医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

ABOUT MORINOMIYA

大学紹介 UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCES

関西最大級、
7学科を有する医療系総合大学

2020年4月「診療放射線学科」、大学院「看護学専攻(修士課程)」を開設。
さらなる成熟と進化の歩みを続けます。

2020年4月、森ノ宮医療大学は新たに「診療放射線学科」、大学院「看護学専攻(修士課程)」を開設し、1学部7学科そして大学院3専攻、助産学専攻科が1つのキャンパスに集結する「医療系総合大学」へと進化します。「医療系総合大学」ならではの体制が医療者としての高い意識と知識、優れたセンスを養います。

1分でわかるパンフレット動画

医療系総合大学とチーム医療
2020年、森ノ宮医療大学はさらに進化
放射線診療のスペシャリストを育成する、「診療放射線学科」が2020年4月に誕生!

本学は、めまぐるしく変化する医療現場のニーズに応えるべく、2020年4月に診療放射線学科を開設。診療放射線技師はチーム医療において、CTやMRI等の画像検査や心筋梗塞、脳血管障害等における血管内治療、がんに対する放射線治療等を担当します。近年は、乳がん検診やマンモグラフィー検査(乳房X線検査)など、女性に対する検査ニーズが高まっているため、女性技師も求められている分野です。

2020年4月、大学院 保健医療学研究科 看護学専攻[修士課程]を開設

医療技術の高度化や社会ニーズの多様化・複雑化に伴って、看護のあらゆる面においても複雑化・高度化・専門化が進んでいます。このような社会背景も踏まえて、看護の専門職として広い視野に立つ人間性や高い実践能力をもち、保健医療福祉関連機関や看護基礎教育機関等において、指導的役割を果たすことができる看護職者を養成するために、本学では大学院修士課程に看護学専攻を新設します。

臨床検査学科で「細胞検査士」の資格が取得可能に

臨床検査技師の中でも顕微鏡で細胞検査(細胞診)を行い、複雑な特徴を持つがん細胞を発見するスペシャリストが「細胞検査士」です。本学ではこの「細胞検査士」認定試験の受験資格を得ることができる「細胞検査士課程」を2020年4月入学生より新たに開講します。認定試験を受験するには、臨床検査技師として1年以上、細胞診検査の実務経験を積むか、細胞検査士の養成課程を修了する必要があります。

本学の特長