医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF MEDICAL TECHNOLOGY

臨床検査学科 CURRICULUM AND FACILITIES

カリキュラム紹介

確かな検査技術と豊かな人間性を兼ね備えた、検査分野のスペシャリストへ

医療人としての人間性や医療の基礎知識を修得

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
基礎ゼミナール/物理学/生物学/化学/情報処理/心理学/生命倫理学/哲学/社会福祉学/日本国憲法/統計学英語Ⅰ(初級)英語Ⅱ(中級)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
MBS〈Morinomiya Basic Seminar〉チーム医療見学実習/基礎体育/健康科学(スポーツ社会学を含む)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造Ⅰ人体の構造Ⅱ人体の構造実習人体の機能Ⅰ人体の機能Ⅱ生化学生化学特論/分析化学/臨床検査学総論検査技術科学序論医学概論公衆衛生学
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
微生物検査学Ⅰ生理機能検査学Ⅰ
実際の現場で
実習を行う科目
(臨地実習)
細胞検査を専門に
学ぶ科目
(細胞診断学)

講義や演習で臨床検査の専門領域を学修

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
英会話/医学英語/基礎英語演習/応用英語演習
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
医療コミュニケーションチーム医療論/健康管理学Ⅰ/健康管理学Ⅱ/栄養学/身体運動科学
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
病理学生化学実習/小児医学/老年医学/救急災害医学/薬理学/医用工学概論医用工学実習
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
臨床病態学Ⅰ臨床病態学Ⅱ血液検査学Ⅰ血液検査学Ⅱ一般検査学臨床化学検査学Ⅰ臨床化学検査学Ⅱ(放射性同位元素学含む)遺伝子検査学遺伝子検査学実習生命工学概論微生物検査学Ⅱ微生物検査学実習免疫検査学Ⅰ免疫検査学Ⅱ輸血・移植検査学生理機能検査学Ⅱ生理機能検査学実習Ⅰ生理機能検査学実習Ⅱ
実際の現場で
実習を行う科目
(臨地実習)
細胞検査を専門に
学ぶ科目
(細胞診断学)
臨床細胞学概論/臨床細胞学実習Ⅰ

医療現場で必要な高度な検査技術を身につけ、病院で実習を行う

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
東洋史概説/西洋史概説
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
IPW論/東洋医療概論/統合医療概論
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
リハビリテーション概論
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
血液検査学実習病理検査学病理検査学実習臨床化学検査学実習寄生虫検査学免疫検査学実習輸血・移植検査学実習画像検査学超音波検査学Ⅰ超音波検査学Ⅱ検査総合管理学医療情報科学関係法規医療安全管理学/臨床薬理学/食品衛生学/食品関係法規/卒業研究Ⅰ
実際の現場で
実習を行う科目
(臨地実習)
臨地実習
細胞検査を専門に
学ぶ科目
(細胞診断学)
臨床細胞学実習Ⅱ/臨床細胞学総論Ⅰ/臨床細胞学総論Ⅱ/臨床細胞学各論Ⅰ/臨床細胞学各論Ⅱ/臨床細胞学各論Ⅲ

4年間の総仕上げとして学んできた知識と技術を自分自身のスキルに定着

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
臨床検査を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
総合演習Ⅰ総合演習Ⅱ総合演習Ⅲ卒業研究Ⅱ
実際の現場で
実習を行う科目
(臨地実習)
細胞検査を専門に
学ぶ科目
(細胞診断学)
細胞診断学実習Ⅰ/細胞診断学実習Ⅱ/細胞診断学実習Ⅲ/細胞診断学特別実習Ⅰ/細胞診断学特別実習Ⅱ

緑文字 必修科目
※上記は2020年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。

臨床検査学科のカリキュラムポイント

以下の①~④の資質・能力を有する専門職医療人を育成します。

  • ①精度の高い専門的知識と技術
  • ②チーム医療で活躍するための 幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • ③豊かな人間力
  • ④主体的な問題解決能力

※教職に関する科目は卒業に関わらないため、数字は併記していません。

臨床検査学科専任教員による授業
85.4%

※専門教育(必修科目)における割合(2019年度)

PICK UP!

授業ピックアップ

検査技術科学序論

基礎的な臨床検査から、先端かつ専門的な遺伝子検査などのさまざまな検査について理解を深める科目です。教員の目が届き、学生もその場で質問しやすい少人数グループで講義を行っています。

微生物検査学実習

実習を通じて感染症の原因となる微生物について学び、微生物検査を行うのに必要な知識・技術を身につけます。具体的には「染色法、培養・同定法、顕微鏡観察」などの手技を修得します。

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

細胞、血液、遺伝子、菌の数々。人体への好奇心が、学びの原動力。

医療の現場でいち早く、疾病の原因を特定したい。

もともと宇宙や生物などに興味があり、顕微鏡で細胞を観察するのも好きでした。特に人の生命に関わるメカニズムについて学びたいと考え、この分野を意識。医療現場において、他の医療職に先駆けてその原因の特定に挑めることに、臨床検査技師の魅力を感じています。オープンキャンパスで親身に話してくださる先生方の優しさに触れ、入学を決意しました。

先生に質問しやすい環境も魅力です。

向き合うのは、機器やデータだけではない。

人体の細胞や遺伝子を顕微鏡で見るだけでも、初めて覗く世界に感動していたのですが、脳波や心電図などのデータで人体を見る「生理機能検査学実習」にも興味をもって取り組んでいます。同級生を相手に練習をするのですが、検査機器を身体に取りつけるだけでも、一人ひとりサイズや形が違って苦労するなど教科書では学べない発見があり、やりがいを持って取り組んでいます。一方では、機器やデータと向き合うだけではなく、チーム医療の一員として、周囲と協力したり意見を交換することの大切さも実感。コミュニケーション力を身につけていくことも、意識していきます。

