスタート

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
英会話/医学英語/基礎英語演習/応用英語演習
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
医療コミュニケーションチーム医療論/健康管理学Ⅰ・Ⅱ/栄養学/身体運動科学
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造実習臨床運動学病理学臨床病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ整形外科学小児科学(人間発達学)精神医学精神医学各論臨床心理学チームリハビリテーション概論/生化学/医療関係法規論/介護学概論・ボランティア活動論
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
身体障害作業療法評価学精神障害作業療法評価学発達障害作業療法評価学高次脳機能障害作業療法評価学義肢装具学
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床検査実習

現場で必要となる専門的な学びとチーム医療を実践的に学修

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
統計学/東洋史概説/西洋史概説
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
IPW論/東洋医療概論/統合医療概論
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
リハビリテーション医学(画像診断・予防・栄養含む)/スポーツ医学
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
職場管理(教育を含む)職業倫理身体障害作業療法治療学総論精神障害作業療法治療学総論高齢期障害作業療法治療学総論発達障害作業療法治療学総論身体障害作業療法治療学各論精神障害作業療法治療学各論高齢期障害作業療法治療学各論発達障害作業療法治療学各論/身体障害作業療法治療学演習/精神障害作業療法治療学演習/高齢期障害作業療法治療学演習/発達障害作業療法治療学演習/総合リハビリテーションIPW演習地域作業療法学生活環境論障害者地域生活支援論卒業研究Ⅰ
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床評価実習

医療現場での実習で、専門的知識と技術を習熟

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
-
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
-
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
-
作業療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
作業療法特論Ⅰ・Ⅱ/卒業研究Ⅱ(身体障害)/卒業研究Ⅱ(精神障害)/卒業研究Ⅱ(高齢期障害・地域)/卒業研究Ⅱ(発達障害)
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床総合実習地域作業療法実習

青文字 必修科目
※上記は2020年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。

作業療法学科のカリキュラムポイント

以下のの資質・能力を有する専門職医療人を育成します。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための 幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

作業療法学科専任教員による授業
93.0%

※専門教育(必修科目)における割合(2019年度)

PICK UP!

授業ピックアップ

発達障害作業療法評価学

障がいのある方への作業療法を、理論と実践の両面から学ぶ科目です。自ら赤ちゃんになりきって動作を確認したり、同じ動作を成人と比較し、使用する筋肉の違いを考察したり、身体を使って身につけていきます。

卒業研究 Ⅰ・Ⅱ

教員指導のもとで各自がテーマを設定し、研究に取り組みます。4年次では、身体障害、精神障害、高齢期障害、発達障害など、自身が専攻したい分野に分かれて、専門知識、手技技術を修得し、論文完成をめざします。

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

スポーツの分野で作業療法のチカラを生かす。新たな可能性を求めて学びを深めていきたい。

作業療法士の新たな活躍の場を示したい。

自分自身がバレーボールをしていた経験から、スポーツに携わる仕事をしたいと考えていました。一人ひとりに深く関わってリハビリテーションを行う作業療法士としての強みは、さらに高いレベルで技術の習得をめざす選手を支える力になるのではと思い、この道を進むことに。スポーツの分野は作業療法士の活躍の場としてはまだまだ知られていません。私が新しい可能性を切り拓くという強い気持ちをもって学びを深めていきたいです。

考え方は一つじゃない。だから難しく、面白い。

2年次の「臨床検査実習」で実際に患者さんのサポートを行った時のことが強く印象に残っています。立ち上がろうとする患者さんを見て、私は足が引っかかると思い、咄嗟に椅子を引きました。しかし指導者の作業療法士さんから「転んでしまう可能性もあるから、椅子を引かない方がいい」と指摘を受け、リスク回避をしたつもりが新たなリスクを生んでいたことを痛感。この経験から、臨機応変な対応が求められる現場の難しさとともに、一つのサポートに対してもさまざまな考え方があることを学ぶことができました。今後は「IPW論」などの授業を通して多職種への理解を深め、作業療法士としてできることを追求していきたいです。

時間割モデル例

1 チーム医療とコミュニケーション   英会話Ⅲ 医学英語Ⅱ 人体の構造実習
2 介護学概論・ボランティア活動論   内科学Ⅱ 精神障害作業療法評価学 発達障害作業療法評価学
3 小児科学(人間発達学) 栄養学 身体運動科学 健康科学Ⅱ  
4 義肢装具学   整形外科学 臨床心理学 漢方医学概論
5     整形外科学 精神医学各論  

2019年度後期時間割(10月~3月)(2年生)

