医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DIPLOMA COURSE OF MIDWIFERY

学部・大学院・専攻科 CARRER PATH AFTER GRADUATION

国家試験対策

助産師国家試験受験対策のため、各科目で国家試験対策を実施します。さらに、助産師国家試験の出題傾向と出題比率に応じたオリジナル予想問題や全国模擬試験の受験など綿密な学習計画をもとに、早期から国家試験対策を実施いたします。

卒業生の就職実績

過去4年間の就職実績

  • 青梅市立総合病院
  • 大阪急性期・総合医療センター
  • 大阪警察病院
  • 大阪市立総合医療センター
  • 大阪はびきの医療センター
  • 大阪府済生会千里病院
  • 大阪府済生会野江病院
  • 大阪母子医療センター
  • 関西医科大学附属病院
  • 北野病院
  • 紀南病院
  • 小阪産病院
  • 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 聖バルナバ病院
  • 奈良県総合医療センター
  • 日本生命病院
  • パルモア病院
  • 阪南中央病院
  • 府中病院
  • ベルランド総合病院
  • 松下記念病院

卒業生(修了生)メッセージ

妊婦さんやそのご家族の、
人生の転機を共有できる幸せな仕事。

母が助産師で、実家は授乳指導などのケアをする助産院でした。そのため幼い頃からの夢は、助産師になること。大学で看護師の勉強をしたあと、森ノ宮医療大学の専攻科へ進学しました。きっかけは、説明会で教員の想いに共感し、アロマコーディネーターやハイリスクの学びに魅力を感じたからです。在学中は乳児院への実習やハイリスクの授業などを通し、助産師として必要なマインドや、社会や地域における助産師の役割の大切さを学びました。勤務先の北野病院はハイリスクの妊婦さんを受け入れているので、学んだことが臨床の場で活かされていると実感しています。この一年間は少しずつ患者さんと関わり、お産と産後の両方の現場を経験。助産師は、妊婦さんやそのご家族の人生の転機を共有できる幸せな仕事です。当然責任も伴いますが、今後も積極的に経験を重ねて、助産師として成長していきたいです。

村田 澪さん

Mio Murata

北野病院/助産師

2018年3月卒業(2019年取材時)

卒業生像

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

助産学専攻科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生は修了が認定され、助産師国家試験受験資格が与えられます。

  1. 助産学の専門知識と実践力を身につけ、助産師としての基礎的能力を修得している。
  2. 生命の尊厳と人権の尊重に基づく倫理観をそなえ、助産師としての責務と役割を果たす能力を有している。
  3. 専門職業人として、生涯に亘り自己の資質の向上に努めることができる。
  4. 女性の一生における性と生殖に関する健康課題に対し、支援するための基礎的能力を有している。