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

最前線で活躍するプロの姿勢が刺激に。真摯に学び続、必要とされる人になりたい。

将来、活躍できる分野の広さに注目。

祖母が看護師であったこともあり医療分野には興味を持っていましたが、臨床検査技師への道に決めたのは、血液検査やエコー検査などをはじめ、輸血管理や病理検査といった幅広い分野で役に立てることに魅力を感じたからです。

自ら機器を操作する授業で、学びを実感。

好きな授業は、本物のエコー検査の機器を使って学ぶ「超音波検査学」。特定の臓器や血液の流れを調べるなど、目的にあった操作ができるようになると、スキルが身についていることを実感できます。授業には3人の先生が教室に入り、学生たちに目を配りながら巡回されていて、すぐに質問できる環境もありがたく感じます。

臨床実習でプロの壁に直面し、意欲がアップ。

現場での実習では、臨床検査技師の方々の真摯に学び続ける姿勢に圧倒されました。あらゆることが頭に入っているうえに、さらに手を緩めることがなく、何よりその情熱が刺激になりました。私も一層勉強を重ね、患者さんからも他の医療者からも必要とされる技師になりたいと思います。

時間割モデル例

1 補講・自己学習 IPW論  検査総合管理学 IPW論(集中)
2 病理検査学 寄生虫検査学 免疫検査学実習
3 バイオテクノロジー演習 病理検査学実習 血液検査学実習
4 遺伝子検査学実習 臨床化学検査学実習  超音波検査学Ⅰ
5 輸血・移植検査学実習 IPW論 卒業研究Ⅰ

2019年度前期時間割(4月~8月)(3年生)

カリキュラムポリシー :[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

臨床検査学科では、ディプロマ・ポリシーを実現するための教育課程を編成し、学位取得に向けた教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

教育内容

  • ①1、2年次には教養科目、学部共通科目ならびに各領域の専門知識の基礎を修得し、臨床検査技師の礎となる知識、技術、人間力の習得を目指します。
  • ②3、4年次には1、2年次に学修した知識を基に臨床現場で活用できる知識、技術、さらにはチーム医療における自らの役割について学修し、専門職医療人としての確固たる知識・技術を身に付けるために、実践的な実習を中心に演習や講義に取り組みます。また、学修の総仕上げとして、卒業論文に取り組みます。

教育方法

  • ①医療知識、教養知識を修得するための講義科目を配置します。
  • ②臨地実習において活用できる技術、知識の修得を目標とした実習科目を配置します。
  • ③専門職連携教育(IPE)を積極的に導入し、チームで模索・討議し、協調性をもって解決策を検討するチーム医療実践のための演習科目を配置します。
  • ④予習、復習などをシラバスに記載し、学修すべきポイントを明確にすることで、積極的に課題を見出し自ら問題解決に取り組む主体的な学修を促す手法で教育を行います。

学修成果の評価方法

  • ①科目ごとに学修到達目標を明確にし、目標到達度に応じて学修成果の評価を行います。
  • ②ルーブリック等を積極的に活用し、評価基準を教員・学生ともに共有し、評価の透明性・公平性が確保された手法で学修成果の評価を行います。

施設・研究設備

病院さながらの環境を、キャンパス内に再現し、臨床力を養成

生理学実習室

病院でも使用する超音波(エコー)検査装置をはじめとするさまざまな実習機器を設置。これらを用いて、循環器・消化器・神経系・体表臓器など医療の現場で必要となる知識や技術を実践的に学びます。

分析系実習室

臨床化学検査学、免疫検査学、遺伝子検査学など分析技術を主体とした実習室です。病原体に対する抗体や血液型検査、生体内の電解質や酵素、蛋白、脂質の測定などさまざまな用途に用いるためスペースを大きく確保しています。

形態系実習室

病理検査学、血液検査学、一般検査学、微生物検査学などの形態観察を主体とした実習を行います。

細胞検査士実習室

細胞検査士課程専用の実習室。「細胞検査士資格認定試験」の実技試験で使用される顕微鏡と同等レベルの光学顕微鏡を、一人1台完備しています。

超音波検査装置

超音波を用いてリアルタイムで身体の中を見る装置。身体に超音波を送信し、組織からの反射(エコー)を映像化することで、身体の断面画像が得られます。心臓、腹部、表在の体内器官の画像診断に優れています。

超純水装置

多くの実験には純度の高い水が必要とされます。微粒子、有機物、無機イオンなどの不純物を取り除き、比抵抗が18MΩcmといった極めて高い純度の水が採水できます。

超遠心機

超高速回転 (最大100,000rpm)にて大きな加速度を試料にかけることができます。これによりタンパク質の濃縮や分離、またエクソソームなど生体内の微小粒子やウイルス粒子の分離が可能です。ほかに、多目的冷却遠心機、微量高速遠心機があります。

ディスカッション顕微鏡

細胞検査士実習室に設置されている最大18人が同時に観察可能な顕微鏡。主観察者が顕微鏡を操作し、同じ視野を他の17人と共有することができます。

PCR装置(サーマルサイクラー)

核酸の増幅に必須の装置。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)において、DNAの熱変性、アニーリング、伸長反応をくり返すことでDNAを増幅します。

MORINOMIYA + PLUS INFO

最新の「画像ファイリングシステム」を導入

心電計・超音波検査装置などの機器と接続し、検査の予約から検査結果の蓄積、データの二次利用などを支援するシステム。医療機関と同様のシステムを導入しています。

コンテンツ一覧