ABOUT MORINOMIYA

森ノ宮医療大学が選ばれる7つの理由 SUPPORT SYSTEM

FACTOR.5

入学から卒業、
さらに先まで続く手厚い支援

医療分野の専門的な学び、4年生にとって最後の関門となる国家試験、一般企業とは違った医療機関への就職活動。医療大学独特の学生生活、学修、キャリア・就職支援などを各領域のエキスパートがバックアップします。

4年間の生活をしっかり支える
トリプルサポート体制

普段の学修から学生生活、国家試験対策や就職まであらゆる学生のニーズに対応するために、教員・職員が一体となった「トリプルサポート体制」を導入し、学生生活をしっかりとサポートしていきます。

学修支援センター(MANABEL:マナベル)

PICK UP MANABEL(マナベル)とは?

「医療人としてのキャリアを見据えた学び」を支援します。
もっと基礎から学びたい、もっと深く学びたい、もっと広く交流しながら学びたい、そんな声に応えるのが「MANABEL」です。

本学への入学を考えた瞬間から在学中、そして卒業まで、医療者をめざす学生の「学びたい!」を専門アドバイザーが徹底サポート!入学前教育から授業のフォロー、国家試験や各資格の取得、さらには就職試験対策まで、学修に関する様々なサポートを行っています。

MANABEL特設ページ

学生支援課

専属のスタッフが学費や奨学金、部活動などの課外活動に対応し、学生生活を支援します。

健康管理センター

心身ともに健康で充実した学生生活が送れるように、医師・看護師・カウンセラー・相談員がサポートします。

教職支援センター

教育実習や教員採用試験のサポート、小・中学校への学生ボランティア派遣などを行っています。

キャリアセンター

病院をはじめとする医療機関はもちろん、医療関連企業への就職・進学など、一人ひとりの適性に応じた進路支援を行います。

担任・チューター制

少人数の学生を集中的に指導する担任・チューター制を採用。学生の個性を熟知した教員が、学生一人ひとりの学修目標に応じた就学指導を実施しています。

※診療放射線学科は2020年4月開設のため、卒業生未輩出。

医療×英語で医療者としての視野と可能性を広げる
「森ノ宮英語教育プログラム/MEEP」
Morinomiya English Education Program

グローバル時代に必要な「英語力」と「国際感」を身につけた
医療人を育成するための英語プログラム

近年、外国人が医療機関を訪れるケースが増えています。そのため、国内の病院においても英語によるコミュニケーション能力を有することが、大きなアドバンテージに。また、英語による論文を読み解く力を持っていれば、最新の医療知識を知ることも可能になります。本学では、基本的な英会話から医療英語を学ぶ科目、ネイティブ講師との交流などのプログラムを用意し、英語力の強化に努めています。

過去の研修先大学
  • Curtin大学 オーストラリア パース市
  • Sydney大学 オーストラリア シドニー市
  • La Trobe大学 オーストラリア メルボルン市
  • MacEwan大学 カナダ エドモントン市
  • Sahmyook大学 韓国 ソウル市
研修期間

約1~2週間

主な研修内容

語学研修、医療施設見学実習、大学施設見学、学生交流、寮での共同生活など、全学科合同で研修を実施します。また、より深く知識を身につけたい学生向けには、学科別海外研修会を開催しています(アメリカ鍼灸研修会、中国鍼灸研修会など)。※プログラム、研修先は年度や社会情勢によって異なります。

卒業後もスキルアップをめざすOB・OGを支援
卒後教育

年に1度、卒業生も集まり研究発表をおこなう
「学術大会」

卒業生が自分の研究を発表する場にもなっている学術大会。毎年秋に開催しています。ほかの医療職者の発表を聴くこともでき、人脈づくりや交流、勉強の場としても活用することができる機会となっています。

学科ごとに開催される「卒後イベント・セミナー」

年に数回、各学科でスキルアップや情報交換を目的とした「卒後イベント・セミナー」を開催しています。

【過去の主な実績】
理学療法学科 :変形性膝関節症の保存療法update
作業療法学科 :作業を通じた教育とがんリハビリテーション

本学が選ばれる7つの理由