難しいリハビリテーションも、工夫次第で楽しくなる。柔軟な視点と発想力を高めていきたい。

辛さを楽しさに転換できる、素敵な職業。

難しいリハビリーテーションも、ダンスを取り入れるなどの工夫で楽しく取り組める活動に変わる。オープンキャンパスで、そのことを教えていただいたことが、作業療法士をめざすきっかけになりました。自分なりのアイデアを患者さんのケアに生かせる仕事に魅力を感じています。また、看護師として活躍する母をみて、医療者への憧れもありました。

異なる意見を聴くことも勉強になります。

人体の構造から福祉制度まで、多様な知識を学ぶ。

現在、特に興味を持っている授業は、患者さんを取り巻く社会へと視野を広げ、法律や支援制度などの知識を学ぶ「社会福祉学」です。授業の中で行うグループワークでは、仲間と意見を交換し、自分とは違う見方や考え方に触れることができます。病院や施設を出た後の暮らしまで見守る作業療法士には、リハビリテーションや人体の構造だけではなく、多様な知識が必要なんだと実感しています。また、一年次の「臨地見学実習」では精神科のある病院に行き、最初はとまどいが大きかったですが、良い意味で先入観を覆される経験もたくさんありました。多様な視点や考え方を大切に、楽しく取り組めるリハビリテーションを実践できる人になりたいです。

カリキュラムポリシー :[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

作業療法学科ではディプロマ・ポリシーに掲げるチーム医療とクライエント中心の作業療法を創造的に実践できる人材に成長できるよう知識や技術等の修得をめざして教育課程を編成しています。学位取得に向けた教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

教育内容

  • ①1、2年次には教養科目、学部共通科目ならびに各領域の専門知識の基礎を修得し、臨地見学実習と臨床検査実習を実施することにより、作業療法士の礎となる知識、技術、人間力の修得を目指します。
  • ②3、4年次には専門的に深化した知識を基に多様な領域で活用できる知識、技術、さらにはチーム医療における自らの役割について学修し、実践を通して確固たる知識・技術を身に付けます。また、授業の集大成として卒業論文に取り組みます。

教育方法

  • ①医療知識、教養知識を修得するための講義科目を配置します。
  • ②作業療法実践の基盤となる各領域の作業療法学に対応した実習科目を配置し、最終学年ではそれらを統合した実習科目を配置します。
  • ③他職種連携教育(IPE)を積極的に導入し、チームで模索・討議し、協調性をもって解決策を検討するチーム医療実践のための演習科目を配置します。また、各領域の作業療法治療学では技術演習、ケーススタディ、グループワーク等の多様な学修方法を取り入れます。
  • ④予習、復習などをシラバスに記載し、学修すべきポイントを明確にすることで、積極的に課題を見出し自ら問題解決に取り組む主体的な学修を促す手法で教育を行います。

学修成果の評価方法

  • ①科目ごとに学修到達目標を明確にし、目標到達度に応じて学修成果の評価を行います。
  • ②ルーブリック等を積極的に活用し、評価基準を教員・学生ともに共有し、評価の透明性・公平性が確保された手法で学修成果の評価を行います。

施設・研究設備

最新の機器とゆとりあるスペースで実践に近い環境を実現

ADL室

ADL室

ハンディがある人の日常生活活動(Activities of Daily Living =ADL)を学ぶために、バリアフリー設計のバス、キッチン、トイレ、和室などを設置したスペース。福祉用具や住宅改修についても学びます。

軽作業実習室&評価室

手前の軽作業実習室では、手工芸、ぺーパークラフト、絵画などの活動や軽作業を通し、身体機能や精神機能の改善をはかる治療法について学びます。奥の評価室では、身体の各部位の動作を評価し、それに対する運動療法を行うなど、身体機能の作業療法を学びます。

軽作業実習室&評価室

重作業実習室

生活に障がいが生じた人たちに、木工や金工、皮革細工などの「ものづくり」を通して、精神機能の向上、対人関係・作業能力の改善をはかる方法を学ぶ実習室です。義肢装具、自助具等の作成も行います。

重作業実習室

感覚統合実習用補助具

各種遊具(ブランコ、トランポリン、サーキットブロックなど)を用いて、感覚統合療法について学びます。

感覚統合実習用補助具

スヌーズレン

障がいや病気がある人の感覚を刺激する、光や音などを用いたリラックス空間です。

スヌーズレン

意思伝達装置(コミュニケーションツール)

指先やまばたきなど、身体の残された機能を使ってスイッチを操作し、自分の思いを伝えることができる補助具です。

意思伝達装置(コミュニケーションツール)
コンテンツ一覧