医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

ABOUT MORINOMIYA

大学紹介 UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCES

3学部7学科を有する
医療系総合大学

2022年4月、さらに進化する―
3学部7学科の医療系総合大学へ

2022年4月、保健医療学部を「看護学部」「総合リハビリテーション学部」「医療技術学部」の3学部に再編。7学科を有する関西最大級の「医療系総合大学」として、「チーム医療教育」をはじめとした学科間の連携は維持しつつ、より専門性の高い教育体制を整えます。

※2021年4月、文部科学省へ届出済

News
“看護教育”がさらに充実「西日本屈指の教育・研究体制」へ

2022年4月、森ノ宮医療大学の看護教育は大きく進化を遂げ、西日本屈指の教育・研究体制が整うことになります。看護教育の専門性をより高めるために看護学科を看護学部に、大学院においては「看護学専攻」博士後期課程を設置し、看護現場で教育研究能力を発揮できる人材の育成をめざします。また、看護学専攻 博士前期課程には新たに「NPコース」を設置します。

★NPとは:診療看護師(ナースプラクティショナー)の略称で、医師の指示がなくても患者のQOL向上に必要な一定レベルの診断や治療を行う裁量を有し、特定行為を実践することができる看護師。

※2022年4月から修士課程を博士前期課程へ改称します
森ノ宮医療大学附属クリニック、誕生
― 2022年、開院予定 ―

2022年、森ノ宮医療大学附属クリニックが本学キャンパス内に誕生します。大学附属の医療機関として優れた医療を提供することで、地域医療に貢献するとともに、学生が臨床経験を積むための実習の場や教員の研究基盤としても活用していく予定です。また、学生が受診することも可能で、学生生活における健康管理サポートの向上を図ります。

数字で見る森ノ宮医療大学

本学の特長