医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF OCCUPATIONAL THERAPY

作業療法学科 WORKPLACE TRAINING

実習先

さまざまな分野を経験できる実習先を確保
作業療法士としての行動を身につけます

作業療法の対象となる領域は多岐にわたるため、大阪府下を中心に身体障害、精神障害、発達障害、高齢期期障害など、さまざまな領域を学べる実習施設を確保。臨床力(現場で活躍できる力)の養成を重視し、1年次から早期の実習に取り組みます。また、実習終了後は、学内で「実習セミナー」を実施。各実習施設で学んだ内容を復習し、知識・技術をより確実なものにします。

実習先は全て通学圏内
大学が拠点となる実習スタイルを確立

教員と医療機関とのネットワークを生かし、施設、環境面だけでなく医療人としてのマインドも養える実習先を通学圏内に用意。大阪を中心に関西圏の多様なエリアで病院・施設を実習先として確保しているため、宿泊を伴うような遠隔地での実習は原則ありません。また、大学に通える範囲での実習先が多く、1日の実習が終わってから図書館で復習したり、すぐに教員に相談したりすることができます。

主な実習病院
国立・公的病院 病床数
大阪急性期・総合医療センター 865床
大阪国際がんセンター 500床
堺市立総合医療センター 487床
JCHO星ヶ丘医療センター 580床
JCHO大阪病院 565床
大阪府済生会富田林病院 300床
奈良県総合医療センター 540床
関西労災病院 642床
兵庫県立リハビリテーション中央病院 330床
民間病院 病床数
阪和第二泉北病院 969床
千里中央病院 400床
東大阪病院 265床
  など

※病床数:病院の規模を表す最も一般的な指標。

その他

介護老人保健施設/訪問看護ステーション/療育園 など

大阪急性期・総合医療センター
(大阪市住吉区)

大阪国際がんセンター
(大阪市中央区)

臨床実習スケジュール

1年次

臨地見学実習

2週間

一人の学生が1週間ずつ、2ヶ所の医療機関で実習を行います。現場で活躍している作業療法士に同伴し、実際の仕事を間近で見学します。目的に合わせた作業活動や患者さんとのコミュニケーションの取り方についても学びます。

2年次

臨床検査実習

2週間

身体、精神、発達、高齢期障害など、各領域の疾患でさまざまな測定・検査の方法を学びます。同じ疾患でも患者さん個々に合わせたプログラムを立案するために、正確な技術の修得をめざします。

3年次

臨床評価実習

4週間

患者さんを検査・測定してプログラムを立案します。また、検査・測定だけではなく患者さんの生活環境を観察し、「困っていること」「したいこと」「将来どうなりたいのか」について考察。生活の質の向上を考えたプログラムを立案します。

4年次

臨床総合実習

合計16週間

地域作業療法実習

1週間

3年次までに学んだ問診・検査・測定方法を駆使し、担当する患者さんの作業療法プログラムを立案。プログラムを実施しながら、チーム医療の一員である作業療法士としての姿勢・行動を身につけます。地域作業療法実習では、訪問リハビリテーションに関する実習を行います。

実習体験記

そのケアは、身体だけでなく心にも効いていた。

クリニックのデイケア部門や病院で、患者さんの身体の可動範囲の確認や、治療プログラムの計画、治療後の効果の確認など、実際の現場で行う一連の流れを学ぶことができました。患者さん一人にかけられる時間が限られている中でコミュニケーションを取り、希望に沿った治療を考えたり、効果的な治療を行ったりするのは難しかったのですが、それが自身の技術を見つめなおす機会になりました。また、苦戦する中でうれしかったのは患者さんからの「学生さんの元気な姿を見て、(私もリハビリテーションを)頑張れた」という言葉。技術はもちろん大事ですが、振る舞いや姿勢からも患者さんに伝わるものがある。医療人をめざす者として、一番大切なことに気づかせてもらいました。

吉田 健一朗さん

2020年3月卒業 [奈良県・青翔高校出身]

※取材は在学中(4年次)のものです。

コンテンツ一覧