医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

カリキュラム紹介

確かな検査技術と豊かな人間性を兼ね備えた、
検査分野のスペシャリストをめざす。

  • カリキュラムマップ
  • ※カリキュラムマップ…各授業がディプロマ・ポリシーに掲げている目標とどのように関連しているのかを示した表

講義や演習で臨床検査の専門領域を学習

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
基礎ゼミナール②③④/物理学生物学③情報処理③/心理学生命倫理学③/哲学・宗教学/社会福祉学 /日本国憲法統計学③英語Ⅰ(初級)②英語Ⅱ(中級)②
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
スポーツ健康科学演習③/健康科学(スポーツ社会学を含む③/東洋思想史生化学③
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造Ⅰ②③人体の構造Ⅱ②③人体の構造実習②③④人体の機能Ⅰ②③人体の機能Ⅱ②③生化学各論①/分析化学臨床検査学総論①検査技術科学序論①医学概論②③公衆衛生学③
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
微生物検査学Ⅰ ①生理機能検査学Ⅰ①
現場で
実習を行う科目
(臨床実習)

緑文字 必修科目
※上記は2018年度入学生のカリキュラムです。

臨床検査学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための 幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

医療人としての知識、技術、こころを学ぶ 医療の学びに必要となる理系科目から、臨床検査技師に必要な基礎知識へと学びを進めています。復習をしっかりと行い、確実に知識を身につけるようにしています。医療倫理を学ぶなかで、医療人としての自覚が芽生えてきたことを感じます。 平松 歩 さん 兵庫県・芦屋高校出身

mon tue wed thu fri
1 統計学 人体の構造Ⅱ 人体の構造実習
2 分析化学 英語Ⅱ 微生物検査学Ⅰ 検査技術科学序論
3 人体の機能Ⅱ 生命倫理学 生理機能検査学Ⅰ
4 生化学各論
5
※2017年度後期時間割(10月〜3月)

医療人としての人間性や医療の基礎知識を修得

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
医学英語Ⅰ/医学英語Ⅱ/英会話Ⅰ/英会話Ⅱ
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
健康管理学Ⅰ/健康管理学Ⅱチーム医療とコミュニケーション②③/栄養学/身体運動科学/漢方医学概論
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
病理学①②③生化学実習①④/小児医学②③/老年医学②③/救急災害医学②③/薬理学②③医用工学概論①医用工学実習①④
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
臨床病態学Ⅰ①臨床病態学Ⅱ①血液検査学Ⅰ①血液検査学Ⅱ①一般検査学①臨床化学検査学Ⅰ①臨床化学検査学Ⅱ①放射性同位元素検査学①遺伝子検査学①微生物検査学Ⅱ①微生物検査学実習①④免疫検査学Ⅰ①免疫検査学Ⅱ①輸血・移植検査学①生理機能検査学Ⅱ①生理機能検査学Ⅲ①生理機能検査学実習①④画像検査学①医療安全管理学①
現場で
実習を行う科目
(臨床実習)

緑文字 必修科目
※上記は2018年度入学生のカリキュラムです。

臨床検査学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための 幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

グループ学習を通して、多面的なアプローチ方法を知る 血液データやエコー画像を読み解き、考えられる疾患についてグループで検討。議論を通して多様な視点にふれることができます。結論だけでなく、そこに至るまでの思考の過程を大切にさらに知識を増やしたいです。 廣田 晴香 さん 大阪府・東大谷高校出身

mon tue wed thu fri
1 臨床病態学Ⅰ 放射性同位元素検査学
2 免疫検査学 一般検査学 生理機能検査学Ⅱ
3 臨床化学検査学Ⅰ 小児医学 生化学実習 血液検査学Ⅰ 病理学
4 医用工学概論 微生物検査学Ⅱ 生理機能検査学Ⅲ
5 医用工学実習
※2017年度前期時間割(4月〜9月)

医療現場で必要な高度な検査技術を身につけ、病院での実習を実施

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
統合医療概論
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
リハビリテーション概論②③IPW論①②③④
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
血液検査学実習①④病理検査学①病理検査学実習①④臨床化学検査学実習①④遺伝子検査学実習①④バイオテクノロジー演習①④寄生虫検査学①免疫検査学実習①④輸血・移植検査学実習①④超音波検査学Ⅰ①超音波検査学Ⅱ①検査総合管理学①医療情報科学①関係法規①/臨床薬理学 /食品衛生学/食品関係法規卒業研究Ⅰ①④
現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨地実習①④

緑文字 必修科目
※上記は2018年度入学生のカリキュラムです。

臨床検査学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための 幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

4年間の総仕上げとして学んできた知識と技術を自身のスキルとして定着化

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
総合演習Ⅰ①総合演習Ⅱ①総合演習Ⅲ①卒業研究Ⅱ①④
現場で
実習を行う科目
(臨床実習)

橙文字 必修科目
※上記は2018年度入学生のカリキュラムです。

臨床検査学科のカリキュラムポイント

科目名に併記している数字は、その科目から修得できる資質・能力です。以下のに対応しています。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための 幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

講義レポート

画像検査学

病気を「目で見る」ための学び

腹部や心臓のエコー画像を見て、どこが悪いのか、何が悪いのか、などを読み取る「画像検査」について学びます。今まで、病気とは目に見えない存在だったのですが、画像になることで、病気の成り立ちや様子が把握でき、深く見ることができるようになりました。エコーは、当てる角度によって画像の見え方が全く異なるため高度な技術が必要ですが、一つひとつ修得したいと思います。将来は、病気の原因や発生について検査できる技師になりたいです。

川中 竣 さん
[大阪府・大阪市立高校出身]

検査技術科学序論

臨床検査の分野や種類を幅広く理解する

基礎的な検査から、遺伝子検査などの先端かつ専門的な検査など、さまざまな検査について理解を深めていきます。「検査」と言っても、その分野には多様な広がりがあることがわかりました。講義は10名くらいのグループで先生にお話を聞けるので、質問がしやすく、距離の近さが理解の深さにつながっていると思います。私が興味を持っているのは、「検体検査」。血液は、患者さんの容態を知る大きな手がかりになります。検査を通じて、患者さんを救うことが目標です。

島ノ江 七海 さん
[大阪府・市岡高校出身]

Pick up! 授業ピックアップ
IPW論
全学科共同で「チーム医療」について学ぶ科目。各学科の学生が集い、「ケースカンファレンス(症例検討会)」というグループワークを行います。実際の症例がテーマとして与えられ、その症例に対しどのような治療やケアが必要かを、それぞれの立場から検討します。他職種と連携した協議を通じて、最適なアプローチ方法を考えます。
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
臨床検査の基礎理論および応用について研究し、高度で専門的な知識と技術を有する医療人に必要な能力を養います。定期的に進捗状況について議論を行うことで、他者に理論的に伝える能力とコミュニケーション能力を高めます。また、論文や課題報告書の執筆を通して客観的・理論的な文書を構成する能力も養います。

講義一覧とシラバス検索

カリキュラムポリシー:[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

臨床検査学科では、ディプロマ・ポリシーを実現するための教育課程を編成し、学位取得に向けた教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

  • ■教育内容
    1. 1,2年次には教養科目、学部共通科目ならびに各領域の専門知識の基礎を修得し、臨床検査技師の礎となる知識、技術、人間力の習得を目指します。
    2. 3、4年次には1、2年次に学修した知識を基に臨床現場で活用できる知識、技術、さらにはチーム医療における自らの役割について学修し、専門職医療人としての確固たる知識・技術を身に付けるために、実践的な実習を中心に演習や講義に取り組みます。また、学修の総仕上げとして、卒業論文に取り組みます。
  • ■教育方法
    1. 医療知識、教養知識を修得するための講義科目を配置します。
    2. 臨地実習において活用できる技術、知識の修得を目標とした実習科目を配置します。
    3. 専門職連携教育(IPE)を積極的に導入し、チームで模索・討議し、協調性をもって解決策を検討するチーム医療実践のための演習科目を配置します。
    4. 予習、復習などをシラバスに記載し、学修すべきポイントを明確にすることで、積極的に課題を見出し自ら問題解決に取り組む主体的な学修を促す手法で教育を行います。
  • ■学修成果の評価方法
    1. 科目ごとに学修到達目標を明確にし、目標到達度に応じて学修成果の評価を行います。
    2. ルーブリック等を積極的に活用し、評価基準を教員・学生ともに共有し、評価の透明性・公平性が確保された手法で学修成果の評価を行います。
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